毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶イベント参加は無きものに!?怒涛の「誕生日数秘」公開へ

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

人はやましいことがあるとお喋りになるといいます。

麻耶さんがそうだということではないですが、最後に目にした「5月2日優しい気持ち」というタイトルから今現在までに、

 

なんと、記事も更新しているではないですか!

 

いや〜驚きました。

よほど「シンデレラプロジェクト」というイベントに注力していたのですね。興奮のるつぼだったであろうイベントでのお楽しみが終わったあとは、こうして矢継ぎ早に、それこそ怒涛の更新をする元気がある。

 

「ここ何年かで一番 元気」という先日のブログでの宣言は口先だけじゃなかったということでしょう。

 

それにしても「ここ何年か」といえば、まさに妹の麻央さんが闘病から亡くなるまでの歳月と完全にダブルわけですが、麻央さんが亡くなったことで、思う存分、好き勝手に生きることができるようになって元気を取り戻したという解釈をしてしまいそうになりますね。

 

誤解を招く「ここ何年かで一番 元気」という言葉です。

 だんだん、本気で気の毒に思えてきました

5月2日の早朝に更新したブログから今日のお昼に更新したブログまで、時間にしてわずか18時間程度ですが、その間に麻耶さんは6記事も更新したのですね!

 

凄い!

 

そして、なんだか気の毒に思えてきました。

本業が暇だということを公表しているようなものなので、やはりここはすっかり元気な様子でもあるのだし、お仕事を増やしていくのがいいのじゃないでしょうか。

姪っ子甥っ子もだいぶ大きくなって、海老蔵さん一家を取り巻く人脈と経済力からしても、伯母さんである麻耶さんの助力を何が何でも必要という段階はとうの昔に終わっているように思います。

 

ましてや、人気稼業である芸能界、歌舞伎界に所属する二人ですから、要らぬ噂をたてられても百害あって一利なしでしょうし、事実、再婚の噂に対して互いに「否定」という形をそれぞれの独特の「表現」にてブログ公表しているのですから、話はものすごくシンプル、簡単です。

 

送迎にしても食事の世話、身の回りの世話にしても、完全にプロフェッショナルな方々に依頼して、誤解されるすべてを排除して、綺麗さっぱり麻央さんの一周忌を迎えて欲しい。誰のファンでもないですが、一般読者の一人として見てきたなかで、心からそう思います。

 

さて、誰にでも当てはまると不評の声も続出している麻耶さんの誕生日数秘ですが、相変わらずな感じですね。

麻耶さんの決意表明や信条、希望、願望…そんなものが日替わりメニューのようにして発表されている、そんな感じ。

 

「シンデレラプロジェクト」というイベントに参加していたがために更新できなかった誕生日数秘を、実に手際よく片付けましたね。

 

約18時間、一日分にも満たない短い時間の中で更新した6記事のタイトルは順に、

1「4月27日 遅くなりましたッ。」
2「4月28日生まれの方 遅くなりました。」
3「4月29日 遅くなりました。」
4「おはようございます!!」
5「5月3日生まれの方!」
6「主人公!?と思った方へこういうことが言いたかったんです☆」

となっています。

 

6記事のうち、4記事はどうやら放置していた「誕生日数秘」のようですが、気になるのはやはり「人生後半」のくだり。

 

誕生日は違っても「人生後半」って、ほとんど皆同じことを目指せばいいのだなと思えるような、誰にでも当てはまる言葉、そして誕生日が違っていても大切にしなくてはいけないことは「自己愛の充実」といったところでしょうか。

主要なところだけ引用しご紹介していきます。

 

1のタイトルの「人生後半」は、

人生後半は、
これだと思ったことを
決してあきらめず、
目に見える形として残せるようにする!
ことをオススメします♡

2のタイトルの「人生後半」は、

人生後半は
自由を大切に
固定概念や常識しばられず、
やりたいことをやりきってくださいネ
海外も向いていますょ!

3のタイトルの「人生後半」は、

人生後半は、愛をテーマに♡
ご自身の存在で
多くの人に愛を与え、
癒やしや光を届けてくださいネ!

とこんな感じです。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

比較しやすいように、4は飛ばし、先に

5のタイトルの「人生後半」を引用しますが、

人生後半は、
自分の可能性を自分で諦めず、
物質的、精神的にも豊かさを得、
人々にドンドン分配してください♡

と、まるで人生後半は誕生日など一切関係なく、とにかく楽しく豊かで自由気まま、愛し愛され、光や癒やしの対象となって世界を照らせ、という感じでしょうか。

 

乱暴なまとめかもしれませんが、誰もが未来は同じ道を辿っていくのがいいって感じに思えますね。これまでがどうとか、個性とかそんなことは抜きに、人生後半はみんなが好き勝手に自分中心に、光や癒やしを多くの人に与え、直感を信じ、自分を、とにかく自分の楽しみを優先することに全力で!と、そんな感じの叫びに聞こえてきます。

解釈というのは発信者ではなく受信者の領域なので、あながちそう受け取れてしまったなら、そこにも多少の真理はあるかも。

 

だとすると、特別占ってもらうほどのことじゃないし、そもそも言われなくても「わかりきった」、人生後半ならずも、常に大事に心得ておかなくてはいけないことだらけ、ということでしょうか。

 

それにしても気になるのは、5月3日生まれの方の誕生日数秘をしたあとに、

次の旅行先のおねだりでしょうか、青い空と白い雲、真っ赤なハイビスカスにエメラルドグリーンの海という1枚の画像がまたもや恒例のごとく貼付されてるところ。

 

 

次の夏休みの行き先でしょうか

 


一周忌が終わったら、昨年の顰蹙、大バッシングのきっかけとなったハワイのように、またも南国への旅支度を始めているという感じか。

 

意味不明ですね、ブログ内容の画像に、一ミリの関連性もないというのは本当に麻耶さんのブログの特徴であり、暗号のようなものなのでしょうか。

まさか、妹の旦那さんと三度目の南国バカンスというのはあり得ないので、ただの美しい画像を貼ってみたかっただけかもしれないですね。

 

これで一周忌があけてすぐ沖縄、あるいは南国へまたも同行したということになれば、それこそ記者会見を必要とするほどの珍事、異常事態に思えますから。

 

さて、飛ばしてしまった「4」ですが、タイトルは「おはようございます!!」です。

 

これは今日の朝の更新(09:57)となります。

 

ここでは誕生日コメントを喜んでくれている読者に対し、

ありがとうございます
うれしいな

とコメント。

 

そして、自分が誕生日コメントをするきっかけになったのが、

【誕生日...
誰からもお祝いされませんでした】
 
【麻耶ちゃんから
お祝いメッセージもらえて嬉しかった】

というコメントを目にしたことがきっかけだった、ということを書いています。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

さらに、

ポジティブな言葉を綴ることで
私自身が、パワーをもらっています
 
 
 
今日も、自分が主役 の人生物語を
楽しんでくださいね
と続けてコメント。
 
驚いたのはここでも全くブログ内容とは無関係に、南国を象徴する真っ赤なハイビスカスのアップの画像が掲載されていること。
 
というより、時間の経緯からしたらこちらが「5」より先ですから、ここで無関係の南国を象徴するハイビスカス画像を貼付し、さらに2時間後にアップした「5月3日生まれの方!」タイトルでも、内容とは無関係のハイビスカスとエメラルドグリーンの海と青空の画像を貼付していたということになりますね。
 
ものすごいですね、この猛攻撃。
「無償の愛」の見本ですね!
 
必ず見返りを期待する、求める、催促する。
それが気のせいじゃないと思えるのは、昨年の麻央さん逝去後からの連続しての旅行を辿ってみるだけでも一目瞭然。説明の必要もないでしょう。
 
今のところ最後となっている「6」番目のブログ、タイトルは、
「主人公!?と思った方へ こういうことが言いたかったんです☆」の内容ですが、
 
コメントで教えてもらいました♬
 
THMIS mama さん、
ありがとうございます!!
 
 
さだまさしさんの歌に
『主人公』という曲があるそうです!
とコメントし、
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)
 
さだまさしさんがの「主人公」という曲を歌っている動画をそのままアップ、その下に、
〜3分48秒から
 
小さな物語でも
 
自分の人生の中では  誰もがみな主人公
 
時折思い出の中で
 
あなたは支えてください
 
私の人生の中では
 
私が主人公だと
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

とその歌詞を綴っています。

 

ここまではま〜いいのですが、意味不明なことがこの先…。

 

自分の人生では、自分が主人公
 
という考え方があるのを知ったのは、
6年前くらいかな。
あの時の衝撃は忘れられないっ!
 
 
でも、もっーーーと前に
さださんのこの曲を知っていればーー
 
でもでも
あの時が、私のタイミングですねッ。 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

何が言いたいのかさっぱりわかりません。
 
でも でも あの時が、私のタイミングですねッ。って、「あの時」って誰もがそういえばわかるような「時」ですか。
 
それって、「どの時」のことですか!?
 
 
何年も前から麻耶さんのブログを読んでいるわけじゃないので、さっぱり意味が通じません。
 
前から読んでいる読者の方々にしても不明かもしれませんが、一体何が言いたいのでしょう。
 
繰り返しになってしまいますが、つまり麻耶さんは、
 
 
6年前くらいに 自分の人生では、自分が主人公だという考えがあることを知った。そんな考えがあるなんて知らなかったため、それを知ったときの衝撃は忘れられない。
でももっと前に、このさださんの「自分の人生では自分が主人公だ」ということを知っていたなら……
 
と、ここで「笑」という文字を赤で3つも並べるところが怖すぎる。
 
けれども、あの時(いつをさすのかわからない)が、私のタイミングだったということか…

 ということですよね。

 

あの時って、いつのことでしょうね。
もっと早く自分が人生の主人公だということに気づいていればよかったという後悔の気持ちを綴っていることになるわけですから、非常に意味深です。

 

麻耶さんは読者が思っているより何百倍も何千倍も強い。
それだけに、姪っ子甥っ子に依存することなく本当の意味での、オリジナルな「個の人生」を極めて欲しいと切に願うばかりです。

 

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はコチラ