毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶が電撃入籍!ブログで「妊娠はしておりません」報告

 

 

ころもです。

 

青天の霹靂です。

その言葉を今日は使わせていただきます。

 

なんと驚くなかれ、というか既にヤフーニュースに取り上げられていますが、

 

小林麻耶さんが電撃入籍しました!

 

おめでとうございます!!

 

で、誰と!?

かなり驚き、相当驚き、非常に電撃! 

 

7月18日のブログを最後に約10日間あまり音信不通だった麻耶さん。

 

なんと、入籍発表です!!

 

ゆ、ゆ、ゆみおならぬ、お、お、驚きました!

 

 

それは驚きます。

 

妹の麻央さんが亡くなって一年あまり、なんだかんだといいながらいつまでも海老蔵さん一家に同居しているのかと疑われ続けるほど入り浸っている報道もあったのですから。

 

それもでも仕方ない。海老蔵さんの大ファンであることは本人が公言していたことだし、実際、麻央さん逝去後もありあまるほどの陽気さでハワイに温泉にと外出続きで、とてもじゃないですが、悲しみに打ちひしがれている人の姿ではなかったし。

 

それは時折ブログ更新がパタリ滞り、どうしたのだろう、メンタルは大丈夫なのかという様子はありましたが、それすら嘘だったのじゃないかと思うほどに、表層上とはいえhappyを繰り返すブログ。誤解も当然。

 

しかし、麻耶さんはなんと4歳年下の優しい男性と入籍したというのです。
海老蔵さんファンは胸をなでおろしたことでしょう。

 

麻耶さんにしても、不毛な時間を過ごすより、自分自身のオンリーワンの人生を歩むのがいいのです。そのことはずっとブログを通して伝えてきたことでもあります。

麻耶さんが自分自身を愛してくれる、自分独自の幸せを求めることが周囲の人間にとっての幸せにもつながるということは、折につけコメントしてきたことです。

 

それにしても、びっくりですね!

なんとなく、最近の出逢いなんだろうなと感じています。

 

4歳年下の一般人男性でしょうか。

お相手の情報というのが「4歳年下の優しい男性」というフレーズしかないので現時点ではこれ以上のことはいえません。

 

これが麻耶さんのブログ内容!

 

いつもブログを
読んでくださっている皆様へ
 
 
更新が滞り、ご心配をおかけしてしまって
申し訳ありませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
私、小林麻耶は 7月24日に
入籍致しました。
 
 
お相手は4歳歳下の優しい男性です。
 
 
たくさんの愛と光に満ち溢れた生活を送っていきたいと思っています。
 
 
 
結婚はしないと思っていた私が
まさかの結婚をすることになった
このミラクルは、
 
妹がいなくなり、
あまりにも私が悲しみ続けていたので
天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています。
 
   
 
 
 
これまで私と出逢ってくださったすべての皆様、本当にありがとうございます。
 
 
 
幸せを願ってくださり、いつも優しく、あたたかく、好きなタイミングで更新してねと言ってくださる大きな器のブログの読者の方々、 、、
心から感謝申し上げます。
 
  
 
  
 
 
 
 
妊娠はしておりません。
 
今後もたくさん働きたいと思います!!!
 
 
 
 
私は、これまで、ブログの読者の皆様に支えていただき、勇気、希望、励まし、優しさ、ここでは現せないほどの素晴らしい感情をいただき、前を向いてこられましたので、
 
ブログの読者の皆様に最初にお伝えしたく、
更新いたしました。
 
 
 
いつもブログに来てくださり、
応援してくださり、
心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。
 
  
 
小林麻耶

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

イビザ島へ旅をし、不可思議な画像を添付していましたが、最後の「Gracias♡」タイトルのなかで、イビザの文字が入ったキーホルダーを持つ指が男性の指に見えましたが、もしかしたら今回の旅はその方との旅だったのでしょうか。

 

旅を報告するブログのなかでも、「今日も素晴らしい出逢い」という表現を使っていたので、もしかしてこの旅で知り合った人と急速に親しくなり、そしてその熱冷めやらぬうちの入籍なのでしょうか。

 

いつからのお付き合いなのか、そもそもお相手は一般人なのかそうでないのか、いろいろわからないことだらけですが、ひとまずは、堀越家にとっても、成田屋にとっては、大きくは歌舞伎界にとっても一安心といったところでしょう。

 

とにかく、麻耶さんは妹の旦那さんとあやしまれることのないよう、入籍したお相手の方を大事にしてお仕事頑張って欲しいものですね。

 

麻央さんが一番ホッとしていることでしょう。

次は海老蔵さんかな。その逆かな?

 

おめでとうございます!

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら