毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 子宮・スピリチュアル系有名人との蜜月!?を暴露される

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

結論から言えば、何を信仰しようと個人の自由。
そういうことになるでしょう。

 

ただあくまでもそれは個人レベルの場合であって、数字の実体の真偽はこの際別とし、表層的には「195万人」を抱える読者登録数を持つ、いわば「影響力と拡散力」のある有名人の場合はその限りではありません。

 

本日8:50に配信された『女子SPA!』の淡々とした記事の意図するところは、昨日今日の自称「一般人」になった麻耶さんの話ではなく、引退宣言してもなお多数の読者登録を抱え持つ芸能ブログに固執し、その影響力について考えることもない麻耶さんの奔放な言動・現状について、世間の皆様にも警告を発しておきましたからね、ということじゃないでしょうか。

 ようやく世間に知れ渡ることになった”周知のこと”

 

麻耶さんの全ブログを読まずとも、近々の言動を拾い上げるだけで彼女がスピリチュアル系にのめりこんでいるということは容易にわかることです。

 

だからといってパワースポットや宇宙の不思議そのものが汚されるものでもないし、罪なわけでもない。

 

この世には謎がひしめいているし、不思議な能力を有している人々が大勢いることも事実であって、それら存在が今回の記事のせいで歪められ、曲解されてはならないということも冷静に受け止める必要があるでしょう。

 

しかしそういう前提を書くということは、まさに例外があるということでもあって、

 

たとえば……

 

能力とは無関係、不思議世界の圏外で私利私欲に蠢く人間たちによる洗脳活動、それによって財産や家族、人生そのものを失ってしまう人々も生まれてしまう、そんな危険な入り口になってしまうという性質、側面も有してしまうものでもあるということ。

 

一般人になったのだから195万人超えの読者に何をどう宣伝しようと語ろうと、それは麻耶さんの自由だし他人が口を挟む問題じゃないというのは、その一点においても違うというのは、まさにその「危険への入り口」になる可能性が高いという判断からでしょう。

 

 

スピに心酔というレベルの、そのさらに上のレベルか!?

◆かなり前からスピに心酔していた麻耶さん

 以前からブログ等にスピリチュアル系の話題を度々書いていた小林麻耶さん。たとえば2015年10月4日には、“引き寄せの法則”界のカリスマ、パム・グラウト女史と対面して大喜び。麻耶さんと仲良しらしい「Happyちゃん」(日本の引き寄せ業界の人気者)らと一緒に写真に収まっています。

 その後も麻耶さんのスピ傾向は加速しているようで、今年8月5日に開設したインスタグラムでは、都内のセブンイレブンや明治神宮宝仏殿の写真を「#パワースポット」のハッシュタグつきで投稿しています。

 またスペイン・イビサ島の近くにある世界で一番磁場が強いといわれるエスベドラ島を訪れた際は、「突然っ!! 身体が動き始めました。本当に、ビックリです!! こんなことって、あるんですね」と岩場でヨガを行う姿を公開しました。 インスタグラムでは、一つ一つの数字に特別な意味があるとされる「数秘術」に関するアカウントを2017年から持っており、「数秘&カラー上級プレゼンター」の資格まで取得している入れ込みようです。

(引用元:『女子SPA!』8/11(土)8:50配信)

 

ようやく表でも、スペイン・イビサ島という文字が出るようになりましたね。これまでは事務所が守ってくれていたのでしょうが、そういう後ろ盾もなくなったので、これからはあることあること、出てくることでしょう。

 

冷静に見て、「突然っ!!身体が動き始めました。本当に、ビックリです!!」 という言葉を笑顔で受け止めてあげることは難しいと思います。

 

記事はさらに麻耶さんの裏の付き合いを暴露していきます。

 

◆スピリチュアル界の有名人とのつながり

 ここまでなら、その辺にいる占い好き女子と大差ありませんが、麻耶さんの場合はその界隈の有名人ともつながりがある模様です。

 たとえば、“大勢に笑いと勇気を届けることを心棒としている”ミュージシャン・さとうみつろう氏。ブログ「笑えるスピリチュアル」が人気を博し、著書『神様とのおしゃべり』(2014年)が20万部を突破した人物です。

 麻耶さんは、さとう氏の大ファンで、2015年にはサントリーホールのイベントに足を運びツーショットを撮ってブログにアップしています。このイベント、さとう氏の学芸会レベルのピアノを聴きながら瞑想したり涙を流したりするのですが、2000人とかのチケットが完売するというからスピ人口の多さにクラクラしますね。

 さとう氏は他にも、「【人間】だけが電気的に地球から切り離されています」「『はだし』にさえ、なれば。地球の全ての仲間と、瞬時に『繋がれる』のだ。」(ブログより)ということで、はだしで行進したりしてます。

「それでも地球はあなたを見捨てない」「2032年の予言」「宇宙は万能な裏方さん」などブログタイトルだけでも香ばしすぎるのですが、麻耶さんはさとう氏の著書に「この本にしばらく引っ張ってもらう」と心酔しているようです。

 また、麻耶さんのスピ人脈のひとり、「子宮委員長・はる」さん。子宮の声を聞くという霊能力者を自称し、「子宮系女子」の第一人者です。麻耶さんは2016年、はるさんと、「世界は自分で創る」を体現したと自称する女性ブロガーHappyさん(前出)と3人で武道館でトークライブを開く予定でした(熊本地震のため中止)。

「子宮はあなたのことが大好きなの!愛してるの!!」「子宮は5次元で宇宙。膣は4次元で時間。」などと訴える、子宮カリスマ・はるさん。3年ほど前まで、ジェムリンガと呼ばれるパワーストーンを膣に挿入すれば幸せになれるというトンデモ説を布教しており、女子SPA!でもその危険性を医師が指摘しましたが、さすがにこの商売からは手を引いたようです。

 現在はるさんは、会わずに霊視だけで3000人の個人鑑定書(約3万円)を書き、2週間で1億円を荒稼ぎするなど、子宮の5次元パワーを炸裂させております。

 ほかにも麻耶さんのブログにはスピリチュアル界の有名人と一緒に写った写真などが多数アップされています。

 麻耶さんはもともと周囲の期待に応えようとするタイプだったらしく、自分を追い詰めてしまう生真面目さや、妹・麻央さんの死去で、スピリチュアルへの傾倒が加速してしまったのでしょうか。

 麻央さんといえば、手術や抗がん剤や放射線など「標準治療」を拒否して、気功など「民間療法」を選んでいたと報じられました。大学病院に入院しながらも、高温水素風呂につかればがん細胞が消えるとする「水素温熱免疫療法」を行うクリニックに最後まで通い続けていたそうです(同クリニックの院長はその後、さい帯血無届け投与で逮捕され、有罪判決を受けています)。 

(引用元:『女子SPA!』8/11(土)8:50配信)

 

だいぶ踏み込みましたね。

「会わずに霊視だけで3000人の個人鑑定書(約3万円)を書き、2週間で1億円を荒稼ぎする」

そういう人物と麻耶さんが親しいということだけでなく、現実世界に存在する武道館で麻耶さんがトークライブを開く予定だったということも記しているわけです。

 

さらに言及すれば、

 

「子宮系女子」の第一人者である人物と、「日本の引き寄せ業界の人気者」Happyさんというその道のトップといっていい存在の方たちと麻耶さんが蜜月状態で、ビジネスでも繋がっているということを彷彿とさせる内容になっているわけです。

 

「スピリチュアルに憧れるスピ女子」というレベルじゃなく、麻耶さんがそういう女子たちを率いる側の人物たちと同列で語られているように感じたのは、ころもだけでしょうか。

 

どうしてもそう読めてしまいます。
間違っていたなら申し訳ございません。

 

記事の最後の部分では、標準治療を拒否して、気功や民間療法を選んだ麻央さんについて触れていますね。

 

麻耶さんの並々ならぬスピリチュアルへの傾倒、心酔を超えているような状況を示唆した流れで、標準治療を受けなかった麻央さんの無念の「死」を最後にもってくるあたり、今回の『女子SPA!』は、気功やヨガ、スピリチュアルに傾倒しすぎた姉、麻耶さんの影響が少なからずあったのじゃないかということを婉曲的に訴えているように解釈できました。

 

読み手の数だけ解釈はあると思うので、そういう解釈をしてしまう人もいるし、そう解釈出来てしまう今回の記事だったということになります。

 

なので、事実がそうであるかどうかの外にある、個人的な見解、感想ではあるということをご了承願います。

 

そういえば、その解釈を補強するような、記事にあった最後の2行がありました。

 

麻央さんのことを思うと、麻耶さんのスピリチュアルへの傾倒が心配になる人も多いでしょう。まだ目がさめないのか?と。 

(引用元:『女子SPA!』8/11(土)8:50配信)

 

まだ目がさめないのか?

 

ですか。

 

ということは……、

 

解釈が間違ってなかったということなのか?
この言い方は。

 

こういう記事、どんどん出てくるのでしょうね。

ではまた。

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ