毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶と夫の東京駅ツーショット記事に「小林麻耶の思うツボ」の声

 

 

ころもです。

 

一般人となった小林麻耶さんとご主人の東京駅でのツーショット画像が掲載されました。

 

これを掲載した『週刊女性』は「一般人を盗撮したのか!」とヤフコメでは非難轟々でしたが、一般人であるという認識はおそらくないだろうし、そのことを躊躇しているとも思えません。

 

しかしそれを咎めるより以前に、なぜマスコミ側がそんなわかりきったことを守らないのか、認識していないのか、自粛していないのかの根幹を見る必要があると思います。

 

つまり、麻耶さんの引退というのは「表層上」の引退にすぎず、実質は芸能界在籍中の状態と「何ら変わりない」という判断をされていることに原因があるということです。

 

これに異論はないでしょう。

 自分のプライドのためには闘ってもご主人は守らない!?

 

実際、小林麻耶さんは「芸能人枠」としてブログを継続させているわけだし、その枠を使って莫大なブログ収入を得ている。

 

それどころか、同じ写真を使ってインスタまで開設し、果ては芸能人枠のブログを使って本の出版の宣伝までしてみせる。

 

普通の主婦です、一般人ですという言葉とは裏腹に、いつまでも芸能人時代の甘い蜜が残るブログで利益を得ているのですから、むしろその深層心理を読み、かつ本当に結婚相手はいるのだろうかという疑心暗鬼の読者ニーズに答えた形の今回の東京駅ツーショット画像は、許される行為ではないとしても、あながち的はずれなものでもないのかもしれないという余地を残すわけです。

 

かつて「週刊誌の方へ」と海老蔵さん似である記事にブログで反撃したことがありましたが、似てる似てないについての記事にすばやく反撃するより、まさに守りたい「はずの」一般人であるご主人の画像掲載の今こそブログで「主人は一般人なので、盗撮しないで下さい」と言うべきでしょう。

 

海老蔵さんがらみには即座に反応するのに、肝心のご主人のことになると平気のへっちゃらのように「見えてしまう」のはなぜなのか。

 

本当に理解に苦しみます。

 

 

うまくいえないが、現実の話に思えない

 

理屈じゃなく、麻耶さんとご主人のツーショット写真を見てもなお、本当に麻耶さんは結婚したのだろうか。

 

そう思う自分がいます。

 

絶望的に馴染まないのです。
二人のツーショットが。

 

誤解を恐れずに言えば、

 

やっつけ仕事ならぬ、やっつけ結婚。
電撃というよりは、やさぐれ婚という印象が拭えない。

 

入籍後にあれほど「おノロケ」と連発し、主人が、主人が…と麻耶さんが頑張って幸せアピールをしているのに、ますます幸薄い様子が忍ばれてならない。

 

これは一体何なのか。

何がそうさせるのか。

 

突き詰めるとやはり、言動の不一致に行き当たるわけです。

 

 

そうは言っても、証拠がない。
そうは言っても、目撃者がいない。

 

そんなことばかりの連続に、もしやという疑念が深まっていく。

 

8月12日のブログでは、

 

今日の羽田空港
とても混んでいました!!
 
ご挨拶しっかりしてきます。
ドキドキ。 

 と思わせぶりな投稿をしておきながら、誰に何の目的で挨拶をしてくるのかも書かず、最後までこの件は触れずに終わっている。

 

何でもやりっぱなし。

 

おそらく人生に一貫したものなのでしょう。
この「やりっぱなし」ということは。

 

大義名分をかかげてスタートさせた誕生日数秘もフェイドアウト。たまに再開。

ご挨拶しっかりしてきます宣言も、のちの報告は一切なし。

「いのちの授業」も仕事じゃなくなったら、被災地への声がけもなくスルー。

 

ちょっと先の未来や、ちょっと離れたところから見える視点、全体を俯瞰して見るということが絶望的に苦手なのかもしれませんね。

 

自由に生きるためには果たさなくていけない責任や義務があるのに、そのことには触れずに「なんでも◎」を全面に押し出して不特定多数の人間に浅はかなアドバイスをしてしまう。

 

なんでも◎と天衣無縫な無邪気さをアピールしながらも、現実世界で、交通違反の切符を切られたことや、スピリチュアル系の人々とのランウェイやダンス画像などは口が裂けても表に出さないという選り分けをしっかりしている。

 

これが彼女が「したたか」といわれる所以でしょう。

 

インスタのコメント欄が恐いほどの熱狂に包まれ、賛辞の言葉で埋め尽くされています。熱に浮かされた人々が行き場を失ったように褒めちぎるなかで、よくぞ削除されずにいましたねという、きらり光る、これぞ現実の言葉と思われるコメントに出くわしました。

 

引用させて頂きたく思います。

 

ribrimamaブログはお金、収入の為に辞められない!辞めたくない!ってハッキリ言えばいいのに!ホント目立ちたがり屋の性格で、妹さんは影に徹して家族の為に一生懸命に戦った方で大好きだけど、金儲け根性が見え見えで本当に腹立たしい。ブログは見ませんよ!でもYahooニュースのトップにいちいち麻耶がどーしたこーしたと写真入りで載ってると今でも目にする度に、金儲け根性丸出しの顔が目に入って気分悪くなるのをどうにかして欲しい。結婚したのだから大人しく家族の為に尽くしてあげてください。フライパン持って写真撮ってないでいいから!

歯の浮くような美辞麗句が乱立するなかで、なんと気概のあるコメントでしょう。
こういうコメントが削除されないよう、そして、こういうコメントもまたひとつ真実の声なんだということで謙虚に受け止めて欲しいものです。
 
 
ではまた。
 
(参考元:小林麻耶オフィシャルブログ、インスタより)