毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 意見非難はインスタから抹消!?称賛のみ囲い込みか

 

 

ころもです。

 

もはや過剰を通り越して心配になるレベルの「結婚しました」アピール。

麻耶さん、結婚したことをまだ実感できないのか、あるいは周囲の人々に実感してもらえないのが悔しいのか連続して自撮り花束画像をUPしています。

 

それにしても、わかりやすいブログとインスタになりました。

何がわかりやすいかといえば、目指している道がです。

 

もともとブログは称賛以外のコメントは排除されていたわけですが、引退後新たに開設したインスタもついに同じ手法なのか「褒めちぎるコメントのみ了承」というスタイルにした感じですね。

これまで多少は読むことのできた、冷静かつ的確な、けれど麻耶さんには耳の痛いコメントがすべて姿を消したようです。

 

というか、

 

消されたと言ったほうが正しいのかな?
これはもう、なんでも◯というのが口だけということを自ら証明したようなものですね。

批判は「☓」と前置きしておいたほうがよほどわかりやすくていい。

ちなみに最新のインスタにあるコメントの9割以上は「綺麗」「可愛い」「おめでとうございます」の豪華三本立てとなっており、同一人物が連続で書き込みをしているのかと思うほどの「異口同音」状態となっています。

 

これが小さい子供へのコメントなら、もはやその子の成長を阻害するのじゃないかと思えるほどの異様な「持ち上げ方」は、麻耶さんをどういう方向へ行って欲しいという願望のもとに続いているのでしょうか。

その道は、何処へ行く道?

 

 これ以上できないほどのライトを浴びても…

 

本日インスタにUPされた麻耶さんの自撮り画像。

シワを飛ばす目的なのでしょう、真っ白いシャツブラウスのようなものを着て、濃淡の違うピンクと白いバラの花束を左手に持つと、よくもこれだけ毎度同じ表情で撮り続けられるなと関心する笑顔で映っています。

 

しかし、だいぶ白塗りしましたね。
フェイスパウダーが白すぎて首の色と違うのがわかります。

 

偏食のせいで痩せてしまったのか、落ち窪んだ目元や小じわや頬のシミを隠すためメイクさんが奮闘したことがよくわかる自撮り画像になっています。

 

本の表紙の撮影ということで、背後にはまばゆい照明が並び、白壁に白シャツと、これ以上できないほどの背景と気配りが随所に見られ、スタッフの方々の気遣い気苦労が見て取れました。

 

良かったですね、麻耶さん。
耳の痛い意見や批判はすべて排除、手にはお花、世間は全員祝福していると信じることは自由なので、その限られた好みの世界でこれからも生きていくことでしょう。

 

 

着実に減り続けるフォロワーがいるという現実

 

この5日間ほどで約1000名近いフォロワーが読者登録を解除していますね。少しずつではあっても、着実に減っているという事実を重く見るべきかと。

 

わずかずつではあっても、着実に確実に減りゆく読者。

ブログ更新によって刹那的にアクセスUPしても、流れとしてブログを読んでいた常連さんが離れていくということは意味深いです。

 

本日の「おすすめメニュー」と奇抜なタイトルの料理をふるまったとしても、そこに通いつめていた常連さんが確実に減っていくのだとしたら、それはその店の味が落ちたか魅力がないとさじを投げられたも同じ。

 

瞬発力のある一時しのぎの「お勧めメニュー」に釣られた一元さんはくるでしょうが、それはその店の歴史を知らず、店の味が落ちたことにも気づかないから入店してしまったようなものなので、惜しむべきは「常連離れ」のほうです。

 

それにしても、おひとりさま感が際立つばかりの麻耶さん。
ご主人とは別居なのでしょうか。

 

否、それ以前にご主人がどういう方なのか熱心なファンの方々はまだ紹介すらされてないのですよね。

 

応援だけさせられて肝心なところは藪の中。

教えてくれるのは麻耶さんが逆上した「週刊誌」の方だというのだから、世の中誰が本当に親切なのかは最後までわからないものです。

 

批判、非難は嬉しいものではないですが、そこにすら一片の愛情を見出すことができれば麻耶さんの目指すところの「人間力」がつくのじゃないでしょうか。

 

どんな人間にも「不足」がある。
その不足を見せてくれる意見を完全に遮断することはとても危険です。

 

褒めちぎる人々の善意を信じることは心地いいでしょう。
けれども、なぜ自分がブログやインスタで「幸せに見える画像や言葉」を列挙し続けなくてはいけないのかを考えたとき、そのヒントとなる言葉を投げかけていたのは実は耳に痛い言葉を吐いてくれた人たちだった……、ということになるのではないかと思います。

 

 

ではまた。

 

(参考:maya712star9 インスタより)

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ