毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ブログ収入と印税が命綱?「たい焼き美味しい」で更新

 

 

ころもです。

 

なにもかもが安直ですよ。

なにもかもに綻びがあり過ぎ。

 

話題もなく、一度は投げ捨てた「誕生日数秘」を拾い上げてまでブログ更新をしようとする必死さ。

 

「しなくていいがまん」という著書で”みんなに好かれたい”をやめる、といいながら誰よりも好かれることに固執しているブログ内容の一言一句。

 

麻耶さんの言動はまさに「矛盾の宝庫」としかいいようがない。

3日ぶりにブログ更新した本日。

 

なんと、その後も2記事更新しています。

よほどのことがあったのかと思いきや、何のことはない。

「夕焼け」と「たい焼き」のお話です。

 これでは人が離れていくのもしょうがない

 

19:39に本日2記事目を更新。
タイトルは「2018/10/29」。

 
あたたかいコメント
ありがとうございます!
 
体調不良の方、
一日も早く回復出来ますように
願ってます。
 
今日の夕焼け、とても綺麗で癒されました。 

 温かいコメントしか掲載されないのだから、それは癒やされるでしょう。

それにしても…

 

仕事らしい仕事もなく、かといって主婦らしきことのひとつもしている様子もない人として世間には映っているのに、何を癒やされる必要があるのか。

 

癒やされる、という言葉の”響き”が好きなだけかもしれないですね。
あるいは単なる口癖なのか。

 

暮れなずむ都会の空とビルディングが映っている画像が1枚掲載されています。

 

そして一度は放棄した誕生日数秘が登場。

 

10月29日生まれの方
お誕生日おめでとうございます
ステキな一年になりますように
 
独特のオーラと存在感で
人をひきつけます。
 
本物を見極める力があり、
直感力も冴え、分析も得意なので
仕事も良くできます。
 
アドバイスが的確なので
周りから相談されることも
多いでしょう
今となっては「宝」でしょうね、数秘が。
 
なにせ語るべき「生活」がないのか、「生活はあっても語れない」内容なのか、一人から二人になったのに話題が倍になるどころか、半分以下になったとしか思えないほどの貧弱さ。
 
それもこれも書籍発売までは「忍耐」ということなのか?
いやいや、人生は結婚生活だけが全てじゃない。
 
思慮深く好奇心旺盛に生きていたら、結婚生活を語らずともいくらでも読者に伝えることのできる話題はあるはず。
 
それがない、それを見つける努力すら見られないというのは、そもそもこのブログ継続の主たる目的、主眼が「読者への恩返し」ではないということの証明でしょう。

 

それからわずか”13分後”に3記事目を投稿

 

なんと、夕焼けに癒やされたと語ったブログからわずか13分後に、本日3記事目のブログを更新。

 

タイトルは

「10/27 10/28 たい焼きって美味しい。」

 

あれほど「やったりやらなかったり」と気まぐれの頂点をいくような身勝手な誕生日数秘だったのに、体調不良で書けなかった分ということなのか、占えなかった日の数秘を連投しています。

 

なぜか。

 

「まだ本調子ではないので、しっかり療養したいと思います」

と言っていたのに、そうまでしてなぜ「あれほどいい加減」だった誕生日数秘を占おうとブログ更新するのか。

 

もちろん、それが「生活の生命線」そのものだからと理解するのが自然でしょう。
どんなに内容が希薄だろうが身体が本調子でなかろうが、芸能界も引退、続けざまに暴かれる私生活や奇行により離れてしまったブログ読者、それによる収入の減少。

 

先細りしていく”未来への不安と恐怖”がそうさせるのだと推察しています。

 

3記事目の内容は果たしてどんなものか。
読めば、その必死さに納得がいくかもしれません。

 

冒頭は1枚の写真から始まります。

 

「たいやき ひいらぎ」と店の看板が背後にあり、手前には片手で持っているらしいたい焼きのアップが映っています。

 

そして、

 

一匹、30分かけて焼き上げている
たいやき屋さん。
 
いつも並んでいて気になっていたので
先日! 夫を誘って行ってきました!!
 
 
あんがたっぷり入っていて
美味しかったぁー。
 
これから、たくさんお世話になりそうです♡

 

とコメント。
 
文面に「夫を誘って」という言葉が入っているにもかかわらず、なんというのか、まるで「夫」がいるようには感じられないのが最近の麻耶さんのブログの特徴となってきました。
 
夫、という言葉を口にすればするほど「存在を感じない」というのはもう理屈じゃないのですよ。
 
本当にいるときは、「夫」なんて口にしなくても、隠したくてもどこかにその存在なるものが行間からも画像からもにじみ出るような感じがあるのに、麻耶さんのブログ写真にも行間にもまるでそれを感じ取ることができない。
 
夫をって、もういちいち存在を匂わせる必要はないのでは?
本当に夫がいるのなら、それでいいじゃないですか。
なにもかもが言い訳に聞こえてしまうのだから、いわなくていいです。
 
麻耶さんにしても疲れるでしょう。
夫の存在を今度は書こうか書くまいかとジャッジしながら書くのも。
 
結婚したのが事実なら、いても「そうでしょうね」で終わるし、「いなかったとしても」仕事でしょうからね、で終わる話です。
 
夫を際立たせすぎて夫の存在が消えている。
そんな不思議な現象が起きているのは、そこに麻耶さんの「迷いや自信のなさ」のようなものが滲み出ているからなのですよ。
 
結婚したのなら、堂々としていればいい。
結婚したのなら。
 
この後にはお決まりとなってしまった数秘が続きます。
 
 
10月28日生まれの方
お誕生日おめでとうございます
素晴らしい一年になりますように
 
 
目標が定まると、
パワフルに突き進むあなた!
 
あたたかい人柄で面倒見もいいので
自然とみんながあなたに
ついていきたくなります
 
楽観的でバイタリティーがあり、
くよくよしすぎないところも魅力です。
 
 
 
 
 
10月27日生まれの方
お誕生日おめでとうございます
ステキな一年になりますように
 
 
人のために力になりたい、
といつも思っている優しいあなた。
 
頭脳明晰で知識も豊富、
洞察力もあるので、
人の能力を見抜ける凄さがあります。
 
後方から全力サポートし、
リーダーを育て上げる縁の下の力持ちも
合っています。
 
とても賢い方です。 

 

毎日、同じ人物を占っているのかと思えるぐらい似たような内容が続きますね。
みな面倒見がよく、人のために動ける人で、思いやりがある。
 
なのになぜかな、みんなが違う人生を歩んでいるようにこちら側からは見える。
誕生日数秘だとみなリーダー的存在だったり、カリスマ性にあふれて明るい未来が待っていそうなのに、現実世界はバラバラ。
 
麻耶さんの誕生日数秘を読んでいて心に何も響かないのは、そこに人間の苦悩や挫折が描かれてないからでしょうね。
 
人の良い面を見るのは大事なことですが、人間の弱さを知ることも大事。
長所だけじゃなく、思うようにならない短所の指摘があったほうが現実を生きる人々から共感を得られるように思うのですがどうでしょう。
 
そんなことはでも、別にいいのかな。
 
誕生日数秘そのものが目的じゃなく、ブログを更新するための「数秘」が大事ということならば、今のままでもいいということになる。
 
それにしても、どの誕生日の人もみな教祖になれるような資質の持ち主ばかりだなんて、数秘って凄いですね。
 
ではまた。
 
 
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログ)