毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶の結婚知らなかった!?ヨガ友ようやくブログで祝福コメ!

 

 

ころもです。

 

世間の声が届いたのでしょうか。

 

ヨガトレッチのkoyumiさん、いわゆる「ゆ、ゆ、ゆみお」さんですが、祝福コメントを掲載しましたね。

 

麻耶さんの入籍報告ブログがあっても一切触れないことが不思議でしたが、実を言うと、昨日コメントされた祝福コメントを読んでなおさら不思議さは増してます。

 

もしかしてkoyumiさん、本当に結婚のこと知らなかったのじゃないでしょうか。

 

 言わずに済むなら”言いたくなかった”レベルの扱い

 

こんな言い方をしたら失礼なことは承知で言えば、普段どうでもいいことでブログに麻耶さんとの親密さを公表していた人とは思えないような祝福の仕方に思えました。

 

入籍発表から2日遅れての祝福コメント。

 

それも、とてもじゃないですがコメントといえるほどの内容じゃないというのか、ついでのような「一言」でした。

 

それは、29日の22:33に更新された「ヨガトレッチスクール in京都」というタイトルブログの一番最後の最後、初出版の実用本の画像を掲載した下にちょこんと、

 

 

小林麻耶ちゃんキラキラ

電撃ハートご結婚おめでとうハート

 (引用元:小池田優美OfficialBlog)

 

とあるだけ。

 

まあこれで十分なわけですが、これまでの二人の蜜月を知っている読者たちにしてみれば、2日遅れである上に、ブログの一番下の下、自身初出版の実用本の下に申し訳程度に書いてあるということに、まず「?」と思ったものです。

 

この実用本、帯に『小林麻耶推薦』と書いてあり、もう何年前の麻耶さんですか?という写真も掲載されている。

 

つまり、この帯に麻耶さんの名前や画像があるために仕方なく祝福メッセージを載せなければいけなかったという感じに受け取れたのですね。

 

本当にお祝いの気持ち、おめでたいという気持ちがあるのなら、やはり気持ちよくブログの最初に持ってきたらいいのに、そんな気持ちにはやはりなれなかった入籍報告なのだなと。

 

 

海老蔵さんの「当然」、koyumiさんの「電撃」が表すもの

 

振り回されてますね。

マスメディアまで含め、みんな。

 

けれどもそれぞれ立場もあるし大人なので、そのフラストレーションをダイレクトに外に出しはしません。

 

そのジレンマなるものも間接的にちょっとした「言葉」から感じとっています。

 

たとえば、やはり遅れて祝福コメントをした海老蔵さんの、

 

当然おめでたいし嬉しい」

 

発言。

 

 

そして今回のkoyumiさんの、

 

電撃 ご結婚おめでとう」

 

にそれらを見ることができます。

 

 

海老蔵さんにしてみれば、当然嬉しいに決まってる。皆さんもよくご存知でしょう、といわんばかりの「当然」に聞こえるし、

 

koyumiさんにしてみれば、電撃だったんですよ、わたし全く寝耳に水だったんです、と腹立たしさと沈黙のワケを理解してといわんばかりの「電撃」強調に見える。

 

 

考え過ぎの解釈というよりは、そこを理解してあげなければ気の毒なほどに二人は麻耶さんの奔放さに振り回されたことを婉曲的に、当たり障りがない言い方で、でも、洞察鋭い人にはわかるやり方で表現したように想います。

 

 

ではまた。

 

小林麻耶最新・関連記事はコチラ