毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶 1ヶ月で5千人以上フォロワー解除で麻央投入!?

 

 

ころもです。

 

まだヤフーニュースに出てきますね。

自称一般人、小林麻耶さんのブログ記事が。

 

デイリースポーツも意地になっているのか、何か約束事でもあるのか、7ヶ月以上も前に芸能界を引退した一般人を追いかける理由を記事のどこかに書いて欲しいものですが、それはまあ望むべくもないし、こうして自分も書いているのだから五十歩百歩というところか。

 

それにしても…

 

減りましたね、フォロワー数。
先月の今日は「1,962,060人」だったのが、1ヶ月後の今日は「1,956,648人」にまで減少している。

 

1ヶ月で軽く5,000人以上の人間がフォロワー解除しているということは、なかなかのこと。

更新は以前より順調で数も多いだけに、ブログを飾る言葉、文章にどれだけみんなが愛想を尽かしているのかが透けて見えるよう。

 

だからかな、明日のバレンタインデーにこじつけて無理やり麻央さんの話題を作ったのは。妹の名前を使うとヤフー記事になりやすいということなのでしょうが、この行為がまたもヤフコメのアンチコメントを賑わせてますね。

 もういい加減にしたら? の声が全く届かない現実

 

「ブログのネタがなくなれば、麻央さんを出す・・・もう、いい加減にしたら?と言いたい」「お黙り!」「いやらしさ満載、いつまで利用するの!」「ほんとにクズ」

 

ヤフコメで見事な嫌われぶりです。

本当に、いいねボタンが全てじゃないことを差し引いて考えたにしても、やはり見過ごせない「小林麻耶さん」の見事な嫌われっぷり。

 

擁護する青の数は限りなくゼロ。うんざりの批判コメントの「いいね」は伸びるばかりというシュールさ。

 

どうやら今回は、バレンタインデーネタで麻央さんを引っ張り出したようですね。

困ったときの「麻央だのみ」と言われても反論のしようもないほどのブログ投稿ですから炎上上等といったところじゃないでしょうか。

 

問題のブログ投稿内容がどんなものか覗いてみると(覗いちゃダメなんですが…)、投稿は昨日12日の19:00。

 

タイトルは「バレンタイン」。

 

そこに、

バレンタインデーまで

あと2日♥

 

告白する予定の方、

全力で応援しています

 

 

2/14 に妹に渡す予定♥

ショコラテ エリカのチョコレート♥ 

 

 とあり、チョコが入っていると思われる見せの小型紙袋を空に掲げている画像が1枚貼付され、「喜んでくれるかな」とある。

 

はぁ?

なぜに麻央さんにチョコレート!?
渡したい、と思うだけじゃなく実際買ったわけ!?

 

それを持ってどこに行くの?
まさか、麻耶さんが大ファンだと周知の事実だった、義理の弟、海老蔵さんの家に行くつもりか。

 

あきれるなぁ、呆れる。

 

こういうところですよ。
こういう行為を麻央さんが喜びますか!?

 

この世に妹はもういないのに、男性でもない妹のためにバレンタインのチョコレートを買い、それをわざわざブログで語り、紙袋を画像にアップする。

 

バレンタインデーに妹の家に行く本当の目的はなに!?


チョコレートをお供えするという口実でいつまでも亡くなった妹の家に何とかして入り込もうとしているようにしかみえない、自分が麻央さんなら「もういいかげん離れてくれない、お姉ちゃん」と思うでしょう。

 

結婚までした姉が、バレンタインデーということで亡くなった妹の家に頼まれもしないのにチョコレートを届けるつもりなら、これはもう批判は免れないし、誤解されても何も言えないのじゃないでしょうか、不気味すぎる。

 

ブログでは、自分にもということで自分用のラッピングされたハート型のチョコも画像アップしてますが、いい小道具として利用されている感じしかないですね、麻央さん。

 

それはこのブログ内容がヤフーニュースに掲載されれば、「いい加減に消えて」と言われるわけです。

 

動くことのできる本当のフォロワーと思われる数字も減り続けるわけですよ。
それは依存していた妹が亡くなったことへのショックは当然あったでしょう。

 

それは疑わないですが、この方のその後の言動のすべては悲しみとは裏腹のことばかりで人間不信に陥らせる材料にしかならなかったわけだし、「遺族キャラ」をいいように使っているようにしか世間に映っていないという現実を直視したほうがいいのですが、そのことに関してはどうにも鈍感を貫いているようで不思議。

 
妹と...
 
今年は一緒にチョコ
作っちゃう?
 
なんて、会話をしながら
愛する夫への惚気合戦もしたかったなぁ。
 
 
 
 
目の前にいてくれる人
 
大切な人 当たり前ではない
 
 
生きていることが奇跡
 
ありがとう
 
 
 
生きているときに
 
たくさんのありがとうと大好きを
 
伝えていこう

 

これからもこんな感じで、いいように麻央さんは名前を出され、都合よく登場させられるのでしょう。
 
なにせ、麻央さんを通してしか麻耶さんの存在は語られないほど希薄なわけですから、二人羽織よろしく、これからも都合よく”泣きの材料”として使われていくのだと思います。
 
最新のブログ記事では、乳がんになった母親を憂う読者への回答として、また自分の本の宣伝をしていましたが、麻耶さんが本当に妹の死をムダにしないという気概のもとに生きていくのだとしたら、謎の空白期間をどうしていたのかを正直に伝え、そこに対する現在の感情、反省、警鐘などを書くのがいいと思うわけですが、それは墓場までもっていくということなのか。
 
とにかく、ヤフーには現在進行系の芸能人ニュースだけを掲載して欲しいものですね。
 
ではまた。
 
(引用元:『小林麻耶オフィシャルブログ』より)