毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶ひとりカラオケ「愛が生まれた日」熱唱で大盛り上がり!?

 

 

 

ころもです。

 

海老蔵さん一家に落ち着きが戻ってきた感じ。

何かにつけ前に出ていたキューレンジャーがなくなったことと、麻耶さんの存在が薄れてきたことが連動しているのも面白いですね。

すぐに再開するかもしれないですが、少なくともキューレンジャー以外のものを観る、着る、遊ぶ、それだけでも進歩に感じます。

 

さて、そうなると心配なのが麻耶さんの言動。

昨日は2記事更新しましたが、なんていうのか……

 

麻耶さんの日常を見ていると、仕事というものの大切さを身にしみて感じますね。労働という意味の「仕事」というよりは、社会との接点というのか、社会に貢献している自分、社会に必要とされている自分という意味で。

 

人生を楽しむのは大いに結構だし、みな違う形や方法でそれは体験しているわけですが、麻耶さんのブログを読んでいると、「楽しんでいるように見せている」「幸せそうに見せている」、そんな表現が多いように思い、それが返って痛々しさを誇張してるように感じてしまいます。

 同じツツジは偶然か!?

 

偶然というものは勿論あるし、この時期ならではの花という意味では仕方ないかもしれないですが、昨日、18日のブログで海老蔵さんと麻耶さんが全く同じではないですが「つつじ」の画像をUPしていますね。

 

麻耶さんは11:46。
海老蔵さんは14:32。

 

これって偶然?

 

 

と、この話題はもういいとして、昨日2記事目の最初のタイトルは、

「自分を咲かす4月18日」。

 

アクセスの御礼を言うと、

朝出会った お花たち♡

ひとつひとつが見事に咲き、
みんなで集まると、さらに魅力が増す

ということで、薄ピンク色のつつじの花を合計3枚UPしています。

 

道端で、圧倒的な存在感でした 

 

とコメントした後は、

自分に出来ることは まずは自分のこと
迷ったら、自分に集中ですね

 

自然から教えてもらうことは
心に響きます。

 と。

 

「迷ったら」という言葉が意味深ですね。
突然に出てくる。

 

何についてなのかはこの文面からは一切わからないし、伝わらない。
ただ「迷ったら」と、自らの胸中の一端をつぶやき、とにかく「自分に集中」と。

 

読者はこれら拙い文面から類推するしかないのですが(する必要もないといえばないですが…)、おそらくこれからの自分の「身の振り方」なのじゃないかと。

 

海老蔵さん一家は次のステップへ進んでいるように感じます。
子供たちは感化されやすいという危うさと同時に、環境の変化にすぐ慣れてしまうという強い側面もある。

 

麻耶さんがいればキューレンジャーに夢中になってみせても、麻耶さんがいないならいないで自分たちの思うままの遊びで楽しく過ごす。

そしていつか、居ないことが当たり前になっていくでしょう。

 

つまり、出番が確実に減っている、減っていく、減らされていく焦燥にかられているのじゃないかと想像できるわけです。

だから何?ということではないですが、独身で恋人もいない麻耶さんにとっては受け入れがたい現実ばかりになっていくことは目に見えてますね。

 

この日の数秘は

様々な人を受容できる大きな心で
チーム全体をまとめたり、
新しいことを切りひらくリーダーになれる
能力の持ち主です
 
人生後半は、
自分の考え、やってきたことなどを
世の中に形に残していくといいですょ

という内容でした。

 

人生後半はもはやツッコミを入れることすらためらわれるほど、「なぜ?」のオンパレードですが、とにかく、人生後半である必要のないことばかりだし、その日の誕生日の人にだけ言えることでもない。

誰にしても、自分の考え、やってきたことなどを世の中に形に残していけばいいと思います。それを望むなら、ですが。

 

少しだけ生活が垣間見えたが…

 

昨日の最後、2記事目の更新内容は22:33で、タイトルは、

「ひとりカラオケだったハズが!」です。

 

先日、夜、無性に
カラオケに行きたくなり

 
自分の want を叶えることに♪
かなり、迷いましたけど!
 
いつもなら、頭で考えて...
 
夜遅いし、
明日の朝早いし、
ひとりだし、
 
と、自分のwant を
却下する傾向なのですが

ということでカラオケに一人で行ったようですね

 
今は一人カラオケの人も多いようですが、今の麻耶さんの状況で一人カラオケという言葉を聞くと何だか切ない。
 
しかし本人的には、
 
いやーーーー
叶えてあげて良かった♡♡
 
楽しすぎて、楽しすぎて
大盛り上がり♡
 
やっぱり、来てよかったぁー
サイコーー!
 
と、満喫してたら
 
今度は、
デュエット曲を歌いたくなり
 
ひとりデュエットを
しばらく、堪能!!
ということで大盛り上がりだったよう。
そしてかなりテンション高めが伺える文面が続いてますが、
 
んんー、、、、でも、、、、、
 
相手の人がいた方が、いいよねー
 
と、思ってたいたら!!
 
 
っーーーーーーー!
 
すごい!機能があるんですね。
と、画像をまず1枚UP。
そこには「愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる」の歌詞が出ていて、背広姿の男性がマイクを握りしめコチラを見ている。
 
その下に
男性が!
とコメが入り、
少しだけ表情が変化し、先程と同じ歌詞が出ている画像がまたUPされ、
こっちを、向いて、、、
とまたコメが入り、
これまた同じ男性が今度はさきほどより大きく口をあけて同じ歌詞が出ている映像がUPされていました。合計3枚、歌詞も「愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる」がずっと同じ。
 
これ、藤谷美和子さんのヒット曲ですよね。
「運命を信じてる」という歌詞の部分がやけに強調されているようで怖い。
 
歌ってくれるーーーーーーー笑笑
 
しかも、めちゃくちゃ上手だから
2人で歌うところが、
 
気持ちいいいいいいーーーー!!
 
この機能に気づいてよかったあ!
 
 
必要なものは
すべて目の前にあるんですね♡
つまり、この映像の中の男性とデュエットできて大喜びの麻耶さんだったということですが、本当に一人だったのでしょうか。
 
選曲や盛り上がり方が少し心配ですが、まだ実態のある内容ですね、花だけ、カフェオレだけというブログよりは。
 
ただ、楽しげであることをどんなに強調したところで、麻耶さんの置かれている現状の悲壮感ばかりが伝わってきてしまう。
 
実際、海老蔵さん一家とこの数ヶ月のような享楽の日々は続くわけがないのですから、どこかで線引して自分の人生を生きなければですね。
 
これまでが「異常」とも言える非日常的な日々だったのですから、本来はこの状況が麻耶さんの生活ということなのでしょう。
 
ポジティブであることは褒められることですが、ポジティブ過ぎると人は心配になるものだということを、今日もまた麻耶さんのブログを読んで再認識しました。
 
ではまた。
 
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)