毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 哀れ「TBSの会社員でした」発言と実態なき新婚生活!?

 

 

ころもです。

 

ヤフーを開くと嫌でも目に入ってくる「自称一般人」の麻耶さん。

 

がっぽり稼ぐ「芸能人枠」ブログのトップ画面の麻耶さんは一体いつのときの麻耶さんなのでしょう。

 

これ、いい加減変えたらいいと思うのですが、よほどお気に入りなのですね。

 

チューブトップで裸を連想させるほどに肩出しし、光で飛ばしまくっているこの写真はおそろく、10年以上前のものなのじゃないでしょうか。

 

芸能界にいてもそろそろ現実の年齢に近い写真と切り替えたほうがいいだろうに、一般人になって最大のブログチェンジのチャンスが訪れたにもかかわらず、なおも芸能界時代の、それも若かった頃の写真を使い続ける。

 

哀れすぎる。

 

しかし、未練は若かりし頃の写真だけではありません。


昨日の内容も読む人が読めば、「過去の栄光」ともいえない「ただの在籍」でしかなかったアナウンサー時代を語っていましたっけ。

本当は芸能人で居たかった、そう言ってしまえば楽になる!? 

 

芸能界、辞めたくなかったんですよね? 麻耶さん。

引退後のブログ内容のどこをどう切り取っても、麻耶さんの芸能界への執着、未練は行間からにじみ出すぎるほどににじみ出ています。

 

見て欲しい、知って欲しい、騒いで欲しい、ああ目立ちたい、
でも、都合が悪くなったら一般人で行こう。

 

そんな感じの思考回路なのかなと思わせるほどに、単調で短絡的なブログ内容になっていることはおそらく自分自身もわかっていながら、お仕事として家族のために「全身全霊」でブログ更新を頑張っているのだと思います。

 

明日の米炊きよりは、真夜中の更新。

 

確かに、家庭によっては奥様にそれを求める場合もあるでしょう。

なので麻耶さんの新婚家庭では「食事はプロ頼み、ブログは妻頼み」という図式ができあがり、それでうまく回っている(少なくとも今のところは)ということなのだと推量しています。

 

ある意味、あっぱれ!
日本中のヤフコメが非難一色に染まろうと麻耶さんはやり続けることでしょう。
鋼の強さですね、メンタルが。

 

 

 

知ってました!? ”忘れないでね”と言いたいのでしょ

 

 

昨夜23:43に更新されたブログタイトルは、「TBS※マイナビBLIZ」。

 

毎度、遅くにスミマセン
 
この時間になるとホッと一息
ブログを綴りたくなります。
 
 
今日は、久しぶりに赤坂 へ

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより) 

TBSの外観写真が掲載され、

 

◆TBSの建物を下から見上げるのが好き

とコメントが付き、

 

2003年から6年間、
TBSの会社員でした。
 
懐かしい!と歩いていると
アナウンサーの先輩にバッタリ。
 
 
『おめでとう!』
と、変わらぬ美貌と優しい柔らかい雰囲気で
声をかけていただきました。
 
ありがとうございます!
 
目的地は、TBSの目の前にある
マイナビ BLIZへ

と続きます。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより) 

 

そしてマイナビBLIZの建物の画像がアップされると下には、

今日8月24日は
Aqua Times さんのデビュー13年の日!
 
 
献血推進のプロジェクトで出逢ってから
キーボードのmayukoちゃんと
プライベートでずっと仲良し。
 
年内での解散が決まっている
mayukoちゃんの演奏を
思う存分、堪能してきました!!
 
帰りは、夏サカス 2018 を満喫。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

というコメントが入り、その下には、TBSの社屋を背景に小さく映り込んでいる麻耶さんの胸から上までが映っている写真が1枚掲載されていました。

 

一瞬、マラソンランナーの高橋尚子選手、Qちゃんかと思いました。

目がつぶらなのに笑ったときの口の開きが大きいので、そういったところもちょっとQちゃんを彷彿とさせるのか。

 

赤坂サカス、 
噛まないように 練習したなぁ笑 
 
おやすみなさい⭐︎

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

麻耶さん芸能界に戻りたそう。
 
TBSの会社員でした、って……
 
今さらそんなこと言うなんて…なんだか無性に哀れ。

おめでとうと声をかけてくれたアナウンサーは、それしか声がけしてないのでしょうか。

立ち話もなく、「はーい!」ぐらいの勢いの「おめでとう!」程度だった感じなのかな。業界でも麻耶さんの電撃婚や電撃引退は好印象では受け止められていないでしょうから、そんなものなのでしょう。

 

 

ご主人はまるで、外出・外食要員のよう…

 

今日は11:05にブログ更新。
タイトルは「入籍1ヶ月」。

 

しかし……

 

この1ヶ月、手料理なるものは味噌汁ひとつ、ご飯茶碗ひとつ、箸すら掲載されず、セブンイレブンといったコンビニ周辺での目撃ばかり。

 

極めつけが、セブンイレブンの納豆味噌汁が大好きというコメント。

つまり、料理はしていません〜んと言ったも同義語ですね。

これが麻耶さんの1ヶ月、そして今の状態ではこれからも続く新婚家庭の食卓にのぼるメニューといったところなのでしょうか。

 

麻耶さんがと特定するわけじゃなく、男性は料理ができる女性を選ばないと命を縮めます。というか、それ以上に、一度きりの人生大変勿体ないなとつくづく感じますね。

 

料理が上手ということ、料理が美味しいということ、これは経験者はみなわかることですが、とてつもない人生の喜び、楽しみ、幸福です。

 

選ぶ相手を間違えてしまうと、毎日、毎食味わえる幸せを他人の場所、手を煩わせてじゃないと味わえないということになる。

 

単純に、もったいないなぁと、心からそう思いますね。
女性は料理上手、もしくは料理を作ることに果敢にチャレンジしようとする精神ぐらいは持っている、そういう人がいいです。

 

さて、肝心のブログ内容は、

いつもいいね
コメントありがとうございます!
 
 
土曜日いかがお過ごしですか?
 
私はこれから主人とお出かけです。
この日を楽しみにしていました〜 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とあり、
 
昨日で入籍1ヶ月!
 
記念日ランチに
連れて行ってもらいました。
感謝♡
 
インスタに投稿したお写真です。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

ということで、インスタに投稿したものと同じ写真を掲載。
それぞれが右手でグラスを握り、ジュースで乾杯といった写真ですが、なんだかたまの休みに職場の同僚やボーイフレンドたちとお茶するぐらいの頻度というのか、写真しかないのですね。
 
豪勢じゃなくてもいいから自分が愛する人のために作った手料理を前に「いただきま〜す!」といったぐらいのカオナシ写真ぐらい撮れそうなものなのに、一緒に暮らしている、家でご飯を一緒に食べているという気配が一ミリもない。
 
本当に、愛している二人の暮らしなのかなと申し訳ないぐらいに疑ってしまう。そっけない、友人同士のお茶会ブログみたいになっています。
 
花火大会や動物園や水族館やプラネタリュウムや、いろいろ楽しめる場所がたくさんあるのだから、そういうところに麻耶さんを連れていってあげればいいのに、いつも写真週刊誌に掲載されている以外の写真は麻耶さんが単独行動しているような雰囲気なのが気になります。
 
もしかしてまだ同居はしていないのかな?
菊川怜さんみたいに。
 
乾杯風の写真の下には、
 
毎日ありがとう♡
 
と添えられ、
 
よせばいいのに誕生日メッセージが今日も。
 
8月25日生まれの方
お誕生日おめでとうございます
自分だけの時間を大切にしてくださいね
時には一人になることも大事です!
素晴らしい一年になりますように

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

と徐々にそのメッセージ内容も増えてきているような感じ。
これは再開の可能性も出てくるかも…。
 
新婚生活であまりにも語るべきことがなくなったら、再開する予定でブログから外さずにいるように思えてきました。
 
しかしブログ収入目当てのブログであることが週刊誌やヤフーに載ったことが契機となってか、この5日ぐらいで約800〜1000人近く読者登録数(現在の名称はフォロワー)は減ってきていますね。
 
更新すればするほど読者、フォロワーが減っていくブログ。
都合の悪い「銀座の違反行為」には一切触れずにお気楽ブログを続けても、それは誰の心にも響くことはないでしょう。
 
自明の理です。
 
ではまた。
 
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)