毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

2018嵐の櫻井翔が痩せたのは病気!?むくみとれカッコいいの声

 

 

ころもです。

 

昨夜久々にニュースzeroを観ましたが、櫻井翔さん頬がすっきりとして痩せましたね。

有働さんが冒頭から噛んでいるのが気になりましたが、それ以上に左側に座る櫻井さんの顔の変化に注目しました。

 

ダイエット?

それとも忙しすぎてやつれた?

 

近頃はむくんだ顔の印象しかなかったので、顔の輪郭がはっきりして頬がすっきりすると年相応に若返りますね。

 

週刊誌で盗撮された写真などでは、街ですれ違ってもわからないぐらいにオジサン化してしまったムードが漂っていましたが、顔の輪郭がすっきりするだけでアイドル・嵐の趣を取り戻すあたり、さすがです。

 顔の印象がちょくちょく変わる

 

見るたびに顔が違って見える芸能人は決して少なくないですね。

なかでも衣装で隠しきれない顔にはどうしても注目が集まってしまう。

 

いっときの華原朋美さんや浜崎あゆみさんなど、見るたびに顔が変化していって「あれは誰?」と数秒フリーズすることもしばしば。

 

男性は女性ほどじゃないにしても、櫻井さんなどはけっこう太ったり痩せたりと顔の変化が激しいという印象が常につきまとっていました。

 

忘れられないのは昨年の紅白歌合戦のときの顔。

それらしい人がいるけれど、いや、本人じゃないよね?

こんな顔だったかな…!?

 

という違和感から始まり、いや、やっぱり本人のようだと、メンバーの隣に立っていてもなお櫻井翔さんとは認識できないほどに目の印象が違って別人のようになっていたのが忘れられません。

 

実際には紅白のリハーサルでステージの溝に落ち、手をついたものの顔から落下して顔面強打してしまったことが原因だったようですが、心配かけまいと髪型で隠したりしたことがなおのこと普段の印象を変えてしまったようです。

 

いずれにしても、頬から顎のラインがシャープだったデビュー当時の面影がもはや求めても得られないものなのかと思っていたファンの皆さんにとってはスッキリした顎のラインよフォーエバーというところか。

 

報道ステーションを卒業した小川アナとの破局後に痩せたということになれば、いろいろと想像もたくましくなるわけですが、

 

芸能プロ関係者の話によれば、

 

「10年くらい前から、忙しい合間を縫って週に1〜2書いはトレーニングをしているそうです。40代になったときのことを考えて身体を動かしているんだとか。ハードな筋トレは特にしていないみたいですが、トレーニングルームでランニングやバイクなど、主に体感を鍛える運動をしているそうです」

 

というのだから、もともと意識は高いことは間違いないわけで、だとすると、やはり多忙による不規則な生活がめまぐるしく太ったり痩せたりの一番の原因といったところなのかも。

 

 

やはりお年頃ということか

嵐の上にも歳月は当然流れるわけで、国民的アイドルとはいっても好き勝手な食生活で健康や体型維持は無理。

何の努力もせずにいたら、それこそとんでもない体脂肪率のおじさん体型になってしまう。

 

先述の芸能プロ関係者は、

 

「今年の夏くらいから、食べるものに気を遣うようになっています。最初にサラダを食べてからメインの料理を食べたりと、食事の順番を変えていますね。また、昼食には低カロリーであるそばを中心に食べたり、お米も五穀米に変えたりしているそうです」 

 

と、日々の努力の詳細もコメントしています。

 

寄る年波には嵐、櫻井翔さんだって勝てません。

徹底した自己管理をしている結果が今の「頬スッキリ」状態なんだということでいいのでしょう。

 

結成20周年に加えレギュラー番組、私生活でのなんたるやも入れ込んだら、それは規則正しい睡眠や食事も難しいでしょうが、そこはやはり夢を売る商売。

 

デビュー当時のままとはいかないまでも、頬や顎のラインの「見える化」は死守して欲しいと思うファンがいることも確かなようです。

 

今年のNHK紅白歌合戦では個人として初めての白組司会を務める櫻井翔さん。
昨年の「こんな顔だったかな」と散々な言われようだったリベンジとしても、ぜひこのシャープな顔のままに紅白当日を迎えて欲しいもの。

 

ではまた。

 

(参考元:『週刊女性』2018年12月11日)