毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 夫の職業が暴露された日もブログやインスタは花で撹乱!?

 

 

ころもです。

 

現実を直視できない人が、インスタを無駄に転がし流しているという感じですね。

気概のある「ほんの一部の方」が何とかインスタに、麻耶さんへの苦言や意見を呈していますが、それすら封じ込めようとする「圧」をインスタから感じます。

 

綺麗な花をありがとう、
麻耶さんの言葉は美しい? 綺麗?

誰もが麻耶さん本人でないかぎり、その発信からその人の「人となり」を推量するしか術がないわけですが、麻耶さんの「つくろった」「こう見て欲しい自分」だけを盲目的に信じ、讃え、広めようとする人々と、麻耶さんの言動の矛盾を鋭く見破り、その不誠実な対応に憤りを覚えとても物申せずにはいられないという人々。

 

大きく分けて、その2つにインスタは完全分裂しているように見受けられます。

 まるで特別な国の「お姫様」のような扱い!?

 

それにしても…、なぜ麻耶さんをブログやインスタの読者たちは闇雲に持ち上げようとするのか。


なにもかもが「過剰」。
そこまで褒める、称賛するのは、どういった魂胆があるのかと疑念をもつほど。

 

冷静に見て、麻耶さんの昨今の現状はとても褒められたものではないし、その言動の稚拙さや軽率さに、一般人になってからも「さあ、この人を叩け」といわんばかりにこぞって週刊誌は記事を書き、ヤフーも性懲りもなく掲載をし続けている。

 

盲目というよりは、洗脳に近い!?


いま現実で騒がれているのは、ひた隠しにしている麻耶さんのご主人が宇宙ヨガインストラクターの整体師であり、自分の能力を金儲けのために使うなと言ってきかせてきた親にも親しい人間たちにも嫁を紹介せず、自身の正体が暴露されるやいなや、速攻で自身のSNSを削除しまくっているという情けない話ばかり。

 

なのにブログやインスタでは「麻耶ちゃん、麻耶ちゃん」のオンパレードでは、もはや何かに導かれ、毒されているのじゃないかと心配になるほうが正常な感覚というものじゃないでしょうか。

 

子宮系イベントで知り合ったというご主人、麻耶さんも子宮系イベントで満面の笑みで踊り、恍惚とした表情で司会をしていたお笑い芸人の男性にしなだれかかっていた画像が一時拡散されていましたが、ああいった「世間の人々には見せたくない裏の顔」のようなものがまだまだあるということを、自分たちから暴露しているようなものですね。

 

 

ご主人の素性が週刊誌で暴露された昨日もブログを更新

 

昨日も麻耶さんはブログを更新しています。

時刻は21:18。

ご主人の素性が世間にさらされたことはわかった後のブログ更新と思っていいのかと思いますが、その内容は、

 

 

こんばんは。
 
いつもいいね
コメントありがとうございます。
 
 
被災された方の日常が
一日も早く戻ってきますように。
 
朝晩は冷え込みますのでどうか体調を崩されないように気をつけてください。
 
 
読者の皆様、
アグネスチャンさんのブログを
教えてくださり、ありがとうございます。

 

  

と、無機質なものでした。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

まるで体温の感じられないただの言葉の羅列。

そりゃそうです、活字だけですから、誰でもガンジーにもマザー・テレサにもなれる。

 

百の言葉より「一」の寄付ですよ、今は。
有名人である、あるいはあったことの強みというのは、こういう災害時のときに発信力と影響力があることなのだから、

 

被災された方の日常が一日も早く戻ってきますように。

 

などという、わずか数秒の時間で書き込んだだけで、いい人、優しい人なんて判断をするのはあまりに滑稽な話です。

 

吉川晃司さんがいうようにボランティアの姿は人さまざまなので、それぞれの支援の形があっていいわけですが、麻耶さんは長い沈黙のあとに遅れを取り戻すべく、無駄に4日も被災地への見舞いの言葉を書いているのですから、なにかしら具体的な方策のもとに動いていると考えていいのでしょうか。

 

不労所得である多額のブログ収入、そしてヤフーニュースに取り上げられるたびに出ると言われている報酬など、その一部でも黙って寄付していたりするのかもしれませんね。

 

でもおかしいな。

 

道端の花や、名前もあげられない友人知人、先輩たちからいただいが画像はすぐさまアップするのに、これだけブログ上で見舞っている被災地へ「自分はこういう理由でこういう支援を考えています、あるいは、しました」という報告のひとつもないなんて。

 

まさか、まだ何も具体的なことは寄付ひとつ行っていない、なんてことないですよね?

 

仕事をしていないのにポルシェ購入を考えているぐらいですから、これだけ連投している被災地に対し、電池ひとつ、食料ひとつ、衣類ひとつ、募金ひとつしてないなんてそんなこと、まさかないですよね?

 

少ない額でもいいので寄付しましょう。

そして、それを麻央さん経由でゲットした読者たちに向けても発信したらどうでしょう。

 

自身の「しなくていいがまん」の宣伝より、ずっと意義のあることだと思うのですが。

 

 

インスタにあった、麻耶さんへの意見、苦言の数々

 

・被災された方々のアナタのリブロまで拒否するんですね、驚きました。美辞麗句しか受け付けないのなら、薄っぺらなSNSなんか発信しないで‼︎‼︎ 見なきゃいいなんて常套句、意味わかりません‼︎‼︎

 

・摩耶さん、ヤフコメの批判凄いですね。嘘や欺瞞に満ちた発信は、もう限界なのでは?せっかく結婚されたのだから、これからは、旦那さまと仲良くお暮らし下さい。誠実にいきるのが一番です。

 

・また ~してもらった自慢自己顕示欲の強い人、しなくていいがまんって貴女にとってどんながまんなんだろう。嫌われるのわからないの?

 

・旦那さんの職業分かりましたね。やはりスピリチュアル系の人ですか。洗脳されているようで怖いです。本もそんな感じなんでしょうね。

(引用元:maya712star9より)

 

もっと厳しいものがありますが、このぐらいにしておきます。

 

今日は、『女性セブン』でご主人の素性のことが暴露されていますが、今回は「週刊誌の方へ」とブログでどう反論するのでしょうか。

 

あるいは全くスルーなのでしょうか。

 

だし巻き玉子、購入してきた疑惑についても何かしらのコメントがないと、やはり作ってないから反論できないのじゃないかと思われるのじゃないでしょうか。

 

本当に作ったのなら大変気の毒なことなので、麻耶さん自身も「あれは私が作ったものに間違いありません。今度また作るので、そのときは動画アップしますね!」ぐらい言ったほうがいいのじゃないでしょうか。

 

ではまた。

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ