毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 3日ぶり更新!母校の青山学院で「いのちの授業」報告

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻耶さん、24日の朝に「これから、すこし、お出かけです」と言ったきりブログ上では行方不明状態でしたが、さきほど3日ぶりに更新しましたね。

 

タイトルは「お久しぶりになってしまいました…」。

 

書き出しの一行目は、

 

ブログの更新が遅れてしまいました。 

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

続けて、

バースデー数秘
楽しみにしてくださった方、
遅れてごめんなさい。
必ず更新しますのでお待ち下さい

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とのこと。

 誕生日数秘の”初心”と”動機”はどこへやら

 

究極のことを言ってしまえば、毎日更新しようが、10日に一度しか更新しなかろうが麻耶さんの勝手だし、赤の他人が口を出すことではないでしょう。

 

しかし、そんな自由な更新を自ら「誕生日数秘占い」をやることによって窮屈にしてしまったのは麻耶さん自身。

 

さらにその「誕生日数秘占い」は、その日に更新してこそ意味があるものだから厄介だし、何日飛ばそうがまとめて更新しようが私の勝手でしょ! というわけにはいかなくなっているのですよね。

 

自分の首を自分で締めるという言葉ありますが、まさにそれを地で行く感じ。

 

くどいようですが、誕生日数秘がスタートしたそもそもの由来、動機というのはたしか誰にもその日お誕生日を祝ってもらえないという人々のためだったはず。

 

つまり、誕生日にHappy Birthdayを言ってあげることが、数秘占い以上に大事だったはず。

 

もっといえば、本当にそれが動機であり心の発露なら、数秘を占う時間や労力がなくても、自撮りする労力と時間があるなら、たった一言でいいからその日の誕生日の人に向けて「Happy Birthday!」とブログでお祝いしてあげることだってできるわけです。

 

でもそれはしない。

なぜか。

 

それが本当の目的じゃないから、と言われても仕方ないでしょう。
いわば「Happy Birthday!」は数秘をブログで展開し、ブログアクセスアップのための手立てとして考えた手段であって、決して目的ではないということになってしまう。

 

そう思われても反論できないということになる。

 

心があればできるはずです。
そして、そんな片手間にはできないし、どうせなら誕生日数秘と絶対一緒にアップする形じゃないとイヤ! というのなら、なんとか毎日更新できるように期待して待っている読者に対してだけは誠意を見せたらいいのです。

 

でも、麻耶さんは、「遅れてごめんなさい。必ず更新しますのでお待ち下さい」と言って、まとめて更新することを予告する。

 

すればいいんでしょ、というやっつけ感が半端じゃない。

 

誕生日の数秘なんて麻耶さんでなくちゃいけない理由なんてどこにもないわけです。麻耶さんが「自分ならでは」のことをしたいということであればそれは誕生日数秘よりむしろ、「Happy Birthday」とその日の誕生日の人にその日のうちに、それも早めに言ってあげることぐらいじゃないでしょうか。

 

なのにそれすら自分の都合で理由も言わずに放り投げる。
放り投げないまでも、放置する。

 

これでは、嘘つきと呼ばれるし薄情と思われ信用を失うのも仕方ない。信用のない人から占われても、で? ということになるだけがオチでしょう。

 

なんだかなです。

 

 

ミーハーな目的で呼んだのか!?

 

麻耶さん、今日は「いのちの授業」だったようです。

前宣伝がなかったですね。

 

今回は珍しく東京、それも母校の青学だったようです。

 

ブログでは、

今日は、母校
青山学院大学で いのちの授業を
させていただきました。
 
 
法学部から呼んでいただき、
法学部の学生さんに。
 
 
母校で いのちの授業をできたこと、
本当に嬉しかったです。 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

と、法学部の学生から呼ばれたと説明してますね。

 

なんだか非常に奇妙な感じがします。
思わぬところから矢が飛んできたような、とってつけたような違和感。

 

それが何なのかはよくわからないですが、自慢の母校から呼ばれた「いのちの授業」であるにもかかわらず、麻耶さんが宣伝どころか告知をしていなかったことに対する疑念かもしれません。

 

理由はわからないですが、東京は地方講演とちがってシビアな眼や声が多いということもあって事前告知がしにくかったのでしょうか、全くのこれは憶測ですが。

 

そしてブログでは、

 

さらには、
授業終了後、
教室の外で待っていてくださった方々。
 
エレベーターの前で
声をかけてくださった方。
 
駐車場で
お話しした方。
 
ありがとうございます。
 
 
この命を大事に、
今を大切にしていこう
 
メッセージを伝えられて
良かった。
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

とコメント。

 

麻耶さんからメッセージをもらう。

それも命の大切さを、今を生きることの大切さを麻耶さんから伝えられる。

 

法学部とはいえど、やはりそこは学生ということなのかな。

酸いも甘いも知り尽くした、多くの修羅場をくぐってきている百戦錬磨の大人たちの前では到底通用しないので、大学生までが講演対象となるギリギリか…。

 

いっけん何が映っているのかわからないカラフルな照明付きの画像が映っているなと思いきや、

 

天井が美しくて、思わずパチリ

自分色を輝かせよう♡

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

ということで、どうやら天井の画像をアップしたということが判明。

 

また自分か………。

 

本当に自分第一ですね。

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はコチラ