毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 誕生日数秘を完全スルーでまさか海老蔵親子と酵素風呂!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

もちろん確証などあるわけがありません。

その場にいない人間にできることといえば、これまでの経緯から眼の前の事実を解釈、類推することぐらいのもの。

 

けれども、それでもいいという度量があってこそ詳細を告げずに誤解を招くおそれのあるブログをアップするのでしょうから、見える画像、発信される言葉から「それがどういうことなのか」を想像し、類推していくかの判断は読者に委ねられていると考えてもいいということになるでしょうか。

 

回りくどくなってしまいましたが、昨日21:07に更新された海老蔵さんの限定ブログ、

「ひたすらヨモギをかけられる私」タイトルについて、謎があります。

 

棺のような酵素風呂に顔だけ出してどっぷり埋まっている海老蔵さん。そして、完全に埋まっているその身体の上によもぎの葉っぱをちぎってのせている勸玄くんの画像。

 

これ、誰が撮っているのですか。
待ちわびているファンもそっちのけにしている麻耶さんですか。

 同じような画像を何枚も何枚も…

 

冒頭で「確証がない」と断りを入れたのは、撮影者の名前などどこにも掲載されていないけれど、十中八九それを撮影しているのは麻耶さんじゃないのかと類推してしまうからでした。

アナウンサーの仕事もほぼしていないどころか、芸能と呼ばれる仕事はほとんどしていない風の麻耶さんが、自分から始めた誕生日数秘を5日も6日も性懲りもなくさぼってしまうのは、それほどに忙しい、麻耶さんがよく使うところの「ドタバタしていて」の事情があるからだろうと多くの人は解釈しようとしています。

 

でも……

 

絶対愛という意味不明の言葉まで使って姪っ子甥っ子に関わっていこうとする伯母であるし、送迎についても終えれば「任務完了」といい、自分は送迎と遊び担当だということを以前に語っていたことを思い出せば、まずその「ドタバタ」の内訳というのは海老蔵さん一家で姪っ子甥っ子と戯れている時間のことをさしているのだろうという察しをつけているのもまた事実でしょう。

 

実際、手も足も土の中に埋まっている、棺のなかで顔だけを出している海老蔵さんが自撮りできるわけもない。

 

画面に映る勸玄くんはその海老蔵さんが入っている棺の向こう側で、両手を使ってよもぎの葉っぱをちぎっては海老蔵さんの身体の上に撒いている。

 

撮影している第三者がいるのは当然すぎる事実で、疑問は、ではそれは誰なのかということです。

酵素風呂に首から下全部埋まっている海老蔵さんと、よもぎの葉っぱをちぎってのせる勸玄くんのこの画像が、なんとこの限定ブログのなかにズラッと15枚連続でアップされている。

 

言葉といえば最後の最後に、海老蔵さんの、

 

あ、ありがとう。

 

の一言だけ。

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより)

 

土曜日の夜9時台。

海老蔵さんと勸玄くんのこの酵素風呂での様子を撮影できる人物。これは時間や撮影角度を考えても大人の人でしょう。

 

海老蔵さんの母親や妹、ましてやスタッフであるとは考えにくい。普段から遊び担当と豪語し、時間を持て余していると思われ、起きている時間のほとんどをこの親子と密着している他の大人は誰かと考えた場合、残るは麻耶さんとその母といったところが妥当ではないでしょうか。

男友達なら名前や顔を出すはず。
消去法で考えるまでもなく、これは麻耶さんである可能性が高いと思うのですがどうでしょう。

 

もしこの撮影者が麻耶さんなのだとしたら、またひとつのの疑惑が浮上してきます。

 

それは……

 

5月23日の22:21に更新された「しめに」というタイトルのブログです。

 

酵素風呂の画像がアップされ、次にいつものように左手で敬礼ポーズをとる海老蔵さんの姿がアップされ、

 

今日は友達と、

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログ「しめに」より) 

 

というコメントがあったかと思うと、その下にはその友達らしき人物が入った状態の酵素風呂の画像が掲載されている。


水色の星マークで露出していた唯一の顔の部分は隠されていましたが、これ、土の盛り上がりからすると小柄な人ですよね。

 

男性の友人ならおそらく顔は隠さないでしょう。純大さんにしても他の人にしても男性は顔出しで出てくるのがほとんどなので、ふつうに考えてこの「友達」というのは女性ではないかと思われるわけです。

 

そしてさらに踏み込めば、海老蔵さんは麻耶さんのことを「友達」と呼ぶようになっているのがブログを読み進めてきている人の間では周知のことであって、そう考えた場合、夜に酵素風呂に一緒に出かけていって、あるいは合流して不自然だと思われない相手、不自然ではあっても追求されにくい相手となるとかなり限られてくるのじゃないでしょうか。

 

麻耶さんのお母さんの可能性もあり?

いやいや、それはちょっと考えにくいかな。

 

もしそうなら隠す必要はないだろうし、子供たちを家において海老蔵さんが麻耶さんのお母さんを連れ出してというのはまず考えられない。

 

でも麻耶さんなら、子供たちはお母さんにみてもらって外出することは可能でしょう。それとも自分が子供たちの面倒をみているからお母さんは海老蔵さんと二人きりで酵素風呂を楽しんできてと言いましたか。

 

それこそ考えにくいですね。

 

何が言いたいのかと言えば、それはいくつも言いたいことはあるわけですが、

 

まずは、なぜに顔出しも名前も出せない友達の酵素風呂の画像をアップするのか。今それをアップすれば、こういう憶測をされることがわかっていてそうするということは、完全に「匂わせによるアクセスアップ狙い」ですかということ。

 

さらに、この酵素風呂での「友達」というのが仮に麻耶さんなのだとしたら、二人は一体どういう関係なのだろうかと本気で不可解であるなということ。

 

麻耶さんて、麻央さんのお姉さんでしたよね。
麻央さんはそして、海老蔵さんの奥さんでしたよね。

 

海老蔵さんにとって麻耶さんは「義理の姉」。
麻耶さんにとって海老蔵さんは「義理の弟」。

 

まさかですよね。

 

子供の世話があるから妹家庭に入り浸ることがあってもさまざまな追求をかわすことができたのに、その子供たちを家において妹の旦那さんと二人で酵素風呂を楽しむなんて明らかにおかしいこと、そんな人の道に外れたようなこと、してるわけないですよね?

 

妹の旦那さんと一周忌も終わらないうちに子供抜きでお出かけなんて、そんなのただの裏切りになってしまいますからね。

 

最愛の妹と豪語していた麻耶さんが、妹の旦那さんとそんなことをするはずがないでしょうから、これはきっと思い違いということでしょう。

 

あってはならないことですからね。

ただ、昨日のヨモギの葉を投げ入れる勸玄くんと、顔以外の全身を酵素風呂に埋まっている海老蔵さんの画像を誰か第三者が撮影したことは間違いないし、その人物がいればこそ、画像アップできたわけですから、それが一体誰だったのかということが「謎」のままです。

 

万が一それが麻耶さんだとしたら、同じような写真を15枚も撮影する時間があるのなら、不義理を尽くしている自分を応援してくれている、悲壮感すら感じる自身のブログの読者ファンに一言の挨拶を入れるぐらいしたらいいのじゃないでしょうか。

 

コメントは読んでいるので、と前に書いていましたが、あのコメントを読んで平気でスルーし続けていられるのだとしたら非情な方ですね。

 

誕生日数秘をはじめたことを後悔しているということが、これほど直球で伝わるブログも珍しいです。

 

それにしても、

 

送迎と遊び担当とはよく出来た「担当」ですね。

 

これでは離れる時間などないじゃないですか。

子供は遊びが仕事、遊びが日常のすべて。

 

となれば、その遊び担当の人間は四六時中その子供と一緒にいていいということになる。言い訳が立つ。

 

これはいい担当です。

 

平日は「送迎担当だから」で理由ができ、

土日祝祭日は「遊び担当だから」という理由があるのだから、

 

 

つまりは年がら年中、生きている時間のほとんどすべてを共有していることに誰からも咎められないし、咎められたところで言い訳が立つという、鉄壁の免罪符ですね。

 

 

これはもう、一生この生活パターンを貫く覚悟なのか。
後妻になれなくとも、こういう女性がそばにいるだけでまともな女性は寄り付かないでしょうから、存在を匂わせるということは一定以上の効果を発揮しているのかもしれないですね。

 

いじけても、下半身の着替えが終わってない状態でも画像を世界発信され続けている勸玄くん。

 

大丈夫でしょうか。

 

相変わらず食事風景の背後には、東急のお惣菜が入っていたのだと思われる紙袋の端っこがうつっていたりしますが、料理は少しも難しくないですよ。

 

楽しいです。

 

愛する人のために食事を作ることが喜びだという女性と巡り会えるといいですね。

 

愛に「絶対」をつける人は、そこに自信がない証拠です。
自信がある人は、愛を叫ぶ暇にレシピのひとつも見て勉強していることでしょう。

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら