毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「この世には自分を愛してくれる人はいる」まさか惚気!?

 

 

ころもです。

 

本日絶好調の麻耶さんがさらに2記事更新。
今日だけでも現時点で4記事更新していますが、週刊誌で報じられたご主人の素性については頑として口を閉ざしています。

 

がしかし……、

 

その代りということでしょうか、あるいは今後はこういう形で少しずつご主人の素性を自ら語ることになるのか、結婚の「動機」について語っています。馴れ初めではなく、あくまでも「動機」。それもだいぶ大雑把な動機といっていいでしょう。

 

なんというのか…、もう先々の戦略が読めるような感じです。
質問に答える形で今回「動機」について触れているのですが、このようにして今後も飽きられないように語れる部分のみを、自らが質問を仕込んで、それをあたかも他者からの質問に答えるという形にして繰り広げていくのじゃないかと。

 

質問を受け付けるというよりは、言いたいことが言えるような質問を用意するという形にしていくのじゃないかという推量ですね。

「動機」以前に、どこでどうやって出会ったのか 

16:53に本日3記事目となるブログが更新されました。

 

タイトルは「寒いですね…」。

 

今日は東京もとても寒いです。  
 
 
北海道の皆さま、大丈夫でしょうか?
 
本格的な寒さがくる前に
 
復旧が進むことを切に願っています。
 
 
 
体調管理に気を付けて、
 
風邪をひかないようにしてくださいね。

 現実的な支援は何もしていないと思われるのに、この見舞いの言葉に信じがたいほどの賞賛が集まるので再開したようですね、数秘のように。

 

気持ちがあるなら行動で示すのが一番説得力がありますが、未だ麻耶さんからは自身が食べた豪華ランチコースの画像や貰い物の花束画像などの報告しかありません。

 

つまり、支援らしい支援を現実に行ったなら報告はする方でしょうから、まだ具体的な行動や支援云々は何もしていないということでしょう。

 

ご主人と頂いた中華料理一品まで報告せずにはいられない麻耶さんですから、ちょっとでも自身が被災地支援をしたのなら必ずや報告せずにはいられないと思うので、本日のこの時点では「見舞いの言葉」だけ、ということになるでしょうか。

 

ちなみにころもは募金箱を見つけるたびに少額でも必ず寄付をするようにしています。

 

麻耶さんも何度となくブログで見舞いの言葉をUPするぐらい心配ということでしたら、大恩人がいるということもあるのだし、現地に行くのが難しくても北海道の美味しいものを沢山お取り寄せして応援するなりいろいろと方法があると思うのですが、お金を使っての支援はどうも苦手ということのようですね。

 

人それぞれなので、まあこればかりは仕方ないでしょう。
最小の労力で最大の賛辞が期待できる今の麻耶さんのインスタやブログのあり方では、これで十分なのかもしれません。

 

 

このパターンを今後は多用しそうですね

 

思いつきで「誕生日数秘」を再開したのにフォロワーが増えるどころか減る一方ということで、少しずつブログ内容も自身の結婚生活、パートナーについてのあれやこれやに踏み込んでいこうということでしょうか。

 

先程更新された、本日4記事目となる(17:44更新)ブログタイトルは、

「A.結婚しようと思ったのは…」です。

 

 

冒頭に、上下星マークで仕切られた名刺大の質問内容が掲載されているのですが、その内容は、

 

7ayuayu
無題

麻耶さん、おはようございます

麻耶さん自身も結婚をしないと思ってたのに、結婚
をしようと思えるご主人さまの魅力はなんですか!?♡ 

というもの。

回答が以下。

 

*ayuayuさん*
 
こんばんは!
質問ありがとうございます。
 
結婚しようと思えたのは、
直感なのですが!!
 
分析すると、、
これまでの私のすべてを包み込んで
くれたから、かなと思います。
 
 
悲しみも寂しさも、、
私のこじらせ性格も笑。
  
プロポーズしてもらったときに
その こじらせ が最大限に
出できちゃったのです
 
その話を友人にすると...
大爆笑、そしてドン引きです。
 
 
「それこそ、
 
しなくていいがまん ぢゃん!」
 
 
と、いいツッコミをもらいます笑。
 
なので、その話、
 
本に書こうか、絶賛迷い中笑。
 
何も頑張らなくても
何も足さなくても
この世には自分を
愛してくれる人はいるし、
 
その反対に
そのまま丸ごとを
愛せる人はいる
 
と知りました。
 
夕方の、、惚気でした
 
 
でも、このミラクル婚は大前提に...
「天国でみかねた妹からの最高のプレゼント」だと感じています。 

 

文章が不得意ということが実感できるような内容で、ツッコミどころが満載です。

 

「何も頑張らなくても何も足さなくてもこの世には自分を愛してくれる人はいるし、その反対にそのまま丸ごとを愛せる人はいると知りました」

 

というのもわかりにくい。

 

まず、その反対に、というのは違うのでは?

 

何も頑張らなくても何も足さなくても愛してくれる、それはまさしく「そのまま丸ごとを愛せる」ということを指していると思うのですが違うでしょうか。

 

もっと違うことを言いたかったのでしょうか、伝わりにくいというか、わかりにくいですね。

 

最後にはまたまた麻央さんのおかげのミラクル婚と語っていますが、そう思える根拠を語ることはしない。

ご想像におまかせします、ということでしょうか。

 

こういうところが北海道の実家問題の謝罪につながると思うのですが、基本、漠然とした断片的な気持ちだけで文章を終わらせるので、そこにいたった経緯云々は読み手が憶測するしかないシステムということになります。

 

人間力も文章力も、形式ではなく「心」が大事。
心のないところに、文章力も人間力も育つことは難しいです。

 

ではまた。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ