毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶の相手は優良企業の会社員!?結婚は5月に決まってた!?

 

 

ころもです。

 

謎が多すぎて、ついつい介入してしまう麻耶さんの後追い記事。

それにしても本人がほとんど情報を隠しているため、後から後から小出しに記事が出てきますね。

 

ダウンタウンのまっちゃんが冗談交じりの半ば本気かと思うような調子で語っていた、

「まさか嘘ってことはないですよね?」

が笑えなくなってきたのを見越したかのように、7/31零時ジャストに『女性自身』から、麻耶さんのお相手のわずかな情報が入ってきました。

 最初から「会社員」と言えばいいのに

麻耶さんのお相手とされる一般男性について、市川家の知人だという人は記事の中で、

 

「優良企業に勤める、真面目な会社員だと聞いています。交際期間も半年未満の“スピード婚”だったそうですが、短期間ながらも順調に愛を育んでいったのでしょう」 

 と証言しています。

(引用元:『女性自身』7/31 0:00配信)

実在する人物のようですね。

 

またテレビ局関係者は、

「お相手が一般男性ということもあって、麻耶さんサイドは事前に情報が漏れないように細心の注意を払っていたようです。今年の5月にはもう結婚が決まっていたそうですが、そんな素振りはまったくありませんでした。亡き妹さんのことを思い出して突然泣き出してしまうなど精神的に不安定な状態が続いていたので、正直意外でしたね」 

 と記事中で語っています。

(引用元:『女性自身』7/31 0:00配信)

 

関わる方、みんなとは言わないまでもかなり多くの人が麻耶さんの言動不一致さに振り回され、戸惑いを感じている様子が読み取れます。

 

結婚できないキャラと言われ続け39歳まで独身だった麻耶さんを射止めた男性はどんな人なのかと前振りをした後は、またもや市川家の知人だという人物の次の言葉を掲載していました。そのコメントは、

「優良企業に勤める、真面目な会社員だと聞いています。交際期間も半年未満の“スピード婚”だったそうですが、短期間ながらも順調に愛を育んでいったのでしょう」

というもの。

(引用元:『女性自身』7/31 0:00配信)

 

電撃、青天の霹靂、スピード……

 

それら言葉なくしては語れないほどのものだったのですね、今回の入籍は。

 

さらに市川家の知人はこうも述べています。

「交際当初はどちらかと言うと、彼の方から麻耶さんにアプローチしていたんです。麻耶さんも徐々に気持ちを開いていったのですが、なかなか結婚には踏み切れませんでした。でもある日、いろんなことを1人で抱え込んでしまう麻耶さんに『もう頑張らなくていいんだよ』という言葉をかけたそうです。それを聞いて、麻耶さんは号泣。いままでの不安が一気に解れたのでしょう。『この人となら大丈夫』と、プロポーズを快諾したといいます」(前出・市川家の知人) 

(引用元:『女性自身』7/31 0:00配信)

 

優良企業の会社員、これまた漠然としてますがこれはもう仕方ないでしょうね。

それにしても、5月に決まっていたということは、麻央さんの『偲ぶ会』以前には現在のご主人と結婚を前提にしたお付き合いがあったということになりそうですが、だとすると、あの『偲ぶ会』での「フラれたことになってる」発言というのは、本当は別に恋人がいるのにみんな知らないから、という想いで言い放ったということでしょうか。

 

まだ麻耶さんと知り合って半年も経っていないところへきてのスピード婚ということですが、まさかこのご主人の「もう頑張らなくていいんだよ」という言葉を、頑張らなくてはいけない、あるいは責任を果たすべきすべてに適応させた結果が、現在の「誕生日数秘完全放棄」につながっているということでしょうか。

 

それは違う、なにか違う、だいぶ違う

 

そんな声が思わず洩れてしまいました。

 

ただ、勝手に身体が動き出してしまうといって世界遺産の建物に奇怪なポーズをとって画像UPする麻耶さんの現在の精神状態を思うとき、やはり、それ以上のものを伝えることのリスクということを周囲の人々は考えてしまうのでしょうね。

 

もはや注意、忠告されることすらなくなった麻耶さん、ある意味本当にお気の毒に感じます。

 

でも、それ以外手立てがない状態なのだとしたら、適当な時期になるまでそっと見守るという選択をする以外ないのかも。

 

海老蔵さんにしても、あの画像を見たらさぞかし胸をなでおろしていることでしょう。強烈すぎます、ポーズもコメントも。

 

麗禾ちゃんや勸玄くんの成長も著しいですから、これからは麻耶伯母さんの新婚家庭が穏やかなることをみんなで祈ることにしましょう。

 

ついさきほど、この『女性自身』の記事を読んでご主人と笑ったというコメントのBlogを麻耶さんは更新しました。

 

唐突な入籍発表と、謎の多いお相手の存在のおかげでブログ読者登録数はずいぶんと増加しましたね。

 

それにしても、イビサ島のあの画像UPに何の助言もしないのか……不思議すぎ。

 

ではまた。

小林麻耶最新・関連記事はコチラ