毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

一流芸能人「ギャラランキング」をFLASHが公表!誰が1位!?

 

 

ころもです。

 

ひとくちに芸能人といっても、それはピンからキリまで。

気になる人気芸能人のギャラリストをFLASHが独占入手しました。

 

番組制作費が気になる方はコチラ→バラエティ番組の制作費をFLASHが公表!

 

4,5年前からギャラは下がっていて今が底値と民放プロデューサーは記事中でコメントしているものの、やはり一般人からみたら破格値。

誰がどのぐらいのギャラをもらっているのか、早速見てみましょう。

 バラエティ界の”神7”も”新・神7”に喰われちゃう!?

記事中のテレビ局関係者によれば、いわゆるビッグ3といわれる、ビートたけしさん、タモリさん、明石家さんまさんの3人以外に、志村けんさん、所ジョージさん、笑福亭鶴瓶さん、引退前の島田紳助さんの4人を加えた合計7人が、バラエティ界の”神7”ということのようです。

 

そして”新・神7”と言われているのが、

くりぃむしちゅー上田晋也(47)さん
有吉弘行さん(43)さん
マツコ・デラックス(45)さん
アンジャッシュ渡部建(45)さん
フットボールアワー後藤輝基(43)さん
坂上忍(50)さん
ヒロミ(53)さん

だというのですが、島田紳助さんが引退してから一番仕事が増えているのじゃないかと個人的に思えてならないのが、東野幸治さん。

しかし入ってないですね、ベスト10なら入るのか。

何でもこの”新・神7”はギャラの相場が下がったここ数年でのブレイク、あるいは再ブレイクのため、値段以上の実力を備えているということがポイントのようです。

なるほど、そういうことならわかりますね。

 

ギャラランキング発表!

このギャラは関係者への取材をもとにゴールデン1時間番組の出演料から算出したものだといいます。

 

では見てみましょう。

 

Sランク(300万円〜)

ビートたけし 300万円
タモリ    300万円
明石家さんま 300万円
所ジョージ  300万円
志村けん   300万円

 

 

特Aランク(200万〜299万円)

笑福亭鶴瓶  250万円
石橋貴明   250万円
木梨憲武   250万円
堺正 章   200万円
松本人志   200万円
浜田雅功   200万円
古舘伊知郎  200万円

 

 

Aランク(100万〜199万円)

(150万円の芸能人)

内村光良
加藤浩次
中居正広
関口 宏
みのもんた
草野 仁

 

(120万円の芸能人)

南原清隆
太田 光
田中裕二
岡村隆史
矢部浩之
名倉 潤
原田泰造
堀内 健
上田晋也
黒柳徹子
上沼恵美子
久本雅美

 

有吉弘行   110万円
谷原章介   110万円

 

(100万円の芸能人)

今田耕司
東野幸治
三村マサカズ
大竹一樹
田村 淳
田村 亮
有田哲平
坂上 忍
千原ジュニア
櫻井 翔
城島 茂
長瀬智也
国分太一
山口達也
松岡昌宏
香取慎吾
中山秀征
和田アキ子
池上 彰
梅沢富美男
林  修

 

 

Bランク(50万〜99万円)

 

(80万円の芸能人)

マツコ・デラックス
後藤輝基
田中直樹
遠藤章造
村上信五
井ノ原快彦
石坂浩二
羽鳥慎一

 

 

(70万円の芸能人)

設楽 統
日村勇紀
宮迫博之
蛍原 徹
渡部 建
ヒロミ
徳井義実
出川哲朗

 

(60万円の芸能人)

小杉竜一
吉田 敬
宮川大輔
小藪千豊
高田純次
関根 勤
陣内智則

 

(50万円の芸能人)

福田充徳(チュートリアル)
藤森慎吾
中田敦彦
博多華丸
博多大吉
小木博明
矢作 兼
田原俊彦
西田敏行
立川志の輔
春風亭昇太
桂文珍
森本毅郎
山瀬まみ
優 香

 

Cランク(〜49万円)

岩尾望(フットボールアワー)40万円

大悟(千鳥)        40万円

ノブ(千鳥)        40万円

山﨑弘也(アンタッチャブル)40万円

ウエンツ瑛士        40万円

SHELLY           40万円

蛭子能収          40万円

土田晃之          40万円

佐藤栞里          30万円

 

 

いかがですか。

意外に高い、意外に低い、なかなか外見からはわからないものですね。

 

確かに”新・神7”はこうしてみると実力の割にギャラが安い。非常に使い勝手がいいのがわかります。

 

ほぼ男性しかいないような状況で健闘しているのが、黒柳徹子さんに上沼恵美子さん、久本雅美さんに和田アキ子さん、そして山瀬まみさんに優香さんに佐藤栞里さん。

 

地味に稼いでますね、山瀬まみさんに佐藤栞里さん。

 

個人的には坂上忍さん、マツコ・デラックスさん、のコスパに感心です。
それほどもらっていないと以前番組で話していたマツコさんの言葉の裏には、この金額があったのかな…。

 

コンビであることで徳をしている人も何人か目につきましたね。

いずれにしてもみんなよく目にする売れっ子芸能人ばかり。
これはすぐに家を建てるわけです。

 

TOKIOの順位はだいぶ変わってくるでしょうね。

 

では。

 (参考元:『FLASH』5月22日号より)