毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

山本KID徳郁インスタで現在がん闘病告白!刺青と因果関係は

 

 

ころもです。

 

K1が割と好きなので、本日配信された『スポニチアネックス』の記事には驚きました。

 

神の子と言われるほど強靭なイメージしかなかった格闘家、山本KID徳郁さん41歳がなんと現在「がん闘病中」であることをインスタで発表したというではないですか。

 

「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」

 告白といっても大まかなもので、部位やステージについては何も語られてません。

 

本人は、

「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」

と決意の言葉を示していますが、それが「何の」ガンなのか、またステージはいくつなのかを言わないことがその深刻さを表しているようで、コメント欄でも若いだけにその進行の早さを懸念する声が目立ちました。

 刺青とガン 因果関係はあるのか

 

奇しくも今日、りゅうちぇるさんのタトゥーについて言及する記事をアップしたばかりなのですが、この山本KID徳郁さんもたくさんの刺青、タトゥーをしていることで知られていますね。

 

りゅうちぇるさんタトゥーに関する記事はこちら

 → りゅうちぇる タトゥーインスタ掲載は賛否両論が正常では!? 

    

 

タトゥーについては最後は自己責任といい切ったわけですが、今回の山本さんのガンとタトゥーに因果関係はあるのでしょうか。

 

調べてみたところ、

◆傷から感染が起こる
◆アレルギー症状が出る
◆安全に医療行為を受けられなくなる

といったデメリットがあるだけじゃなく、

 

不潔な針を使用したことによるC型肝炎ウィルスへの感染問題などもあるようですね。

 

C型肝炎ウィルスは、しばらくしてから肝硬変や肝臓がんになる可能性がとても高い病気といわれています。

 

なんでも肝臓がんの原因の80%はC型肝炎ウィルスだというのですから、タトゥーまみれの身体とガン発症に何の因果関係もないといい切ることはできないかもしれません。

 

ガンを公表をした芸能人の方の最後が…

 

思い出すのは38歳という若さで亡くなったET-KINGのリーダー、イトキンさんのことです。

 

かなり目立つタトゥーを入れていましたね。

 

亡くなる前年(2017年)8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、それからわずか5ヶ月足らずで「がん性心膜炎」のため病院で亡くなられた。まだ38歳、元気な印象の方でした。

 

思えばガンを公表した8月の前月に、

「ステージ4の進行がんであり、リンパ節、脳にも転移している」状態だったらしいので、公表した時点で本人にはすでに余命などの話はされていたことと思います。

 

41歳と38歳と年齢が近く、タトゥーをたくさん入れているという共通点もある二人がともにガン発症。

 

個人的には二人とも生命力に満ち溢れた人という印象が強かったため、その二人ともがガン闘病という経緯を辿っていることになかなか実感がわかないのですが、実感がわかないもなにも、イトキンさんは無念にも38歳で亡くなってしまわれたわけですから、やはり怖いほどの現実がそこにあることは認めるしかないのかもしれません。

 

しかし、イトキンさんのときのガン公表はその部位もステージも発表されましたが、今回の山本KIDさんの場合は「ガン闘病」ということしか知らされていない。

 

どの部位がガンなのか。
ステージ1なのか、2なのか、2Bなのかそれ以上なのか。

 

現時点では何もわかりません。

 

ただ、知らされていないからこそ考えが深まるのですが、初期段階であれば治る可能性が多分にあるわけなので、その時点でファンや世間にがん闘病中であることを公表する必然性はあるのだろうかということ。

 

初期であったなら、おそらく公表はしなかったのじゃないかと思うだけに、その進行度が気になるところではあります。

 

先月までは自身の姿をインスタアップしていたのに、今月はないというところからすると、治療によって変化してしまった現在の姿を見せたくないという心境なのだと推察してしまいます。

 

今回ステージがいくつかの発表はないわけですが、今日ガン公表したインスタの2つ前、8月17日のインスタにアップされた写真に映っている、スマイルの黄色い人形の左手が、とても意味深に思えて、何かメッセージ性のあるものなのかと思ってしまいました。

 

その左手は下げられた右手とは裏腹に高く上がっていて、パーの形をしており指が4本なのです。

 

まさかとは思いますが、写真の背景とこの人形の関連性があまり見いだせなく、また一番目立つのがプラスティックで出来ている風のこの人形の左手で、その指が4本というのが気になって仕方ありません。

 

ただの偶然、たまたま撮影した道具のひとつかもしれないですが、このインスタアップの2つあとのインスタでのガン闘病告白であったために深読みしてしまいました。

 

強い精神力の山本KID選手が元気に帰ってくることを信じましょう。