毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 再びブログに「バースデー数秘コバマヤ」記載を再開

 

 

ころもです。

 

どんな心境の変化があったのか。

麻耶さん、本日9日の誕生日数秘の最後に「バースデー数秘コバマヤ」という名称をまた記載することにしたようですね。

これからは「占い師」として本格的にやっていきたいという意思表示のあらわれでしょうか。

占い師じゃないと否定したものの、どう考えても数秘で占っている現実に変わりないなということで腹をくくったのでしょうか。

お仕事の中心となっていくブログの大黒柱として数秘を考え、名前を入れたほうが本腰を入れた感じになるのでそうしたのかもしれないですね。

ただ…

 

人生後半は、さらに麻耶さんの個人的な「独壇場」になってきた気がしてなりません。

食物と花だけのブログって…

昨日は「京都&4月8日」というタイトルが1記事。

「日曜日いかがお過ごしですか!?」と話しかけたあとに、

今夜、楽しみにしていた予定があるので
のんびり過ごしています♡

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログ「京都&4月8日」より)

というコメントの下には、

こちらのブログを見て
京都からヨガトレッチに来てくださった
お客様が、麻耶ちゃんと半分こしてね、と
お土産をくださったそうです。 

 ということで、お土産の箱が3つ写り込んでいる画像がアップされています。

「いのちの授業」の講演に関するブログのときでも大半が食物の話題なので、食物のお土産が一番喜ぶだろうという配慮なのでしょう。

 

ちなみにその画像に映っている箱のタイトルは、「御縁の桜」「山椒・七味」「ばぁむ」の3つ。

「御縁の桜」というのは”桜湯に使う塩漬けの桜の花びらをそのままさくら葉生地にあしらって、中 には小倉餡と求肥を挟んだおせんべいの生菓子”で、日本ギフト大賞京都府賞を頂いている、御縁を結ぶ和菓子のこと。

「山椒・七味」というのは、一回使い切りの七味豆袋が50袋と山椒豆袋が25袋入っています。

「ばぁむ」というのは、「京ばぁむ」のことで、宇治抹茶と京都産豆乳を使用し幾重にも焼き上げたという、しっとりふんわりのバームクーヘンですね。

余談でした。

この日、4月8日のバースデー数秘では、

お釈迦様のお誕生日でもありますね♡

とあり、

エネルギッシュでパワフル!
人を巻き込む力があります。

とコメント。さらに、

目標に向かって仲間と達成することに
喜びを感じます。

とも。

何となく、この仲間というのがkoyumiさんのように思えてしまうから不思議です。

いつもの人生後半についてですが、

人生後半は、自分の喜びを大切に
子供のように無邪気に過ごしてくださいね

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とのこと。

数秘で占うほどに特別な内容でも何でもないですね。友達との何気ない会話のなかで普通に出てくる会話という感じ。

というか…

麻耶さんの願望?現実?

 

ちょっとだけ麻央さんを匂わせるワードが

 

本日9日は「朝のお散歩 4月9日」と「2018/04/09」というタイトルの2記事を更新。

 

「朝のお散歩 4月9日」タイトルでは、1週間が始まったこと、新年度あまり無理しないようにということと、「朝のお散歩で出逢ったお花」ということで、花の画像を1枚アップ。

 

4月9日誕生日の方には、

寛容でオープンマインド
人のために動くことができるあなた

賢くて、
後方から自然に人をまとめる力も
あります

 と占い、

 

人生後半は、
◯◯しなければ!をZEROにして
自分の癒やしを1番に考えて
のんびり過ごしながら
何か形になるものを残すのが
おススメです。

 

バースデー数秘コバマヤ

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

と、週刊誌にからかわれるような記事を書かれてから封印していた「バースデー数秘コバマヤ」という文言を再び掲載することにしたようです。

 

これが私の生きる道、ということなのでしょうか。

わかりません。

 

わかりませんが、わかりたいとも思いません。

 

匂わせることが多すぎる海老蔵さんと麻耶さんのブログから、「正しい回答」なるものを得ようとするのはそもそも時間のムダだと改めて思うからです。

 

昨日のブログに記載してあった「今夜、楽しみにしていた予定があるのでのんびり過ごしています」ということについても、予告しただけで二度と触れない。

 

匂わせるだけ、憶測させるだけが目的としか思えないような書き方をしているので、そこに誠実な答えを求めることにも意味はないということになるでしょう。

何があるのかな? と思わせることで目的は達成しているはずですから。日記ですね、つまりは。

 

「ゼロ」と書けばいいところを「ZERO」にして麻央さんを思い出させましたが、なんだか麻耶さんが「ZERO」を敢えて使うと、麻央さんの存在を「ZERO」にする宣言のように聞こえてくるのですから、これまた不思議です。

なにもかも麻央さんの生きてきた場所に上書きしていく麻耶さんの姿をあまりに多くブログで見てきたせいでしょうか。

 

もはや下手な家族よりずっと一緒の時間を過ごしているとしか思えない麻耶さんと海老蔵さんの日常。

 

何を信じるかと言えば、言葉じゃなく「行動」です。
「ないない」と何度言っても、寸暇を惜しんで一緒に過ごしていると想像できるようなブログを互いにあげていては意味がないです。

 

誤解されたくなければ、誰が撮影しているのか、誰と今日は過ごしているのかまで明確に示したほうがいいのではないでしょうか。

そこがいつも曖昧にされて推測を招く所以なのですから、そこを誤解されたくないのならピンポイントで伝えればいいだけのことです。

 

でも、それをしないのですよね、海老蔵さんも麻耶さんも。

報告義務などないですが、誤解されるのが嫌なら自ら報告してしまえばいいだけ。それだけのこと。

 

それにしても、本当に自己愛の塊ですね。
「自分の癒やしを1番に考えてのんびり過ごしながら」って、まさに麻耶さんの得意のフレーズじゃないですか。

 

それこそ、前日8日のブログで「今夜、楽しみにしていた予定があるので のんびり過ごしています」という言葉そのものって感じ。

 

まさに「願望」、あるいは「現状」そのものか。

 

「2018/04/09」タイトルでは、ビルの谷間に沈む太陽の画像が1枚アップされ、

地震に遭われた方
一日も早く穏やかな時間が訪れることを
祈っています。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

というコメントが記載されていました。

 

以前、豪雪ニュースの際に不謹慎な発言をして大顰蹙でしたが、そのことの反省もあるのか、これは穏やかな投稿でしたね。

 

キャハやるるんやチャオなど、人の気持を逆撫でするようなふざけた発言を控えるだけでも随分印象が違います。些細なことなのに、なぜこれまでそういうことに無頓着だったのか不思議ですが、誰かに注意された可能性もあるのかな。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら