毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「今年は大変革起こしちゃいましょう!」は誰への宣言!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

朝からハイテンションな麻耶さん。
そういう季節なのでしょう。

 

「気がつくと夜だった」という言葉で1週間の誕生日数秘を怠けたことをチャラにしたことも今は昔、今朝は絶好調、午前7時台にすでに2記事を更新しています。

 

要は、気持ちの問題。
時間は誰にしても24時間。

 

しかも殆どの人は仕事に家事に育児、場合によっては介護まで加わって戦場のような日々を送っているのだから「送迎と遊び」担当ぐらいで数行のブログ更新もできないことを理由に読者を放置し続けたことは恥ずかしい限りです。

 

それにしても……

 

反省のない人というのは美しくないですね。
単純に、シンプルに美しくない。

 

「明るく前向きに生きる」という言葉は人によっては危険です。何をやっても許されるということではないのに、その境界線がわからず自分に都合よく使ってしまう。

明るく前向きに生きるということは、見たくないものは無かったことにする、という意味ではないです。あるがままの自分を受け入れ、反省すべき点は素直に認めて改める、その強さだし謙虚さから生まれてくるもの。

 

都合の悪いものに口を閉ざし、見なかったこと、聞かなかったこと、無かったことにするというのは、前向きでも明るさでもない。

 

ただ、無責任なだけ。
わかる人にはわかりすぎる定義です。

減り続ける読者に媚びて甘えるワンパターン

 

今朝のブログは07:09更新。

タイトルは「いい朝を迎えました 5月15日」です。

 

おはようございます、から始まり、

優しいピンクに癒やされる朝です

 癒されるほど疲れているとは思えませんが、シンデレラプロジェクトのようなイベントを先に抱えてでもいるのでしょうか。

淡いピンクの朝顔の画像が1枚アップされています。

 

ゆっくり ブログを書けるのが
うれしーーーーーーーーーー♡

 

この時間が私には大事だと
強めに、実感チューー

 

日本語の勉強をしなくてもアナウンサーにはなれるということを麻耶さんは身をもって示してくれています。ある意味、肩の荷がおりた方もいるかもですね。

 

どんな時も

 

優しく待っててくださり
ありがとうございます。

 

バースデー数秘へのコメントも
私の体調や心までも気遣ってくださり
どこまでも、あたたかいですね。 

 

それは温かいコメントしか見ようとしないからでしょうね。
実際、厳しいコメントは弾かれるし、歯の浮くような応援メッセージや賛辞のシャワーで埋め尽くされたコメントばかりが掲載されるのですから、それはお姫様気分、世界はみんな自分の味方のように思えるのでしょう。

 

過酷な環境下においたほうが野菜も美味しくなるように、人間も少しは厳しい環境下でしごかれたほうが身が引き締まって成長することを思えば、この甘すぎる麻耶さんのブログという「偏狭な世界」は、癒やしといえば聞こえはいいですが、成長を阻害する場所にもなってることは間違いなさそうです。

 

 

耳障りのいい言葉だけでは世間を見たとは言えない

ブログにはもちろん、まだ続きがあります。

 

喜んでもらえたり、
自分の素晴らしい素質に気づいてもらえたり、
安心したり、涙したり、
 
本当に嬉しいです。
 
 
 
こんなにもたくさんの人に
気持ちのプレゼントができているのは
 
最初に数秘を見てくれた
【  峰ちさき  】 さんのおかげですッ。
 
⚠️回し者ではありません。ただのファンです!
 
 
 
ご縁に♡  感謝が溢れる朝です♪

 

もちろん、そういう側面もこのブログにはあるでしょう。
麻耶さんがいなくても、コメント欄があるので日記帳のように公開コメントを書くことで多くの人からリアクションを貰える。
 
たくさんの人に悩みや相談事、つぶやきから何から聞いてもらえたような気持ちにもなるでしょうから、そういう場としては役に立つ部分もあるとは思います。
 
ただ、そうじゃないコメントも目にしたはず。
それについては一切触れないというのでは、バランスに欠けますね。
 
たとえばシンデレラプロジェクトって何ですか?と聞かれても答えない、というのはいい例かもしれません。
 
ここで、再び淡い朝顔のアップ画像が掲載され、本日15日誕生日の方の数秘占いがスタートします。
 
Happy  Birthday!!!!
素敵な一年になりますように♡
今年は大変革 起こしちゃいましょう!
麻耶さん自身の「宣言」でしょうか。
今年は大変革を起こす予定がある感じですね。
 
そうでなければ、見たこともない相手にこのメッセージは不可解すぎる。
 
自由や変化を好みながらも、
責任感が強く
周りへの愛を惜しみません。
 
コミュニケーション能力にも
長けているので
人と人をつなぐ素質があります!
 
身体全部を使って、
やりたいことをやると
さらに魅力がUP 

いつも同じ人を占っているのでしょうか。

麻耶さんが占ってしまうと、みな同一人物のよう。

 

そして、誰も彼もがみな、マザーテレサのように生きよと言われているようで疲れます。

 

恒例の人生後半の下りは、まさに本領発揮の言葉、本音の言葉が染み出してきました。

 

人生の後半は、
目に見えない世界と現実との橋渡し役となったり、精神世界の学びが深まりそうです
 
 
今日のお誕生日
美輪明宏さん、瀬戸内寂聴さん  

 

麻耶さん自身が、自分のことをそう見ているのでしょうね、今まさに。
 
自分は見えない世界と現実との橋渡しの役をやっている。そうして精神世界の学びを深め、スピリチュアル関係のイベントにも積極的に参加して啓蒙しているのです、とでも言っているように聞こえてきます。
 
ただ、美輪明宏さんや瀬戸内寂聴さんの名前を出すのはやめて頂きたい。
 
巻き込まないで欲しいですね。

 

 

 

このブログを更新して1時間もしないうちに本日2記事目をアップしているわけですが、そのタイトルは「バースデーメッセージについて」となっています。

 

バースデー数秘といわず、バースデーメッセージに切り替えましたか!?

 

メッセージなら占いじゃないから何を言っても許されるということで、そちらに変更したのでしょうね、それとなく。

 

もう「バースデー数秘コバマヤ」と書かなくなったのは、そういうことだと推察してます。

 

 

この「バースデーメッセージについて」タイトルの中身は、

 

楽しみにしてくださったのに
当日にメッセージ送れず
ごめんなさい
 
今後も、当日に送れないことも
多いと思いますので、そんな時は
気長にお待ちいただけたら嬉しいです。

 

とまずあり、

 

数秘を始めてから
今日までのバースデーメッセージは
すべて、UPしていますので♡
 
探してみてくださいね

とコメントし、「ayu」さんという方の「おはようございます」というコメントを転載しています。

 

その内容は、

 

おはようございます!
今日は彼の誕生日で、数秘を教えて頂けて嬉しいです
(^^)ありがとうございます♡でも三日前の5月12日
が私の誕生日で、数秘をとても楽しみにしていたので
少しさみしいですよろしければお時間のあるときに
5月12日も教えて下さい

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

というものでした。

 

それの返答として麻耶さんは、

5月12日は♡

として、この日を占った自身のブログURLを貼付して終わり。

 

 

さて、今日はあと何記事更新するのでしょうか。絶好調な感じですね。

 

まもなく麻央さんの一周忌。

来月、6月22日は金曜日ですから、各局、麻央さんの一周忌を記念したなにか特番などやるかも。

 

そして、この日を境に伯母である麻耶さんと、「ないない」とハッキリ世界中の人が読むことのできるブログで発信した海老蔵さんの共依存の生活形態がどう変容していくのか、劇的にか、少しずつなのか、見えてくるようになるのだと思います。

 

最近になって麻央さんの名前をまたブログに登場させることの多くなった海老蔵さん。
愛妻家のイメージはとても手放し難いものだと思うので、すぐの再婚というのは例え望んだとしてもぐっと堪えるかもしれません。

 

ただ、無償の愛というワードを用いて、自分が必要としているというよりは子供たちに必要なんだという持っていきかたをしてきているので、愛妻家のイメージはそのままに再婚をできないだろうかと、模索している感じがしてきてもいます。

 

麻耶さんにしてみれば、単純にこの美味しいポジションを誰にも渡したくないという想いが全てなのじゃないでしょうか。

 

かといって梨園の妻になりたいなどとは思っていないだろうし、そういう方向の野心というよりは、とにかく、海老蔵さんの再婚ということに対して親子ともども思うところが同じなのではないかと。

 

結婚はしたいけど結婚生活はイヤな麻耶さんにとって、子供の世話はしてほしいけど再婚は無理という状態の海老蔵さんの現状というのは、願っても得られないほどに需要と供給が合致しているわけで、そういう意味ではこの中途半端な一緒に暮らしているようないないような、夫婦のようなそうでないような生活というのは考えられないほどに居心地がいいのかもしれませんね、お互いに。

 

あくまでもこれはすべて個人的見解ですが、そういうふうに2人のブログの経緯を見てきて感想を抱いているところです。

 

麻耶さん自身が海老蔵さん一家抜きに、自分だけをちゃんと見て愛してくれる人がいれば、今抱えているこの海老蔵さん一家の複雑さは一瞬にして解決するように思うのですが、どうでしょう。

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

ではまた。

小林麻耶最新・関連記事はコチラ