毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 結婚後初のハワイ旅行決行に自虐!?「奇跡ですね」

 

 

ころもです。

 

ハワイに行きましたか。

世間の誰よりも元気ハツラツというイメージですね。

 

でも待てよ、あれ?

 

体調不良に交通事故、脱臼した肩の三角巾が外れたのも先日のことだろうに、飛行機で海外って全快しまくってる感じですが、ちょうどよく出来ている体ですね。

 

麻耶さんのブログのカラクリというより生き方の特徴というのは、読者ならほぼほぼわかってきたと思うのですが「否定される未来への布石・言い訳」に終始しているのに、綻びだらけで何もかもが端からピロリ〜と本当らしき中身が見えてしまうことなんじゃないかと、そう思っています。

 

今朝07:42に更新されたブログは

おはようございます☀
 
大好きな場所にやってきました

ということで、エメラルドグリーンの海とヤシの木が見える写真を掲載。

年内にこういう写真や報告を聞くことになるだろうことは、ゼクシィのウェディングの妄想から予想していたことなので何も驚きません。

ただ、交通事故のくだりはずいぶん急いで挿入してきたのだなと、その段取りの良さに鳥肌がうっすら立つぐらいです。

 誰よりもハワイ推し!? 昨年の旅行も全部かな?

 

麻耶さん、激しい右肩下がりのフォロワー減少に歯止めをかける最後の一手としてここにハワイ旅行を打ち込んできましたか?

 

交通事故に、芸能界引退後の騒がしい本の出版、姪っ子甥っ子、妹の名前を出しても回復しない読者減に炎上してでも「飛行機とハワイ」を持ってきたのかなと思われても仕方ないかもしれないですね。

 

楽しみにしていたことは
 
結婚後、初めての海外旅行です 

 

そう続いたコメントの下には先に添付してあった画像とちょっとだけ角度が違うハワイの海の景色が掲載され、 

ハワイは何度か来ていますが、
 
今回は特別ですネ

 とコメント。

 

ここで3枚目となる海の画像を執拗に掲載し、

 
飛行機で... まさかの
 
一睡も出来ませんでした笑
 
 
時差ボケが大いにありそうですが、
 
癒されてきます
 
 
 
 
11月27日生まれの方
お誕生日おめでとうございます
ステキな一年になりますように
 
 
世のため、人のために動きたい
平和主義者です!
 
冷静で、客観的に物事を分析できる
力を持っています。
 
大人で、落ち着いているので
まわりに安心感を与えることが
できるでしょう。
 
頭がいいので、
知識と理性で
直感をすぐに否定しないように
感情も大切にしてくださいね

と数秘も掲載。

 

癒やされる、癒やされる、癒やされる。

 

おそらく、ボキャブラリーの少なさが麻耶さんにこの言葉を何度も使わせてしまうのでしょう。

なぜって、癒やされるほどの「何ものも」行っているようには思えないので、この言葉は不適当だと毎回思ってしまうからです。

 

花やケーキを画像アップし、綺麗、可愛い、美味しかった…

 

そういう内容がブログメインだというのに「癒やし」が必要なのだとしたら、それはブログ以外の裏の世界がどれだけハードなのかと想像力を無駄に掻き立てられますが、おそらくはただの語彙不足、表現能力の稚拙さということで片付けられる問題かと。 

 

当たり前のことがいちいち「奇跡」扱い 

 

昨晩最後はまたもアメ限だったようですね。

 

「転載転用、禁じます」なので個人的な読後感想となりますが、

 

なんでも、結婚後初めての海外旅行のようですね。
今回のハワイが。

 

出発のときにもらったというキャンディを左手で持ち、それを画像アップしていますが、アメ限にするにはいろいろと後ろめたいのかと思う人も多いことでしょう。

 

怪我の回復が遅いのでどうなるかと心配していたけど病院の医師に許可をもらい三角巾も外れたから決行できたといいますが、ちょうど良すぎ?と思えてしまうのも無理はない。

 

出版のサイン会をやらない、あるいは、やれない理由としては物理的な問題にしたほうが説得力もあるということで交通事故や脱臼の話が作られたのかなと、そう疑念をもってしまうほどのナイスタイミングですね。

 

しかも、行きたいハワイ旅行の直前には三角巾を外すこともできた。
遅々として怪我が治らないというわりに、ハワイ直前にはスパッと決行出来てしまうのですから、麻耶さんの表層的な言葉遣いで物事を見てしまうとこちらの精神が破綻してしまう可能性すら否定できない。

 

物事は吐かれた言葉そのものを鵜呑みにするのじゃなく、冷静に時系列にそって起きた出来事を丁寧に見ていくことが大事だし、求められるということです。

 

大抵の人が毎日のように出来ている予定どおりのことが予定どおり行われることを、麻耶さんはこのアメ限のなかで「奇跡ですね」と表現しています。

 

奇跡の安売りは今に始まったことじゃないですが、これもまた麻耶さんの語彙力のなせる技で深い意味がないと思ってあげれば、そうですか、また奇跡ですか、良かったですね、それはということになるのかな。

そういうことにしておきましょう。

 

たしかに、仕事をがんばります!といってからの不意の芸能界引退ということも体験済のことなので、自分が思ったとおりに事が運ぶことが、麻耶さんにとっては奇跡と呼ぶにふさわしいことなのかもしれません。

 

芸能事務所にもいたかっただろうに居られなかったことを推察すれば、行きたいと願ってそこへ行けるということは、確かに日常になかった、得られなかったという点では奇跡と大げさでも呼びたいのでしょう。

 

好きにしてください。

 

今回の旅行にはテーマがあるようで、療養だそうです。

肩が思うようにまだ動かせないということで、当初の予定とは違うものになったというようなことを発信しています。

 

後半は乗り物についてのアドバイス的なことをしていますが、妹が亡くなってから精力的に旅行三昧をしていた麻耶さんですから、何をか言わんや、ですね。

 

ではまた。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ