毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

フリー女子アナ2018年度「ギャラランキング」FLASH発表

 

 

ころもです。

 

あの人もこの人も…

局アナからフリーに転向していく女子アナたち。

 

一体どのぐらい稼いでいるのか。
個人的にはほぼ興味ゼロですが、気になる方は気になるはず。

 

今回は大手広告代理店が作成したフリーアナたちの全ギャラを本日発売『FLASH』からご紹介します(対象期間は「2018年4月〜2019年3月」)。

 

2018年度に一番稼いだ女子アナは、ちょっと意外な「あの人」でした。

 いつのまにか売れっ子になってた感じ

今回のフリーアナ「年間全ギャラランキング」は、昨年3月から今年の3月までの1年間が対象期間となっています。

 

なので、

 

その間にどれほど自分自身がテレビを視聴したかによっても、ランキングから受ける印象というものは変わってくることでしょう。

 

偏った局しか見ない視聴者にとっては、「えっ! あの人が?へぇ〜」といった驚きもあるはず。

 

では、さっそく見てみましょう。

 

 

フリーアナ「年間の全ギャラ」ランキング

       1位〜20位まで発表

 

20位:寺田ちひろ(31)3000万円

18位:上田まりえ(32)3200万円
18位:近藤サト(50) 3200万円

17位:皆藤愛子(35) 3400万円

16位:馬場典子(44) 3800万円

15位:大橋未歩(40) 4200万円

14位:岡副麻希(26) 4300万円

13位:徳永有美(43) 6000万円

12位:高島彩 (40) 7500万円

11位:陣内貴美子(54)8500万円

 

10位:高橋真麻(37)   9500万円

9位:川田裕美(35) 1億1000万円

8位:安藤優子(60) 1億2500万円

7位:田中みな実(32)1億3000万円

6位:加藤綾子(33) 1億3500万円

5位:有働由美子(49)1億4000万円(半年間)

4位:滝川クリステル(41)  1億5000万円

 

3位:夏目三久(34) 2億1000万円

2位:新井恵理那(29)2億3000万円

1位:ホラン千秋(30)2億5500万円

 

 

ものすごいですねぇ、ホラン千秋さん。

先ごろは東日本大震災の8年目の番組で高知県に赴いて取材してましたし、WOWOWのほうでもグラミー賞のMCをやっていたりと、確かに主要な場面ではだいぶ露出していたことは確かです。

 

なにより、週1の「バイキング」でのインパクトが強いですが、具体的には以下のような活躍内容(ギャラ内訳といったほうがいいかな)となっています。

 

☆1位:ホラン千秋さんの主な出演番組☆

『N スタ』週日出演。週給150万円で年間7500万円。
『バイキング』週1日出演。週給50万円で年間2500万円。
全9番組レギュラーのほか、3社とCM年間契約(合計4000万円)。ほかに、雑誌「GOETHE」で連載を持つなど執筆活動も。

 派手な印象はないし、媚を売るキャラクターでもないので地味に、地道に、じわじわと実績を積み重ねてきたという印象が個人的にはあります。

 

端正な顔立ちがまじめな報道にも合うし、ちょっとリッチなWOWOWのスペシャル感にもマッチする。

 

遊びのない顔やキャラではあるけれども、即興で答えることもできるしスキャンダラスなことも聞こえてこない。

 

使う側にしてみれば、非常に安定感のあるフリーアナなのかもしれません。

 

 

 

☆2位:新井恵理那さんの主な出演番組☆

『グッド!モーニング』週日出演。週給125万円で年間6250万円。『新・情報7daysニュースキャスター』年間1250万円。『世界ナゼそこに?日本人』年間1000万円。2社とCM年間契約し、合計2000万円。

 この方はダークホースというか、意外でした。

 

個人的には『世界ナゼそこに?日本人』という番組が大好きなので、その番組イメージが最も強かったのですが、報道番組にも起用されていたりと、若くしてフリーになった醍醐味を誰より満喫している感じじゃないでしょうか。

 

業界関係者からの「一緒に仕事をしたい」フリーアナランキングでは断トツ1位であり、ビートたけしさんや所ジョージさんなどにも可愛がられているということも、バラエティをやっていくうえで今後も武器になっていくことでしょう。

 

 

☆3位:夏目三久さんの主な出演番組☆

『あさチャン!!』週日出演。週給250万円で年間1億2500万円。『真相報道ババンキシャ!』年間2000万円。『ポルポ』年間1000万円。2社とCM年間契約(合計1500万円)。昨年のテレビ出演本数女性タレント部門で第3位。

スキャンダルがあったことなど嘘のような破竹の勢いですが、彼女の安定した語り口というのは聞いていて悪い感じはしないですね。

出しゃばらないMCも好感度が高いし、有吉やマツコ・デラックスと一緒に仕事をしたときのいい意味でのバラエティ感というものも、使い勝手がいい印象です。

 

 

いかがでしたか。
総合的なギャラでいうと、こういう結果になるのですね。

 

それにしても、ただ座っているだけのように思える仕事もあるだけに「美味しい仕事だなぁ」という素人なりの感想はあるわけですが、では明日から同じ仕事量をこなせ、やってみろと言われればノーサンキューなので、これはこれで明らかなる他人事として受け流そうと思います。

 

今後は「NEWS ZERO」のMCについた有働さんが伸びてくるでしょうし、女優業にも手を出してきた田中みな実さんなどがどうなっていくのか楽しみです。

 

そしておっと、忘れてならないのは、

 

フリーとなる小川彩佳アナと宇賀なつみアナですね。

 

この2人、きっちり上位に食い込んでくると思います。

 

ではまた。

 

(出典、引用元:『FLASH』3月26日号)