毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶に「使えるものは死んだ妹も使うんだ」ヤフコメ冷え切る

 

 

ころもです。

 

さすがにもう「辟易」という言葉がふさわしいでしょう。

見透かされていることに気づかないのか、気づかないフリに懸命になっているのか、いずれにしてもやることなすこと矛盾に満ちていて、憐れみが募るばかり。

これほど「私を見て、私の主人を見て」状態の承認欲求のかたまりのような麻耶さんが、あれほど中途半端な時期に自らの意志で芸能事務所を辞めたなど到底考えられません。

やはり、よほどの事情があってその決断を迫られたのではないかと疑われても仕方ないでしょう。

 芸能界に本格復帰するための布石!?

 

この短期間でどれほどの矛盾を見せられてきたことか。
麻耶さんのブログの矛盾、言動不一致については今更説明の必要もないほどですが、もっともわかりやすいのはやはり結婚相手の「突然の顔出し」でしょう。

 

誕生日数秘にしろ何にせよ、一貫性のないのが特徴といってもいいブログなので読み慣れている読者にとっては「またか」でやり過ごせることも、ヤフーニュースでのみ情報を知る一般読者からしたら、「この人何がしたいの!?大丈夫?」になってしまう。

 

しかしそれも当然。

 

今朝の『日刊ゲンダイDigital』配信の記事では芸能ライターのエリザベス松本氏が、

「12月2日には顔が鮮明に分かるツーショットをインスタにアップしています。この記事にはたった1日で約2000のコメントが付き、『(2人の顔が)ほんとうにそっくり。運命ですね』という声が圧倒的。中には、『櫻井翔さんに似てますね!』『(藤井)フミヤ似な気がする』など、ご主人の顔を芸能人に例える声も。麻耶さんは11月29日の投稿でご主人を初めてタグ付けしており、タグからご主人のインスタアカウントに飛ぶことができます。そこには“國光吟”の名前があり、どうやら以前報道があった、整体師兼宇宙ヨガと呼ばれるヨガのインストラクターである男性で間違いないようです」 

 (引用元:日刊ゲンダイDigital 2018/12/07 09:26配信)

とコメントしてますが、改めて「整体師兼宇宙ヨガと呼ばれるヨガのインストラクターである男性で間違いないようです」という言葉の異様さが際立ちます。

 

結婚をしてから5ヶ月近く経過してのこの正体の明かされ方。
やはりどう考えてもまともな印象はうけない。

 

記事では麻耶さん自身のSNSには祝福の声が多いと説明しながらも、

交際ゼロ日婚を伝えたネット記事には「引退したんじゃなかった?」「自己顕示欲の塊」「普通の主婦になるって言ってた割には全然普通の主婦じゃない」なんて辛辣なコメントも。

と、世間一般からは批判の声が上がっていることも同時に伝えています。

正直、活躍めざましい芸能人の記事に、4ヶ月以上も前に引退し、一般人となった麻耶さんの「稚拙すぎるブログ内容」が掲載され続けることの違和感は相当のもの。

 

デイリースポーツが10:57に配信した『麻耶さん、麻央さんへのクリスマスプレゼント披露「とってもキュート」』タイトル記事へのヤフコメでは、何かにつけ妹ネタを披露する麻耶さんのやり口に、

 

「使えるものは死んだ妹も使うんだ」

 

と軽蔑や呆れ返る声ばかりが目立ち、その興味関心の薄れ方は午前中の記事だというのに半日以上経っても「コメント数が29件」という貧相な数字によってわかりやすく証明されています。

 

先述したエリザベス松本氏は、

「麻耶さんもスピリチュアルな世界に傾倒していますから、今後は夫婦でスピリチュアル系のイベント開催なども考えられます。芸能界に本格復帰する日も近いかもしれませんね」 

 と、誰の目にも芸能界への未練が断ち切れずにいる”自称一般人”を皮肉ってもいます。

 

先日の『女性セブン』の記事でもあったように、一般人だからと神経質になっていたご主人のいきなりの露出の背景は、経済的な事情、切ない懐事情がやはりあったわけで、開き直った今となっては声がかかるならバラエティ番組ぐらいには単発で出る可能性もある?のじゃないかと。

 

なにせ最後の砦と思われたご主人をSNSで世界発信したわけですから、次なるネタ探しに四苦八苦していることでしょう。

 

それが証拠というわけではないですが、本日20:50に更新された、タイトル「カウントダウンティー」の中では、

 

プレゼントでいただいた
 
クリスマス カウント ダウン ティー

 というコメントとともに、クリスマス・イヴまでの日にちが記してあるティーパックの画像が掲載され、

 

有機ハーブティー
 
毎日、楽しみにしています!!
 
と説明が入り、イヴの日のティーバッグのアップ画像と、今日の日にちのティーバックを淹れたティーカップのアップ画像が2枚掲載され、
 
今日、8日は
 
 
有機ブラックベリーの葉
 
有機ペパーミント
 
有機ストロベリーの葉
 
有機マリーゴールド
 
有機コーンフラワー
 
 
のハーブティです❤︎ 

 

というコメントがついて終わり。
 
なんという薄っぺらさ。
絶句。
 
プレゼントにもらったというより、ネタがないので毎日話題にすることができるものとして自身で調達したのではないか!?と疑ってしまうほど。
 
ではまた。
 
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)