毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「しなくていいがまん、みんなでやめていきましょう」

 

 

ころもです。

 

火がつきましたかね。

麻耶さん、本日4記事目を更新。

 

タイトルは「新しい携帯!」。

 

子宮系イベントや宇宙ヨガインストラクターの夫の素性、ヤフーニュースに掲載されている暴露記事を流すための怒涛の更新ということはわかりきっていたことなので、想定内の更新になります。

 

そしてこれまた思ったとおり、すでに今回の「新しい携帯!」はヤフーニュースに取り上げられ、子宮系イベントの広告塔として記事になっている麻耶さんの「不都合な報道記事」はだいぶ下に押し下げられ人目につきにくい場所に移動しました。

 

狙いは成功、今晩もよく眠れることと思います。

 どの世界へ誘導しようというのか、上から目線がきつすぎる

自堕落な世界へ誘う。

結果、そういうことになってしまうのじゃないでしょうか。

 

本日4記事目の更新となったタイトル「新しい携帯!」の最後の「麻耶さんの呼びかけ」を見た時、背筋が寒くなりました。

 

始まったな、いよいよ。

 

言葉にすれば、そういう感じの怖さです。

 なぜ呼びかける、なぜ煽動する

 

例えるなら「ケンケンパー」という感じで人生という悪路を飛び跳ねながら進んでいる感じ。

しっかり地に足をつけて一歩一歩踏みしめて歩くという生き方じゃなく、歩きやすい場所だけを見つけてはそこをめがけ飛び移っていく生き方。

 

失礼ながら、そんな浮遊感ある映像がついてまわります。
実体のない蜃気楼のような、そんな感じ。

 

なにせ、生活にまつわる全てが見えてこない。
そうまでして私生活を隠し通したいのかと思いきや、誰よりも自分自身の「見せたい部分」だけは執拗に見せたがる。

要はなにもかもがバランスに欠けていると感じるわけです。
それゆえ、ブログを読み終わった後にひどく疲弊した気分に襲われてしまうのですね。

 

さて、4記事目「新しい携帯!」タイトルの中身ですが、これまた茶番です。

 

ご飯へのアドバイス、
ありがとうございます
 
全国、世界の皆様と繋がっていると
心強いですね!!
 
   
 
携帯を新しくしたら
LINEのトーク履歴がすべて消えてしまい
ショックでした。
バックアップ取っていたのに
 
結婚する前の
彼とのトークは保存しておきたかったよ。

 

全国、世界の皆様とつながっている? 心強い?

どういう思考回路なら怪しい団体の広告塔で世間をどんよりさせている自分と世界をこれほど無理やり「肯定的」に解釈することができるのか。

 

凄まじいメンタルですね。

 

バックアップを取っていたのにトーク履歴がすべて消えてしまったというのが本当なら、それは結果として、バックアップは取っていなかったということじゃないのでしょうか。

 

結婚する前の彼とのトークは保存しておきたかったと語っていますが、実は「消す」ことこそ目的だったのでは!?

 

麻央さんが亡くなって一年が経ち、これまでお手柔らかだったメディアが露骨に牙を向いてきたことを危惧し、バックアップに失敗して消してしまったという言い訳で不都合な事実を消去しにかかっているように映ってしまいます。

 

上記コメントの下には新機種で撮影した生花の画像が2枚UPされていました。

1枚目はポートレート機能で撮影したぼかしの入ったもので2枚目は通常のもの。

 

画像下には、

 

新しい携帯 iPhone XS Maxで
これから写真撮るのが
さらに楽しくなりそうです
 
 
しなくていいがまん
 
エピソードありがとうございます!! 
 
 
しなくていいがまんを辞めて
 
前を向いて進み出されたメッセージを
 
読んで、感動いたしました。
 
 
 
いつもと違うことをしたり
 
馴染みの習慣をやめるのは
 
勇気がいるし、怖いけれど、
 
 
その選択ができることは
 
自分の未来のための、
 
大きな、大きな一歩だと思います!!!
 
 
しなくていいがまん、
 
みんなで、やめていきましょう!

 

とあります。

 

何を言いたいのですか。

そして、何をしたいのですか。

 

みんなで、やめていきましょう?

 

はぁ?

 

しなくていいがまんを、

みんなでやめていきましょう? 

 

なにを言ってるのですか。

誰に向けて発信しているのですか。

 

どんな自信や責任を持つ覚悟でそんなことを叫んでいるのですか。

アナタは一体誰ですか。

 

みんなで?

それによって生まれる種々雑多なトラブル全てにどう責任を持つつもりなのでしょう。

 

 

やめていきましょう?

そんなことは麻耶さんが指図することじゃないでしょう。

何の権限があってそんな大それた、何の根拠も責任も持つつもりもない言葉を発しているのかと呆れるばかり。

 

このブログを読んで、「始まったな」と感想は抱いたのはそういうことです。

 

しなくていいがまん、
みんなで、やめていきましょう!

 

この発言は、追い詰められた人、あるいは思考能力が低下している人、いろいろな弱者にとっては「司令」のように聞こえてしまうかもしれない。

 

発信力の残る「芸能人枠」のブログでこのような反社会的な思想にもつながる言葉を思慮浅く発言する自称一般人、その怖さ。

 

海老蔵さんの新たな女性関係を探るために女性誌や写真週刊誌がマークを強化していると「夕刊フジ」が報じてましたが、同様かそれ以上に、子宮系の広告塔とされている麻耶さんの周囲はマークされていることでしょう。

 

ブログをし続けることでどんどん墓穴を掘っているように見える麻耶さん。

ブログ収入は莫大かもしれないですが、諸刃の剣であることを忘れてはなりませんね。

 

 

ではまた。

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ