毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ハワイ挙式を計画!?ウェディングドレスへの憧れ語る

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、秘策の「アメ限」を使いましたね。

更新すればするほどに「減少する現象」が起きてますから、それはそろそろ使わなくちゃということなのでしょう。

 

さて、体調不良で引きこもっている麻耶さんが一体何を語ったのか。

転載転用が禁止されているので、読んだ感想なるものをちょっと書いてみようかと思います。

 転んでもただでは起きない? アメ限戦略か 

19:00ジャスト、アメーバ限定でブログを更新しましたね。

 

恥ずかしいということでアメーバ限定記事としたらしく、「転載転用禁じます」の文言が入っていました。

 

なので、ここからはその中身を読んだ個人的な感想となります。

 

7月に入籍発表はあったものの、ウェデイングドレスも挙式も披露宴も何もしてない状態が今日まで続いている麻耶さん。

 

挙式や披露宴、何よりぶりっ子キャラを長くしてきた「可愛い」「happy」「ミラクル」といった言葉を愛用している麻耶さんが、その代表といってもいいような、多くの女性が憧れるウェディングドレスを着ることもなく現在まできていることに、若干どころじゃない違和感はずっと抱いていました。

 

実際は挙式披露宴を挙げたのに報告していないだけ、ということは一切考えられなかったので、おそらくはそういったものは今回なにもしていないのだろうと推察していたわけですが……、

 

今回のアメ限を読んで、本当にウェディングドレスを着ていないのだということがわかりました。

 

というのは、本人が体調不良もあるということで”ある雑誌”(結婚についてのいろいろなことが書いてある雑誌)を読み、見ていたらウェディングドレスを着たくなったとつぶやいているわけです。

 

それは結婚をしたのなら、着たいでしょう。

むしろ、なぜ着ないのか。

 

あれほど「お祝いしてもらった」を連発していながら、なぜそれらの人々を呼んで挙式をしないのかと不思議でならなかったほどです。

 

その理由は未だにご主人の職業を自ら明かしていないことと関係があるのかなと、多くの人は勝手に理解していることでしょう。

 

ウェディングドレ挙げるのか?

 

挙げるとすればどこで挙げるのかと考えるまでもなく、本人がハワイに行きたくて仕方なくなった、という発言も今回のブログでしています。

 

つまり、ハワイでウェディングドレスを着て挙式したいということですね!?

憧れのハワイの結婚式場を、雑誌に掲載されている写真でしょうか。

 

合計で4つのチャペルの写真も掲載しています。

 

憧れる必要はない。式を挙げればいい

 

これだけ具体的に雑誌から抜粋した画像を掲載までしているのですから、本当にやればいいのですよ。

 

ハワイでウェディングドレスを着て式を挙げればいい。

 

結婚をしていないし、するつもりもないのなら「憧れ」で終わるかもしれないですが、結婚をしたということなら、ウェディングドレスを着てハワイで式を挙げればいいです。

 

着るつもりがまったくなかったと本人はブログでこぼしていますが、着たくなったのだからしょうがない。着せてもらえばいいですよ、ご主人に。

 


そしてハワイで大々的にでも小規模でもいいから、結婚式を挙げればいい。なんならそのまま大好きなハワイに移住したっていいかもしれない。

 

芸能界も引退して自由な身なのだから、そういう選択肢もあります。

 

読者に匂わせても一生ウェディングドレスは着れませんよ。
そばにいるはずのご主人に「ウェディングドレスを着たい」とそう言えばいいだけのこと。

 

着るつもりが皆無だったようですが、着たくなったのなら仕方ないじゃないですか。

 

しなくていいがまん、はしないのじゃ?

 

麻耶さんの今回のアメ限を読んだ、個人の感想でした。

 

ではまた。

(参考:小林麻耶オフィシャルブログ「療養中に楽しいことを!」より)