毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵一家バカンス中のインドネシアでM7の地震!82人死亡

 

 

ころもです。

 

海老蔵さん一家がバカンスで滞在中のバリ島近隣で大地震が発生しましたね。

 

実は昨日、鎌倉市の由比ヶ浜海岸に亡くなっているクジラが打ち上がったということで、近く大地震が起こるだろうと話をしていたところなのでビックリ!

 

南海地震につながるのかと思いきや場所はインドネシアの観光地でロンボク島との報道があり、あれ?と思って海老蔵さんブログを開いたら、やはりロンボク島に近いバリ島もだいぶ揺れ、津波もあったようです。

 

 スマトラ島のM9.3を思い出した

 

現在、麗禾ちゃんや勸玄くんと一緒にバリ島でバカンス中の海老蔵さんのブログは、日本時間の7時半現在になっても更新なしの状態。

 

しかし、昨日最後のブログを読めば海老蔵さん一家は無事とのこと。

 

ご心配をおかけしました。
 
津波が来るとすると
海が引けることを知っていたので
その確認をすぐにし、
少し引けていましたが、
引け具合は地元の人に聞くと
このくらいは
たまにあるという情報も得て
地震発生時間と津波との関係性と
震源地とバリ島までの間に島がいくつかあることも確認し
とりあえず安全という判断をしました。
 
お騒がせして
すみません。
 
子供達も大丈夫です。
ありがとうございます。 

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより)

 

これは「13.5センチの津波が観測されたそうです。」という、日本時間の昨日22:31に更新されたブログタイトルでの内容ですが、四方が海のバリ島ですからとにかく津波が怖いですね。

 

海がメインな場所なわけなのに、その海が襲ってくるようなことがあったら子供たちにとっても一生のトラウマになってしまうでしょう。

 

それにしても、ピンポイントの場所でバカンス中だったのですね。

 

現地での発生時間は 午後7時46分。
日本時間では午後8時46分。

 

まさに夕飯時の時刻ですから、家庭によっては調理真っ最中という時間帯です。

 

M7 の地震が発生した現地時間、午後7時46分の時間に海老蔵さん一家はどうしていたかを見てみると、

 

ブログに記載されている時間は日本時間なので、これより1時間マイナスすると現地時間がわかります。

 

日本とバリ島の時差は「1時間」ですから、それで見ていくと、

 

タイトル「晩御飯」が日本時間で20:31、ですからバリ島時間でいうと19:31ということになり、この時間にはまだ地震が発生していません。

ラザニアやガスパチョ、神戸ビーフバーガーなどが並ぶディナー画像が美味しそうに画像UPされていました。

 

ブログによれば、この日のディナーは総勢12名。


このあと15分後にM7の地震が発生したということになるわけですから、まさにディナー真っ最中に大地震が起こったということになるでしょうか。

 

ディナー画像UPのあと、まさに大地震が発生して最初に更新されたブログタイトルは、

 

「揺れた」

 

です。

 

 

すごい揺れましたー

 

と、この一行のみ。

この更新が現地時間での20:36にあたるわけですから、大地震が発生してからほぼ1時間後ということになりますね。

 

この1時間に現地がどんな状況だったのかは、海老蔵さんブログじゃなくとも、普通にニュースとして今後報道されることでしょう。

 

確認は危険ですぞ

 

海が近いと大地震の揺れ以上に、その後の津波が怖いわけですが、地震発生から約1時間後の、現地時間20:49に、

 

「一応海へ引け具合を確認に」というタイトルのブログを更新。

 

最初に砂浜と先に広がっているのだろう真っ暗な海画像がUPされ、

少し引けてますが、
 
肉眼では驚くほど引けてはいないので
とりあえず大丈夫かと思います。
 
ご心配をおかけし
すみません
ありがとうございます。

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより)

 

と津波の様子を確かめに行った記述がありました。

 

これ、大変危険です。

 

東北大震災のときもそうですが、津波というのは一波だけじゃなく、何度も押し寄せることがあるし、一波より二波のほうが規模が大きいということもある。

 

M7の大地震が発生して1時間後に海を見に行くというのは大変危険ですね。

 

しかも、この時点で「少し引けてますが」というのは、まだ津波がくる可能性もあったわけですから、本当に危ないです。

 

とはいえ、四方が海ですから見に行かずとも同様の危険がある意味では一緒かもしれないですが。

 

それにしてもバリ島は先月2日にアグン山が噴火し、噴煙が約2000メートルの高さにまでなり、溶岩も半径2キロに渡って流出したばかり。

 

54年間眠っていたバリ島最高峰の山が昨年11月に噴火という経緯もありますから、まだまだ注意が必要ですね。

 

先ほど、07:28(日本時間)に「おはようございます」とブログ更新がありましたが、昨晩のM7地震がまるでなかったように、

 

昨晩は少し興奮?
していて四時ごろから起きてしまってまして
今うつらうつらしてからの、
麗禾
 
おはよ
 
さ!
 
今日はなにしようか!
 
海行こう!
 
となり
 
準備します
(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより)
 
というコメントが。
 
本当にバリ島にいるの!?
 
 
国家災害対策庁の報道官によれば、82人が死亡、数百人が負傷したとの発表があり家屋損壊、観光客や地元住民がパニックに陥り怯えた人々が通りに逃げ出したなどの報道がありましたが、バリ島はロンボク島のような被害はなかったということなのでしょうか。
 
いずれにしても、観光地であるロンボク島に観光シーズン真っ最中ということで集まっていた人々は驚いたことでしょうね。
 
20回を超える余震も起きたということで、まだまだ油断もできません。
 
日本も他人事じゃないですね。
 
亡くなった方々のご冥福をお祈り致しますm(_ _)m。