毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 未だ妹一家に執着!?「運動会動画をシェアしたい」発言

 

 

ころもです。

 

本気でどうにかしないと手遅れになるのでは?
というか、すでに手遅れなのか。

 

妻の麻耶さん本人ですら明かすことができないほど、いわくつきのご主人の素性。つまり人様に堂々と言える職業じゃないことを自らが秘匿することでさらに強調しているような現実があるのに、その二人が誰よりも麻央さんの子供たちに接触しているとしか思えないこの状況というのは本当に危うい。

 

 

他人に何がわかるといわれそうですが、他人だからこそ「いびつさ」を客観的に指摘することができるし、渦中にいる人間たちだからこそ、そのいびつさに気づかないということは多分にある。

 

甥っ子の運動会で「場所取り」をし疲れた発言をしたあとに、またもやくどいほどにその詳細を「感動」という言葉で追記更新する執拗さ。

 

結婚とはこういう親戚と縁ができてしまい、生涯つきまとわれる可能性もあるんだなと、非婚化に拍車がかかる「怖い縁」の見本のように世間には映っています。

 これは非常に遠隔的な「復讐劇」なのか

海老蔵さんに「ふられたように映った」ことがよほど気に触ったのか、麻央さんの「偲ぶ会」で究極のKY発言をした麻耶さん。

 

海老蔵さん似、という週刊誌報道の表現にも噛み付いた麻耶さんのエネルギーの原動力というものは、自分を後妻として選ばなかった海老蔵さんへの◯讐に尽きるのじゃないかと思っている読者は少なくないでしょう。

 

姪っ子甥っ子が可愛い、だからいつまでもお世話する。なるほどその言葉や行為自体には、何ら刺激的な要素は見つからない。

 

しかし解釈次第では、海老蔵さんの子供は自分たちとべったり、しかも懐いている。こんな状況でもいいから後妻になりたいっていう人、いたら手を挙げて下さ〜い!というふうにも受け取れるんですよ。

 

もちろん口が裂けてもそのとおりと認めるわけはないでしょう。しかし認めないことと、事実じゃないということはイコールじゃないわけで、真実は世間の思惑とは無関係に突き進んでいくこともあるわけです。

 

スピ系の広告塔ではないかと記事になるような伯母が好き勝手に出入りできるような家に、まともな女性であればあるほど関わりたいと思うわけがない。

 

そしてそれこそが麻耶さんの「姪っ子甥っ子大好き」発言の意味だし価値だし、隠れた意図なのじゃないかと、そう思えてならないのですよね。

 

この世に誰も助ける人のいない、天涯孤独の子供たちならいざしらず、フォローする大人は普通の家庭のシングルとは違って大勢いるだろうし、それを支える経済力もあるのですから、新婚の伯母が2ヶ月以上も手料理のひとつもUPできないほどに気に留める必要なんてないのです。

 

愛があればこそ、自分はもう「そばにはいない」ということをさり気なく主張し、再婚話が進みやすい環境を作るのに協力するという選択をするはず。

 

それをしないというのは、再婚話の障害となることを嬉々として選び実行していると捉えられても仕方ない。実際、これほどの露出で「伯母の愛」を無神経に語られては近づきたくもない気持ちになる。

 

麻耶さん親子にとっては、今の状況を継続できるというメリットがあるのだから、そんなことを推測されてもこれまた致し方ないということになってしまう。

 

 

運動会、「場所取り発言」だけでは気がすまなかった模様

 

昨夜、麻耶さんは麗禾ちゃんの運動会へ参加できなかった悔しさの反動もあってか、さらにブログを更新。

タイトルは「運動会②」。22:36です。

 

メッセージありがとうございます。
 
 
結婚しても♡
姪甥への愛情は変わることは
もちろんありません。
 
むしろ、高まるばかりです
 
心配してくださった方も
いらっしゃったので、
気持ちを書きました。
 
 
旗体操、本当に感動でした
 
 
姪甥を応援してくださる方が
 
このブログにもたくさん来てくださって
 
いるので、運動会動画を
 
シェアしたいものです
 
 
全国に親戚がいるようで、
有難いことです!!!!!!!
 
 
跳び箱や鉄棒の障害物リレーや
クラス対抗リレーも、
一人一人  一周ずつ走って、
年長さんらしくパワフルで!!
見応えがありました
 
 
お兄さんになったんだなと
感慨深かったです。
 
 
10月6日生まれの方
お誕生日おめでとうございます㊗️
ステキな一年になりますように♡
 
 
愛に溢れ、情に厚いあなた
 
強い信念があり、正義感も強いので、
指導者に向いています!
 
美的センスもあります
 
 
 
今年は、朝、家を出たときから、
 
蝶々が 現れたんです。
 
場所取りで並んでいるときも、
 
運動会の最中にも。
 
まおちゃんも

朝早くから一日お疲れ様でした

 

ここで黄色い花の画像がUPされ、
 
並んでいるときに、
目の前に咲いていたお花
とコメントがついて終わり。
 
 
運動会動画をシェアしたいものです?
 
 
伯母が勝手に、個人情報にうるさいこの物騒極まりないご時世に、動画を世界のわけのわからない不特定多数の人間たちに対して撒き散らしたい?
 
発言だけで実際に動画を貼り付けたかどうかはもはや問題じゃないでしょう。
 
何をしでかすかわからない怖さしかありません。
 
 
家の前で誘拐される子供もいるこの時代、子供しか好きになれない怖い犯罪の事例が多々あるこの時代に、何を好き好んで「さあ、狙って下さい」といわんばかりにその姿や居場所を特定し、拡散しようとするのか。
 
 
本当に恐ろしすぎる発想、自己中心的な考え。
 
この不気味さがしかし、次は何をしでかすのだというブログをのぞく動機にさせてしまっているのですよね。
 
大型の台風が近づいてくるのを確かめずにはいられない心境と同じに。
 
 
これでは若者が結婚しなくなるわけだし、それを説得するのも至難の業かも。つながった縁を切ることの難しさがリアルにヤフーニュースに掲載されているようなものだし。
 
 
ではまた。
 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ