毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「コメントください」と要求も自分の怠けは言い訳三昧!?

 

 

ころもです。

 

そろそろ盲目的だったファンもわかったでしょうね。

麻耶さんは読者を少しも大事になんて思っていない。

 

おそらく”金のなる木”のひとつ。

そのぐらいにしか思っていないでしょう。

 

いくら言葉で繕っても、あちこち綻びだらけで嘘が露呈しまくっている。

 

簡単なんです。
一に行動、二に行動…

 

とにかくどうにでも操れる言葉じゃなく、その人の行動だけを見ればいい。

麻耶さんの「人となり」、人間性なるものがよ〜く見えてきます。

 一人相撲が滑稽を越えて病的な域に!?

麻央さんの一周忌も終えていないうちの「お誕生日おめでとう」を自粛するよう、今となってはとても賢明な読者のひとりに諭されていながら、その真摯なコメントを盲目的なファンたちにさらし、同情を買うことで継続にこぎつけた麻耶さん。

 

そんな必要はない、続けての声がいかに多いかを演出するため「いけにえ」にされた良識あるファンの声をあざ笑うかのように、その翌日から「Happy Birthday!」と、おめでとうの言葉を安直に「Happy」に切り替え、何としてでも誕生日数秘で稚拙なブログを組み立てようとしているのですよね。

 

やったりやらなかったり、限定へ逃げたり戻ったりと、他人へのアドバイスどころか「不安定すぎるメンタル」に懸念する声が飛び交っていることも知ってか知らずか、未だに誕生日数秘に固執。でも、気分次第で何日も溜め込んでからのやっつけ仕事と化している現在。

 

振り回されてばかりで嫌気がさしたファンたちでしょうか。
読者登録数は着実に減り続けています。

 

止められても自らの意志で続行し続けていた「誕生日数秘」も「ごめんなさい」をつければ帳消しになることがわかり、それに味をしめたのか、数日スルーも今や恒例。

麻耶さんの「口八丁」ブログが見事、露呈してしまいました。

 

いっそのこと「もう面倒臭いんです!」と言えばいいのに

 

昨日、5月7日の深夜 23:27に更新。

妹家族にパラサイトしていると世間で叩かれている麻耶さんは、とにかく忙しくて仕方ないようです。

しかし、その内訳は一切語りません。

語れないのです、どれもこれも。

 

タイトルは、

 

「遅くなりました!5/7 5/6」

 

です。

 

 

面倒臭さがタイトルの入れ方からも滲み出てますね。

早く片付けたいのがアリアリとわかります。

 

一行目は、

★夜分に更新ごめんなさい。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

から。そして、

 

GWが終わり、今日からお仕事や学校の方
多かったでしょうか??
 
 
行きたくない病になってませんか?
大丈夫ですか?
 
無理せず、頑張りすぎずデス

(引用元: 小林麻耶オフィシャルブログより)

本当はこう書きたかったのでしょうね、

お仕事も学校も行きたくなかったら行かなくてOK! 
と。

 

でもさすがにそれは自粛したのか、無理せず、頑張りすぎずに書き換えた感じ。

 

ここからは言い訳です。

 

こちら私は、
目まぐるしい一日でした

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

何で!?

 

そんな言葉が一斉に聞こえてくるよう。

一体、何でそんなに忙しかったの!?と。

 

結論から言えば、そんな中身を話す義務はないです。
ただそれは約束を守っている人の場合。

麻耶さんは毎日誰かは必ず迎える「誕生日」を数秘で占うということを自ら嬉々として始めてしまったわけですよ。

そして、それを楽しみに待っている読者も多少はいる。そのことを自覚もしているはず。

その経緯が理解できていれば、せめてこれほどにいい加減な更新で期待を裏切っている事に対し、たったひとことでいいから、「遅くなりました」という、誰でもがわかっている事実報告じゃなく、「申し訳ありません」という心からの言葉のひとつも出ないのかと思うわけです。

 

心底冷たい。
でも、非常にわかりやすい思考回路。

 

ここで賢い読者は気づかなくては嘘です。
麻耶さんは自分の居場所を支えるブログは大事でも、それを支えてくれている読者という「生身の人間の心」には少しも実は興味がないのだろうなということに。

 

本当に申し訳ないという言葉に嘘がないのなら、お化粧する暇、食事をする刹那な時間にも「Happy Birthday!」を数秒で打ってとりあえずのお祝いをするため更新することは物理的に可能です。

 

でも「目まぐるしい一日でした」と後手後手で言っても自分の不実さを手放しで容認してくれる読者のコメントしか目に入れないので、平気のへっちゃらなのでしょう。

 

ブログではさらに、いかに麻耶さんが自分の気持ちだけを優先して生きているかを強調するような内容が続きます。

 

コメントにもありましたが、
最近、お誕生日おめでとう更新が多く、
日常を更新出来ていませんネ
 
 
五月もドタバタで...
 
ほかの更新ももちろんしたいのですが
なかなかブログに向かう時間がないのが
現状です。
 
コメントは毎日読ませて頂いていますので、
ぜひ、コメントください
 
 
 
そして、
楽しみにされていた方、
遅くなりましたーーーーー。

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

コメントはください、私は書きませんがということでしょうか。

こんな身勝手な言葉をよく書けましたね。

 

コメントすら本当は読んでないのでは?

自分は読者の期待に応える義務も気持ちもないけれど、読者は自分を励ますコメントを書く義務があるのよとでも言いたいのでしょうか。

 

まるでそう言っているようにすら聞こえる、傲慢の極み、自己中、自己愛の限りを尽くした言葉ですね。

「楽しみにされていたかた、遅くなりましたーーーーー。」の「ーーーーー」を入れる時間と労力があるのなら、なぜそこに、
 
ごめんなさい
申し訳ありません
 
の言葉を打つ「誠意」がないのでしょう。
本当に心がない。
 
数秘の内容は、
 
5月7日生まれの方
Happy Birthday
素晴らしい一年になりますように
 
 
個性的で独特な世界観を持つあなた
 
専門分野を作ると、
とても魅力が活きます!!!
 
職人、芸術肌です。
 
自分の内側に意識を向けることで
本能的にすべて答えが出てきますょ。
 
 
人生後半は!
頭で考えず  感情を大切に
自分の喜びや楽しみをテーマに
子供のように無邪気に
人生を遊ぶように過ごしてくださいね
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)
 
といういつもの言葉の陳列のみ。
 
「子供のように無邪気に」
「自分の喜びや楽しみをテーマに」
 
は定例句となってますね、ほぼ。
 
それにしても、
「人生を遊ぶように過ごしてくださいね」とは、他の誰がいっても誤解しないですが、麻耶さんの口からこの言葉を出すのは危険ですね。
 
仕事をせずに遊び呆けてその人が路頭に迷うような事態になったら、麻耶さんが責任を負うということを意味するのでしょうか。
 
責任を持たないのに、好き勝手生きろ、遊び尽くせという感覚で発言しているなら相当の方です。これは子供の教育に悪いレベルじゃなく、間違っても「いのちの授業」にもっともふさわしくない人材というカテゴリーに完全に入ってしまいかねない。
 
数秘は続きます、そうです、6日の方の番です。
 

一日遅くなってしまいました。。。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

遅くなったことは誰もがわかっていること。

必要なのは謝罪。

 

でも絶対にそれは書かない。
それが麻耶さんです。

 

 

5月6日生まれの方
Happy Birthday 
ステキな一年になりますように
 
とても優しくて親切!
面倒見が良くて、愛いっぱいのあなた。
 
美的センスがあるので、
日本だけではなく世界の
美しいものをたくさん見たり
集めると幸せな気持ちが倍増すると
思います
 
 
人生後半は
鋭い直観力を生かし、
人々を癒したり、元気付けたりすることを
意識してみてくださいね。
あなたの存在、
とても喜ばれると思います!!
 
 
 
 
★双子ちゃんは
名前から見る数秘がありますので、
深く見ると、違ってきますょ

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

今の麻耶さんの誕生日数秘への向き合い方、そして言動の不一致を見て読者ひとりひとりがよく考えることが大事です。

 

誠実とはなんぞやということ。

 

 

自分自身の顔写真どころか全身が写って拡散されている、紛れもない現実でそれを楽しんでいるふうにしか見えないイベントのことはひた隠しにし、何の花なのか、どこの花なのかも言わずに目隠しのごとく掲載される色とりどりの花、海、緑。

 

数秒の書き込みでイメージ回復できると思い込んでいるため、ブログ冒頭はいかにも読者の大変さをねぎらうような綺麗な言葉で飾りはしても、面倒な数秘は「ドタバタ」の一言で見事に相殺。

 

大したものです。

 

 

麻央さんのブログをきっかけとして麻耶さんという存在を知った読者、思い出した読者、思い出してしまった読者、いろいろな読者の方がいることでしょう。

 

もはや麻央さん以上に麻央さん家族と過ごすこの姉は、この先何をゴールとしているのか。

 

来月やってくる、麻央さんの一周忌にその答えはあるのでしょうか。
長いホラー小説を読んでいるかのよう。

 

 

ではまた。

小林麻耶最新・関連記事はコチラ