毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 体調不良で自宅療養といいながら「アメ限」連投の悲哀

 

 

ころもです。

 

40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て

 

第16代アメリカ大統領、リンカーンの言葉を麻耶さんに贈りたいです。

 

人間40年近く生きてきたら、それなりに自分の生き方にプライドを持ちたいと思うもの。

 

しかし悲しいかな、それは理想であって現実はなかなかそうはいかない。
今の麻耶さんの「なりふり構わない」アクセスアップやフォロワー獲得のための「アメ限」連投を見ているとさらにその意を強くします。

 

予想に違わず、またもや「アメ限」にして読者の飢餓感に訴える集客の仕方は、あざとさを超えて「みじめ」そのもの。

 

3ヶ月以上も前に入籍した39歳の女性が、玉子焼きひとつ満足に作れず、掲載するまともな料理といえば外食の一品料理やスイーツばかりでは本当に所帯を持ったのかと疑いたくなるのも当然です。

 

ご主人は今の麻耶さんの何をどこまでわかっているのでしょうか。

体調不良と世界に発信している妻が、昼夜問わず「挙式プラン」を妄想して楽しんでいる現実を知って何を思うのでしょう。

 

 不自然なほどの「アメ限」連発こそが必死さの証

 

収入源がブログしかないのでしょう。

だから、芸能界を引退し「一般人」になって3ヶ月以上も経つというのに、いまだ芸能界に在籍していたままのブログを使い、週刊誌の言葉を借りれば「小銭稼ぎ」「荒稼ぎ」をしているのだろうし、そのことで多くの批判を浴び、メンタルを心配され続けているのです。

 

でも、その声が届いているのかいないのか。
麻耶さんはそんな世間の声も聞こえぬフリでブログ更新をし続けなくてはいけないのですね。

 

家事らしい家事はしている様子がないですが、ブログでの収入稼ぎに関してはご主人も同意のもとで「芸能人枠」を死守しているということなのでしょうか。

 

ヒーリング整体師であるご主人の妻が体調不良を世界に発信し続けているとしたら、それはご主人への当てつけ、あるいは足を引っ張る行為と見られてしまう可能性だってあるだろうに、ブログ更新のためなら「物事の整合性」もなにもあったものじゃないという感じになってきてますね。

 

背に腹は代えられない状態であることは、どれほどメルヘンチックな言葉や状況を演出しても行間からにじみ出てくるものです。

 

否、不要な「アメ限」連投が何よりもそれを証明してしまっている。
麻耶さんにしても見抜かれていることは百も承知のはず。

 

それでも「アメ限」を連投する。

言えることは「お気の毒」の一言だけになってきました。

 

今夜20:58に更新されたブログタイトル、

 

「決まったことと決まらないこと」はいうまでもなくアメ限です。

 

しかしどうしたことか、ただの書き忘れなのか、「転載転用禁じます」の文言は書いていません。

 

 

妄想に次ぐ妄想、
お相手がいるのだから早く現実にすればいい

 

今回の「アメ限」では、ハワイ挙式にした場合の泊まりたいホテルや会食したい場所、撮りたい写真は決まったと語ってます。

 

ファーストミートは絶対に撮りたいと。

なんでも新婦の支度が完成するまで新郎とは会わず、ホテルの中庭で対面したいようです。

 

好きにしたらいいですよ。
読者がスポンサーなわけじゃないのですから、何も限定にして「ああしたい、こうしたい」の妄想をするまでもない。

 

でも…ある意味読者こそがスポンサーなのかも。
麻耶さんの「生活の生命線」であるブログを支えているという意味ではそうも言えそう。というか、事実支えているのでしょうね。

 

推測の域を出ない話にはなりますが。

 

なんだかんだと妄想していますが、結局挙式したい場所がどこも素敵だから選べなかったと語り、ウェディングフェアに行ったほうがいいかどうかを読者に問いかけてますね。

 

さらには、オーストラリアもいいなと。

 

明日からの幸せを願われてますが、本当に読者への「恩返し」目的のブログなら、アメ限になどせずにみんなに読んでもらえる形にしたらどうでしょう。

 

登録者しか読めない、そんな切り捨てる形の発信の仕方では「恩返し」どころか「集客目的」のブログと思われても何の反論もできないのでは?

 

なんだか、こういう感じで麻央さんが闘病中もハワイのパンフレットを見て具体的な構想を練っていたのだろうかと、そのときの様子が目に浮かぶようでした。

 

次も「アメ限」かな。

出したり、出さなかったり。

 

駆け引きブログが「読者への恩返しブログ」とは……

おかしな話です。

 

 

ではまた。

 

 

(参考元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ