毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

松岡茉優 彼氏と育む「芸能界でトレンド」の恋愛とは

 

 

ころもです。

 

「丸亀製麺」のCMでも印象的な女優の松岡茉優さん。
所属事務所にとって稼ぎ頭だという彼女が熱愛ということでスクープされましたね。

 

お相手は4歳年上の有岡大貴さん。
「Hey!Say!JUMP」の一人のようですが、実は今回のことで初めて名前を知りました。

人気者の二人はしかし、共通の知人を介して知り合い、交際してからかれこれ1年以上になるといいます。

露出も多い二人の交際がなぜに1年もの間発覚せずに済んだのかといえば、それは芸能界でトレンドになっているという「ひとつ屋根の下恋愛」のおかげだというのです。

つまり、同じマンションで別々の部屋に住むという方式ですね。
確かに究極の「煙に巻く」やり方です。

この手法が好まれるのは当然といえば当然 

本日発売の『FRIDAY』に、それぞれが事務所の送迎車に乗って都内一等地にある高給マンションへと帰宅する写真が掲載されていました。

 

現場からマンション、マンションから現場、そんな多忙な生活では外で二人きりで逢うなんてことは難しいですねと同情する必要のまるでない、同じマンション内に帰る部屋がそれぞれにある二人。

忙しくプライベートを死守したい芸能人にとって理想的すぎる暮らし方、マンション選びといえるのじゃないでしょうか。

 

実際、発覚していないカップルも含めてこの手法を取る芸能人は増えてきていると、スポーツ紙の芸能担当記者は記事で語っています。

 

他愛ないデートこそ叶わないでしょうが、盗撮される心配もなく互いの部屋を行き来して愛を育む。

 

それは、目撃されることもないでしょうし、目撃されたところで自宅マンションなのでといえば何の問題もなく見過ごしてもらえる。使わない手はないというのが本音でしょうが、同じマンションならではの「難」というのも、もちろんありますね。

 

それはもちろん「別れ」た場合が一番ですが、それ以外でも、居留守を使えなかったり、他の友人知人との交際も赤裸々になる可能性も出てくるかもしれない。

 

嘘偽りがあれば、全く違う場所で暮らしているとき以上に関係が冷え切ってしまうこともあるでしょう。

 

 

相思相愛の、絶妙なバランスのなかでこそ成り立つ「ひとつ屋根の下恋愛」といえそうです。

 

兎にも角にも、追われる宿命にある芸能人カップルにとっては、苦肉の策とはいえ理想的ともいえるこの方式、他にはどんな人がいるのかというと…

 

 

今年結婚したあの芸能人カップルも、破局したあの人たちも…

 

今年ゴールインした桐谷美玲さんと三浦翔平さんの二人も、居住フロアにしかエレベーターが止まらない、セキュリティーの高いマンションに、廊下を挟んで向かいの部屋同士で暮らしていましたね。

 

高畑充希さんと坂口健太郎さんも、高畑さんが坂口さんのマンションへと引越して「ひとつ屋根の下恋愛」をしていたようですが、これは破局。

 

古い話でいえば菅野美穂さんと稲垣吾郎さん、新垣結衣さんと錦戸亮さん、よゐこの濱口さんと南明奈さんなども交際中に同じマンションに部屋を借りていた芸能人として報道されています。

 

近いところでは、すでにゴールインしてますが宮沢りえさんが住むマンションに森田剛さんが引越してきて、というのもありました。

 

新垣結衣さんといえば、星野源さんと同じ敷地内のマンションに居住しているのでは?という噂もありましたが、共演などしてしまうと、たまたま同じマンションであっただけで熱愛に結び付けられる可能性もあるわけですから、一長一短あるというのが結論になるのでしょうか。

 

ではまた。

 

(出典:『FRIDAY』12月28日号)