毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

危険な「市販薬」はこれ!風邪の副作用で死亡も!?FRIDAY公表

 

 

ころもです。

 

皆さんは「スティーブンス・ジョンソン症候群」という名前を聞いたことがあるでしょうか。

 

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの所長、中村祐輔氏は、

「スティーブンス・ジョンソン症候群は、乳幼児から高齢者まで年齢や性別に関係なく発症します。急激に悪化する場合があり、水疱はすぐに破れてただれた状態になり、出血や激痛を伴います。多くの場合はステロイド薬の点滴治療などで回復しますが、皮膚のケロイドや呼吸器の炎症が長引き、閉塞性細気管支炎などが後遺症として残ることも。重症となれば尿道や肛門の周辺、上気道粘膜や消化管の粘膜まで炎症が広がってしまう。その結果、失明したり、場合によっては、呼吸不全や多臓器不全から死に至ることもある難病です」

と説明しています(参考元:FRIDAY 2018年9月7日号)。

 

今まで原因不明、または体質だと考えられてきた薬剤による難病も、実は患者が「ある遺伝子」を持っていることが原因で起こることがわかってきたというのです。

 

場合によっては呼吸不全や多臓器不全から死に至ることもある難病「スティーブンス・ジョンソン症候群」なるものが「ある遺伝子」を持った人が特定の成分が入った薬を服用することで発症するというのですから、これは聞き捨てなりません。

 

【関連】驚!この3年で新・副作用が見つかった「有名薬」実名リスト

 

医学は日々進歩しているのだ

 

これまでは抗生物質や解熱鎮痛消炎剤、てんかん治療薬、カゼ薬、痛風治療薬などの処方薬や市販薬を服用した後に異変が起きていたのに、原因がわかっていなかったため「薬剤の副作用」として表記されるにとどまっていたものが、

 

実は…、

 

特定の遺伝子(HLA-B1502)を持つ人がてんかん治療薬『カルバマゼピン』を服用すると、スティーブンス・ジョンソン症候群の症状がほぼ100%の確率で起こるということが台湾の研究者から『Nature』 誌に報告されたのだから驚愕です。

 

しかし、日本人の場合はこの台湾で報じられた遺伝子とは別の遺伝子(HLA-A3101)が強く関係することが判明。

 

さらに、てんかん治療薬のみならず痛風治療薬『アロプリノール』による発症も「HLA」に関係することがわかったというのです。

 

台湾ではこの「てんかん」や「痛風」の治療をする際に患者に対し遺伝子検査をあらかじめ受けてから投与するという体制が整っているとうのですが、なぜかしら日本では何の対策も取られていないというではないですか。

 

専門家の間では、これら「てんかん」や「痛風薬」だけじゃなく、処方薬はもちろんのこと、市販の風邪薬に含まれている、「ロキソプロフェン」や「アセトアミノフェン」、「ジクロフェナク」による副作用もHLA遺伝子が関係している可能性が限りなく高いと見られているのだそう。

 

FRIDAYが「ロキソプロフェン」を含有する市販薬を製造している製造会社にアンケートを行ったときの回答がまた恐ろしい。

副作用と特定の遺伝子の関係について彼らは、

「認識している」
「発症リスクが高いと理解している」

と回答しているのです。

 

製造元はスティーブンス・ジョンソン症候群発症の可能性があることを商品の添付文書に注記しているという現実があるというのに、厚生労働者は「遺伝子解析」の整備を進めようとはしない。ここに日本の闇を感じますね。

 

闇というのか無責任さというのか、

 

遺伝子解析が整備されれば、市販薬を飲んだことで死に至るという危険性を限りなく低くできるだろうに、それをわかっていてしないということは一体どういう怠慢なのか。

 

理解に苦しむ時間も勿体ないので、自ら情報を集めるのが先決かもしれません。

 

 

だいぶ身近な市販薬なのじゃないだろうか

 

では、誰でもが買えてしまう危険な市販薬を『FRIDAY』2018年9月7日号掲載分からご紹介させて頂きます。

 

 

 

〜危険な「市販薬」リスト〜

 

 

・ロキソニンS (第一三共ヘルスケア)

・ロキソニンSプラス (第一三共ヘルスケア)

・ロキソニンSプレミアム (第一三共ヘルスケア)

・コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα (興和)

・バファリンEX (ライオン)

・ロキソプロフェン錠「クニヒロ」 (皇漢堂製薬)

 

・ロキソプロフェンソフトカプセル「BMD」

 ※今年5月で販売終了 (ビオメディクス)

 

・ロキソプロフェン錠「AX」 (奥田製薬)

・ロキソプロフェン錠「GX」 (奥田製薬)

・ロキソプロフェン錠M (皇漢堂製薬)

・ユニペインL (小林薬品工業)

・エキセドリンLOX (ライオン)

・ハリー解熱鎮痛薬L (小林薬品工業)

 

上に挙げたのは、ロキソプロフェン配合の内服薬。主成分に「ロキソプロフェンナトリウム水和物」と明記されている。使用後、一度でも身体に強い異変を感じた場合は注意が必要だ。使用者が、あるHLA遺伝子を持っていることで現れた副作用の可能性がある 

 (引用元:『FRIDAY』2018年9月7日号)

 

優れない体調をどうかしたくて薬を飲むのに、その薬によって健康を損なうとしたらこんな理不尽なことはない。

 

厚生労働者に求めることは大事かもしれないけれど、こうして入手した情報をしっかりキャッチして、今日の自分を生かすための具体的な行動、方策というものが何事においても重要になっていくことと思います。

 

自分自身、大事な人たちを守るためには「知らなかった」では後の祭り、後悔先に立たずです。

 

ではまた。

 

【おすすめ記事】

週刊ポストが公表!「命に関わる市販薬の副作用」実名リスト 

週刊現代が公表!名医が自分や家族に買って飲んでいる市販薬

やってはダメ!「健康食品と薬の飲み合わせ」週刊ポスト公表

あの鼻炎や風邪薬も!?飲み過ぎで認知症になる市販薬リスト 

ポスト発!4年以内に公開された新たな「副作用」あの有名薬も