毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶 また!?「主人といるとほんとにミラクルが多い」

 

 

ころもです。

 

なんと午前6時20分に「花火!」という題材でブログ更新。

 
おはようございます。
 
いつもいいね!
コメントありがとうございます。
 
日曜日、いかがお過ごしの予定ですか?
 
わたしは今日までは、
ゆっくりのんびりの予定です

いつまでも暇してるわけじゃないのよ、ということかもしれませんが、そんなことより何より、時系列がバラバラ過ぎてブログが崩壊してますが大丈夫でしょうか。

 

昨日の午後11時9分に更新されたブログの内容は、たしか北海道で食べた醤油ラーメンの話でしたよね。

 

確かに昨日の午後10時44分の「信玄みそラーメン」タイトルの中に、突然、「北海道旅行記」の続きです、という下りがあって「?」と思いましたが……

 

本当に分かりづらいブログです。

時系列通りに投稿するとなにか都合の悪いことでもあるのでしょうか。

 

推量するに、時系列がバラバラだと読み手が混乱して、何度も何度も投稿を見直すためにアクセスするので、それによってブログ収入が増えることを見越しているのだろうなと、つまりブログ収入を増やすための「策」のひとつとして、あえて時系列をわかりにくくしているのだろうなと思っています。

 花火シーズンなので少しもミラクルじゃない

 

虚勢を張るためだけのブログと化してしまった麻耶さんの「本来は読者への恩返し」のはずだったブログは、「誕生日数秘」シリーズがコケてしまったので「お惚気」シリーズに切り替えたようですね。

 

ただ非常に残念なのは、お惚気というのはふつう「人も羨む」ものであって欲しいのですが、読むごとに「お気の毒」な気持ちになるばかり。

 

実体が感じられないし、言葉だけが連なって心がまるで喜んでいない。

知りうる限りの言葉でおそらく自身の幸せを伝えようとしているのでしょうが、表現が拙すぎて逆効果になってしまっている。

 

作家・ライター部門にカテゴリーを変更したのは、能力が備わりますようにという麻耶さんの願望を込めたものなのかもしれないですね。

 

書けるから「作家・ライター」じゃなく、書けるようになりたいから「作家・ライター」部門へ入門、みたいな意味合いというのか、願望、羨望のような気がします。

 

本というのは誰でもお金を惜しまなければ自費出版なるもので堂々と作家デビューできるので、それをもってして作家になるということでは当然ないですし、ゴーストライターを雇って名前だけ自分という芸能人出版の本だらけなので、そこは問題視すらされてないというのが現状でしょう。

 

 

好きにしたらいいと思います

 

さて、麻耶さんの今朝の「花火!」ブログの続きですが、

 

わたしは今日までは、
ゆっくりのんびりの予定です! 

 のあとは、

お仕事の方、お疲れさまです。
受験生の皆さま、ファイト〜
昨日は
私が通っていた高校の近くを
お散歩デートしました。
結婚しないで気楽に生きていくと
思っていたので
主人と懐かしの思い出の場所を
一緒に歩くなんて...
何だか、ふしぎな感覚でした
 
途中、突然、花火のサプライズ

 と綴り、花火がパッと開き終わって地上に堕ちる最初の感じの、申し訳ないですが、しょぼい花火の画像が1枚添付されていました。

 

この夏、肉眼で観た花火はつまり「これだけ?」ということでしょうか。
長岡の花火大会の話もブログに以前あげていましたが、それは自分が観たわけじゃなく、おそらく高橋真麻アナが送ってくれた花火画像をUPしたものでしょう、名前こそ出してませんでしたが、自分も花火を観たいようなことを言ってたので。

 

なんだか可哀想になってきました。

ころもはもう、この夏だけでも相当数の花火を観ています。それもだいぶゴージャスな。

なので今回の麻耶さんの、

 

ミラクル  ですね!
 
主人といると、ほんとに
ミラクルが多い
 
綺麗だったなぁ 
 
初めて、一緒に生で見た
花火となりました♡ 
 
あ、朝から惚気シリーズでしたッ♡笑♡ 
 
今日もあなたにとって
幸せを感じる時間が
1秒でも長くありますように 

 と花火画像の下に添えられた言葉を読んで、なんだか可哀想な気持ちに。

 

今が旬なのに、どこかの花火大会にでも連れていって貰えないのでしょうか。
主人といると、ほんとにミラクルが多いというより、ご主人は花火を観ただけで「ミラクル」と興奮してしまう新妻に、本当の花火大会を観せてあげることはしないのでしょうか。観せてあげたいと思わないのでしょうか。

 

可哀想。

 

足がないの?
だからポルシェを見に銀座へ行ったとか。

 

「朝からお惚気シリーズでしたッ♡」といわれなければ、どこがお惚気なのか全く気づかずです。

 

だって、あまりにも貧相な新婚生活だから。

 

セブンイレブンを往復するような新婚生活では、読者の誰もがウラヤマシイどころか、「これから長い人生、大丈夫かな」と心配して声をかけ続けることでしょう。

 

FRIDAYに激写された麻耶さんは、長年の偏食や外食がたたっているのか実年齢よりだいぶ老け込んだように見受けられました。

 

外側を塗り込んでも若さは保てないですよ。

たまのゴージャスな料理より、日々のブロッコリーやきのこ、海藻にオリーブオイル、ナッツに発酵食品、こういう食生活が心身を若く健康に保つのです。

 

8月19日生まれの方
お誕生日おめでとうございます!!
素敵な一年になりますように♡
 
 
8月18日生まれの方
1日遅れてしまいましたが...
Happy Birthday!!!!
笑顔たくさんの一年になりますように

 最後はまたも誕生日祝いの言葉でしめていますが、そんな気持ちがあるのなら、なぜ不如意にできもしない「誕生日数秘」などやって、ぬか喜びさせたのですか。

 

今か今かと待っていた読者もなかにはいたでしょうに、何も祝って貰えない時以上にその方たちを失望させ、惨めな想いにさせてしまったことを少し想像しましょう。

 

 

一般人となってからも「芸能人枠」で生活の生命線をしっかり維持している麻耶さん、収入に直結するものに関してはなかなか精力的ですね。

 

まだ各地で花火大会もたくさんありますから、今年の夏の想い出に、ミラクルでも何でもない、普通にあちこちで上っている花火を是非ご主人と観に行ってください。

 

この季節、歩いていて花火があがるのを目にするのはミラクルではないので。

 

 

ではまた。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ