毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「彼氏がいたらどれだけ心強かったか」バラエティで吐露

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻央さんの一周忌が過ぎ、実の姉によって台無しにされた「偲ぶ会」も終わり、海老蔵さんも麻耶さんも、これまで以上にやりたいことをそれぞれにやり出したという感じがブログから伺えるようになってきたような気が「少しだけ」してきました。

 

明日27日は日テレの「今夜くらべてみました2時間SP」に出演するとブログで番宣をした麻耶さん。

復帰後初のバラエティ登場ということですが、なんだか建物でいうなら「廃墟」のような表情をした公園でのヨガ写真を見せられてからは、つねに張り付いたような笑顔を崩さない表情に怖さしか感じません。

そんな精神状態が常に心配されている麻耶さん。
今回のバラエティで一体何を語ったのでしょう。

 相変わらずのぶりっ子ポーズで登場!

今回は所属事務所「セント・フォース」の後輩だという川田裕美さんと新井恵理那さんと3人で登場ということですが、

あの恒例の台の上にのってスライドされる形で登場する際、お得意の拳を両頬にあてるポーズをしたようです。

 

収録内容の一部を記事にしていた『スポニチアネックス』によれば、

現在彼氏がいないという小林。大変な時期に

「彼氏がいたらどれだけ心強かったかと思いました」

と正直な気持ちも吐露。

 (引用元:「スポニチアネックス」6/26配信)

ということですが、ブログ読者にしてみたら、その代役を亡くなった妹の旦那さんである海老蔵さんにしてもらっていましたよね?とツッコミどころ満載でしょう。

 

いくら妹の子供とはいえ、天涯孤独になったわけでもない、親も祖母も大勢のスタッフもいるような環境にいる姪っ子甥っ子に、自分の生計を支える仕事を休業してまで尽くすというのは行き過ぎと言われるだけじゃなく、大ファンである海老蔵さんの子供であるからだろうと邪推されても致し方のないこと。

 

実際、歌舞伎役者である海老蔵さんの大ファンであることは自ら公言していた周知の事実であるし、麻央さんの「偲ぶ会」ではよりにもよって麻央さんの子供たちの前で自分と海老蔵さんが付き合っているような噂がたっていることを場違いにも口にするなど、海老蔵さんに関しての執着の深さは今さら説明不要のレベルではないでしょうか。

 

そのほか番組で麻耶さんは、

「いつまでもずっと暗い気持ちでいるのもよくないと思うので、前を向いて歩いていこうと思います」

(引用元:番組HPの予告動画より)

と今にも泣き出しそうな震える声で話していました。

 

ずっと暗い気持ちでいるのもよくない?

 

おそらくブログ読者は、ほほ〜と驚きとともに微苦笑を浮かべるでしょう。


言ったもの勝ちということかもしれないですが、この1年、もっと赤裸々に言ってしまえば妹の麻央さんが亡くなってからの麻耶さんは、これほど明るかったかしらと思えるほど「るるん、happy、キャハ、happy、ちゃお」といった、他者から見たら弾け過ぎでは?と心配になるほどの明るさを見せつけていましたよね。

 

あれがすべて「悲しみを見せないための健気な演技」だったというのでしょうか。

 

ずっと暗い気持ちどころか、そこに今行く?と呆気にとられるようなハワイ旅行にも妹の家族と共に2度出かけているのに不思議です。

 

最愛の妹が亡くなって辛くて悲しくて仕方ないなか、宿泊するホテルや日程を組んで予約をして、面倒な空港まで出かけてハワイへ飛んでと、健康体の人でも面倒なことをぜんぶ、あの悲しみのなかでテキパキとこなしていたのだとしたら、凄まじいその行動力に圧倒の一言です。

 

麻央さん逝去後、自身の誕生日も盛大にお祝いしてもらってこの世の春を味わった一年かと思いますが、それも少しずつ収束に向かっていくことでしょう。

 

七月公演の空席を伝えるために海老蔵さんが自身のブログで休演日や空席が一目でわかる公演の表を掲載していたことでわかったのですが、昨年とは違って今年は麻耶さんの誕生日である7月12日には昼夜と公演が入っていました。

 

今年も海老蔵さんが休みをとって祝ってくれるのじゃ?と麻耶さんが期待していたとしたらがっかりでしょうね。

 

とにかく今後は……

 

海老蔵さんの再婚話も五輪開催に向けてどんどん噴出してくるでしょうし、もし誰かと再婚ということになれば「姪っ子甥っ子の遊びと送迎係」として好き勝手に出入りしていたと思われる海老蔵さんのマンションも出禁になる可能性だって現実味を帯びてくる。

 

とはいえ今日明日の話ではないでしょうし、海老蔵さんは「来たかったら来ていい」ようなことを言ってあげているようですから、未だブログでは姪っ子甥っ子の送迎をしていることをほのめかす「送迎」という言葉をちらつかせ存在をアピールしていますね。

子供たちにしてみたら父親と付き合っていると噂になるような伯母は悩みのタネでしかないでしょうから、今は理解できなくても近い将来自然と距離を置いていくようになると思われます。

 

子供の世界はストレートで残酷なので、面白おかしく言われて登校拒否、登園拒否にならなければいいですが、残念ながら先日の週刊誌にも掲載されていたように、勸玄君は幼稚園に行きたがらない朝が多くなったりで、海老蔵さんも頭を悩ませていることがブログから十分伝わっていました。

 

「今夜くらべてみました」の番宣のあとは、いったい何の意味があるのかもはやわからなくなっている数秘をまとめて更新している麻耶さん。

 それはまた置いといて、

今日更新された明日の番組告知のブログでは、

 

こんにちは
 
こころとからだの調子は
どうですか?!
 
昨日も、優しいメッセージ
ありがとうございます。
 
 
明日、久しぶりにバラエティ番組に
出演します。
 
スカッとジャパンの内田美樹ちゃん
ではなく
小林麻耶としては、
本当に久しぶりのテレビ出演です。
 
一年以上は経ってしまったかなぁ。
 
 
心強い後輩たちと一緒だったので
第一歩が踏み出せました。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

と、スカッとジャパンでしかテレビ出演がなかったことを今一度思い起こさせるような記述がありました。

 

フリーアナウンサーという肩書になっているのに、復帰後の久々のテレビ出演がバラエティというのも悲しいですが、亡くなった妹の人生と麻耶さんの人生というのは全く別のものですから、海老蔵さん一家に執着して生きることは麻央さんの一周忌も終えたことでキレイに軌道修正していくのがいいと思います。

 

麻耶さんもぶりっ子が痛々しいアラフォーに突入していることだし、大勢のサポーターのいる姪っ子甥っ子にしがみつくことなく、自分自身を愛してくれる男性にめぐりあい、麻央さんがらみじゃなく、自分自身が主体となった家庭、人生を40代からでも築けるといいですね。

 

そのためにもバラエティ出演、いいじゃないですか。

アナウンサーの仕事は無理でも、バラエティなら腕のいい芸人の方がなんとでも面白おかしくもり立ててくれるのですから、そういう仕事でもしっかり引き受けて経済的に自立し、当日でなければ意味も価値もない誕生日数秘などじゃない「生活の柱」をしっかり今のうちに組み立てるのが賢明と思います。

 

それにしても…

 

麻耶さんの占い誕生日数秘の「人生後半」は、なぜに皆ほぼ同じ内容なのでしょうね。
この内容の不可思議さについてはまた別の機会に。

 

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら