毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「いわゆる…幸せ太り!?」自慢ブログに辟易で読者数減少

 

 

ころもです。

 

ヤフコメでの嫌われ方が尋常じゃないですね。

 

仕事とはいえ「いのちの授業」の動画では涙をこぼしながら「妹、妹…」を連呼していたのに、芸能界を引退して関係がなくなったら「やってられない」とばかりに、有り余る時間があるだろうに困った人たちに寄り添う行動を起こすでもなく、分不相応のポルシェ試乗で違反切符を切られ、ぶりっ子ポーズをしている様を写真週刊誌に激写されてニュースになる。

 

読者への恩返しどころか、恩を仇で返すことだけを繰り返している感じ。

 

そんな麻耶さんが月命日に慌てて「妹…」のくだりを使ってみたところで、もうその手にはのらないと相当数の人が悟ったのか、読者登録数(数日前から名称がフォロワーに変更された)はブログが更新されるごとに減少しています。

 

「一般人ですから」の言葉を都合の悪いときの「隠れ蓑」にし、芸能界在籍時の美味しい部分だけは世間から揶揄されようが批判されようが馬耳東風、我関せず状態でやり通す。

 

ヤフコメのほとんど全てといっていいほどのコメントが一般人となった麻耶さんの報道に「NO」を突きつけるわけです。

 

 なぜ「幸せ」であることを”アピール”し続けるの!?

 

それは…

 

自分から言わないと誰もそう思ってくれてないだろうなという、不安に突き動かされているからじゃないのですか。

 

幸せであることを伝え続けなければ、とても平静ではいられない何かがあるのかと勘ぐってしまいます。

 

過剰な「幸せアピール」は「おノロケ自慢」どころか、泣き笑いのピエロのような物悲しさを感じさせるだけ。

 

そんな風に受け取る人もいるのです。

 

本当に幸せな人は、その状態を噛みしめることはあっても他人に自慢したりアピールしたりはしない。そんな発想すらないものです。

 

なぜなら、その必要がないから。

 

 

幸せなら、ただそれを静かに味わっていればいいだけ。


「おノロケでした」
「幸せ太りです」

 

と自ら敢えて口にするのは、説明をしないと相手に通じない時に念を押すやり方のようで、発信内容の自信のなさを強調するだけに終わってしまう。

 

そもそも、幸せであることを強調するなど想像力のない人間がすることです。

一日と一口にいっても、そこには悲喜こもごも、さまざまなドラマがある。

 

そのことに一瞬でも思いを馳せれば、楽しかったことを綴りはしても、何度も何度も強調し続けるという無神経な行為はとれないはず。

 

ただ、自分の幸せだけが大事なひとにとってはその限りではないようですが…。

 

 

ポルシェを購入する前に寄付の話のひとつも出ればいいのに

 

世の中はかくも理不尽なのかと、年金5万5千円で人助けに明け暮れる尾畠さんと、飲み食いだけのブログしかないような麻耶さんの月収300万以上の現実を考えるたびに怒りがこみ上げてきます。

 

何かあれば「大丈夫ですかぁ?」の言葉をブログに一行書いただけで済ます麻耶さんと、自腹を切って、被災地に迷惑が一切かからぬよう「ボランティアをさせて頂く」精神で梅干しだけをおかずに、車中泊する尾畠さん。

 

一般人になってからも芸能人枠を最大限に利用して荒稼ぎする人と、
皆さんのおかげと恩返しの気持ちから無償で人助けに明け暮れ、一切の対価を受け取らない信念を持つ人と、

 

ほんとうに色々と考えさせられます。

 

麻耶さんの今日15:45に更新されたブログは、タイトルが「幸せ太り」。

 

なんだか身体が重いなと...
 
た、た、体重計乗ったら!
 
いつの間にか...
 
三キロプラスに
Oh  My  God 

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログ)

 

とどうでもいい情報が綴られ、その後には、

 
いわゆる...
 
幸せ太り... !?
 
ということにしておきましょう
 
いい理由があって良かった。

とコメント。

 

ただの糖質の過剰摂取が原因だと思われます。

 

それにしても、

 

いい理由があって良かった

 

という言葉が怖かったです。
これ、今までもたくさん心で思ってきたのだろうなと。

 

いわゆる、心の声がつい出ちゃったという感じですね。
 
最後には、自分の左頬骨の肉を左手でつまむ自撮り画像をアップし、画像の下には、
 
◆ぷにぃ〜
 
という言葉も添えてあり、
 
ただの食べ過ぎですネ...笑笑
 
認めます
 
今夜は、納豆だけにします笑
 
 
いや、絶対、無理... 笑

 

「笑」だらけの自虐風にしてますが、現実として、こんな稚拙すぎる内容だけで月収が300万近くいくのだとしたら、それこそ笑いが止まらないでしょう。
 
自分さえよければいいの真逆にいる、人助けの日々の尾畠さんが月5万5000円。
自己愛と自己顕示欲のかたまりのようなブログにいそしむ麻耶さんが月300万円超え(あるいはそれ以上かもしれないが、詳細は不明)。
 
確実に世の中間違っていますね。
 
ではまた。
 

 (引用元:「小林麻耶オフィシャルブログ」より

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ