毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵一家は長野でのびのび!麻耶母娘は麻央談義と反省会!?

 

 

ころもです。

 

緑豊かで美味しい空気の長野でのびのびと植樹をする海老蔵さんと子供たち。

いっぽう、「偲ぶ会」でのKYスピーチによる世間のざわつきを感知してか、注意をうけたか、手のひらを返したように「妹」「まおちゃん」連発で醜聞を払拭するかのごとく麻央談義に花咲かせる東京の小林さん母娘。

 

 

麻央さんが亡くなって一年祭も無事に終え、お粗末ではあっても「偲ぶ会」なるものも終了。

 

今後どういう身の振り方をしていくべきか。
自分たちの身の置所をどうすべきか。

海老蔵さん一家不在ということで遠慮なく話し合っているのか。

 やはり意図的だった?ジャンクフード好き公表

 

恒例となった「ABMORI」のため長野でのびのびとしている様子の海老蔵さんと子供たち。

東京のマンションでは独りDVD三昧といった孤独の様相を見せていた勸玄君も同世代のお友達と戯れる感じで楽しそう。

麗禾ちゃんも似たようなお下げ髪の少女と太陽の下で仲良く植樹。
良い光景です。

 

なんというのか、ようやく健全なものに取り囲まれているといった感じ。
要塞のような自宅マンションのなかで、東急東横で購入したのかと思われるお惣菜を出され、虚ろな表情で食事をする光景を見すぎている目にはとてつもなく新鮮に映る長野での植樹での様子。

自然体で本当にいい感じです。

 

そんな光景とは対照的というのか、東京に残る麻耶さんはスポニチに掲載された恥ずべきスピーチの尻拭いとでもいうべきブログを本日午前中、11:33に更新しています。

 

タイトルは「ありがとうございます。」で、冒頭は、

あたたかいコメント
ありがとうございます。
 
いつも励ましていただき
感謝の気持ちが溢れ出ます。
 
 
妹のブログからのご縁の方や
海老蔵さん、れいかちゃん、かんげんくんの
ファンの方にも優しくしていただき、
有難いです。 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

どこをどう切り取ればそんな感謝の気持ちになるのか、都合のいい解釈が今日も麻耶さんを包んでいるよう。

 

そしてここからが、弁解コーナーともとれる内容になってきます。

 

 
昨日、ブログにアップしたお花の写真
 
まおちゃんのようですね
まおさんみたい
 
という皆様からのコメントを拝読し、
 
空気感や心が お花を通して 
伝わっているのかなと感動しました。
 
 
実は、偲ぶ会での献花なんです。
 
 
まるで、妹が家に本当にいるかのような
優しくて癒しの空気に包まれています。 

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

昨日「偲ぶ会」と題したブログを更新した際、部屋の四隅、かどっこに透明の花瓶に入った花束の画像があったのですが、この花にもコメントが多かったのかな!?

 

実は偲ぶ会での献花なんですとあとで説明するぐらいなら、画像アップしたその下にそう書けばいいものを、いつも説明不足。というのか意図的に書かないのかわからないやり方をしてしまう。

 

セント・フォース主催の「偲ぶ会」を「執り行いました」と自らが主催したような書き方をしたことを諌められたのか、今日のブログでは、海老蔵さんに右ならえで、事務所の力あっての「偲ぶ会」であることを記述しなおしています。

 

妹が家に本当にいるかのような優しくて癒やしの空気に包まれています、と今更いったところで、取り返しのつかない公の場で麻央さんのジャンク好きを暴露し、イメージダウンを図った事実が抹消されることはないでしょう。

ジャンクフード好きの女性を、健康に留意された素敵な人と思う人がいないのは確かめる必要もないほどに明らか、常識的なこと。

 

何もかもわかったうえで、「あの場」を選んで言ったのでしょうね。
一番効果的な方法で麻央さんのイメージをわずかでもダウンさせたいという願望があったのでしょうか。そう取られても致し方ない意地悪な発言でした。

 

ジャンクフード好きという言葉を使う必要が本当にあったのかどうかは、このあとに続くブログの内容を読むとさらに強く実感します。

妹は、食べることも大好きで
いつもニコニコ美味しそうに
食べていました。
 
 
何でも好きだったのですが 笑
 
デザートだと特に
フォンダンショコラがお気に入り♡
 
最近は、フォンダンショコラが
お店にあると、必ずといっていいほど
無性に食べたくなって
まおちゃんが食べたいのかなと
一緒に食べる気持ちで食べています
 
「まおちゃんって、何が好きだったけ〜?」
と、今朝 母と改めて話したのですが
 
しばらくお互い考えた後...
 
 
 
「全部好きだったね!」と
 
笑い合いました。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより) 

 

全部好きだったね!? って……

 

えっ!?

 

 

それなら、なぜ乳がんリスクの一因とされているジャンクフードをピックアップして、マスコミも関係者も大勢出席しているあの場で恥をかかせるようにその言葉を選んで口にしたの?強調したの? 

 

続けて、 

和食も、洋食も、中華も、イタリアンも......
ハンバーガー、ポテトも
 
 
 
これから、、
妹が大好きだったカモミールを
飲みたいと思います
 
 
皆様、本当にありがとうございます。

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

と書いてブログを締めていますが、それだけ色々なものが好きだった妹だったというのなら、なぜにジャンクフード好きということをあの場で言う必要があったのか。

 

悪意があるとしか思えないです、本当に。

 

全く印象が変わる。

 

食べることが大好きで、なんでも美味しく食べた妹だったと振り返ることもできたのに、「ピザとジャンクフードが好きでした」と、まるでそれが病気の要因の1つなのですよと言わんばかりの発言をすることによって、食に無頓着、無知であったという印象を聞くものに植え付ける。

 

作為的なものを感じてしまう。
ひどいですね、麻耶さん。

 

和食も好きだったのなら、ジャンクフードというワードのチョイスは悪意満々でしょう。

母親と今後の自分たちの、海老蔵一家との関わり方などについても今日は語り合ったでしょうか。

 

再婚話が現実的になるにつれ、その障害でしかない小林さん母娘の海老蔵一家との「よくわからない同居なのかそうじゃないのかの暮らし」というものは問題視されていくことでしょう。

 

普通に考えて、前のお嫁さんの母親と姉が実家のごとく住み着いているらしい家に嫁にいきたいと思う女性はまずいない。

 

それがわかりすぎるぐらいわかっているからこそ、実力行使の形で海老蔵さんのマンションに入り浸ることに使命感を燃やしているのだとしたならば、これはもう、海老蔵さん自身ではなく、第三者が進言しなくてはいけなくなるかもしれません。

 

情に棹させば流される

 

です。

 

そもそも、海老蔵さんは麻央さんと結婚したわけですから、麻央さん亡き後に、いくら子供たちが幼く手がかかるからといって独身の娘ともども同居を続けるということ自体アンビリバボーなことなのです。

 

当たり前のことを当たり前に判断し、行動すれば叩かれない。

 

百歩譲って海老蔵さんはいいとしても、それこそ未来ある子供たちのために立ち上がる大人が周りに誰かひとりいて、声をあげてくれるといいですね。

 

健康的なカモミールも麻央さんの好物であることを今更ブログで発信したところで、麻央さんのジャンクフード好きは世間に無駄に拡がってしまった。

 

麻耶さんの思惑は見事叶ったということでしょうか。
カモミール好き、和食もなんでも食べることが大好きだった妹という言い方ができたのに「ピザとジャンクフードが好きでした」をチョイスした麻耶さんの言葉は、まさに麻央さんへ対する大きな裏切りのひとつとカウントされても仕方ないでしょう。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら