毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

一番好きな女子アナランキング発表!大手広告代理店資料から

 

 

ころもです。

 

自称ではなく、本当の女子アナウンサーのなかで「一番好きな女子アナは誰か?」というアンケート結果が『週刊現代』4月14日号で発表されました。

これは大手広告代理店が行った最新の調査結果を『週刊現代』が手に入れたもので、男女別に4つの世代の一般視聴者を900人ずつ抽出し、約7000人にインターネット上でアンケートを行ったもの。

その際、

プロフィールを貼付した顔写真の画像を示し、この人物を知っているかをまず質問し、各局で一般的な認知度の高い女子アナを選抜したうえで「好きなアナウンサー」を挙げてもらったといいます(順位は一般男性と一般女性の得票数を合算したもの)。

さて、肩書じゃなく、本当にアナウンサーとして活躍している人々のなかで誰が1位に選ばれたのか、何となく想像はつくな。

 一般視聴者「男女」が選んだ”好きな女子アナ”発表!

 

1位 水卜麻美 30歳(日テレ)

2位 弘中綾香 27歳(テレ朝)

3位 山﨑夕貴 30歳(フジ)

4位 三田友梨佳 30歳(フジ)

5位 大下容子 47歳(テレ朝)

6位 久慈暁子 23歳(フジ)

7位 永島優美 26歳(フジ)

8位 大江絵理子 39歳(テレ東)

9位 竹内由恵 32歳(テレ朝)

10位 吉田明世 29歳(TBS)

11位 江藤 愛 32歳(TBS)

12位 宇賀なつみ 31歳(テレ朝)

13位 福田典子 27歳(テレ東)

14位 古谷有美 30歳(TBS)

15位 椿原慶子 32歳(フジ)

16位 西山喜久恵 48歳(フジ)

17位 生野陽子 33歳(フジ)

18位 鈴江奈々 37歳(日テレ)

19位 滝 菜月 24歳(日テレ)

20位 小川彩佳 33歳(テレ朝)

 

水卜アナウンサーが圧倒的首位で、男女だけでなくクライアント人気でも1位を獲得。

結婚してますます人気が高まることが予想される、山﨑アナも強い。

 

以外なのは2位の弘中アナかな。もう少し下かと思ったのですが、レギュラーの「ミュージックステーション」効果が大きそう。

 

総合で8位ではあっても、大江麻理子アナはクライアント人気では2位。47歳の大下容子アナは女性からの人気が高く3位。クライアント人気でも大江アナに次ぐ3位を獲得。

昼の顔、そして今ではテレ朝の「カトパン」と呼ばれる所以ですね、年齢を越え人気不動です。

 

新人ながらも健闘したのは総合6位の久慈暁子アナ。女性からの人気は13位、クライアントにいたっては21位という順位なのに、男性からの人気が3位ということで上位に食い込んだという感じです。

20代、30代が占めるなか大下容子アナに次いで奮闘しているのが、フジの西山喜久恵アナ。この方は女性人気が高く、48歳とは思えぬ若さを今も感じる人。

 

好きな「フリーアナウンサー」の順位はこちら

次はフリーになったアナウンサーの順位をご紹介。

同じく、大手広告代理店がクライアントにCMキャスティング資料として行った調査になります。

 

1位 滝川クリステル

2位 夏目三久

3位 加藤綾子

4位 高島彩

5位 田中みな実

6位 赤江珠緒

7位 新井恵理那

8位 膳場貴子

9位 川田裕美

10位 雨宮塔子

 

いかがですか。

 

おもてなし、の滝川さん。以前根強い人気ですね。

カトパンは全盛期が過ぎたのか意外にも3位。健闘しているのは、深い闇を隠さなくなった田中みな実アナですね。

 

子育てが一段落したのか高島アナもカトパンに続く4位、そしておじ様にはたまらない膳場貴子アナ、スキャンダルもどこかへ飛んでしまった夏目アナも際立ちますが、バラエティにきて水を得た魚のように活躍しだしたのは川田アナでしょうか。

 

皆さん、よく見ていますね。
そして誰もがやはり、番組の顔になっている方ばかり。

 

ちなみに、「好きなNHKアナウンサー」も発表されていました。

 

1位 有働由美子

2位 桑子真帆

3位 近江友里恵

4位 杉浦友紀

5位 副島萌生

6位 井上あさひ

7位 鈴木菜穂子

8位 和久田麻由子

9位 久保田祐佳

10位 合原明子

 

有働アナもまた不動の人気者ですね。

飾り気がなく、MC力も高い。視聴者はちゃんと見ています。

 

桑子アナも人気が高いですね。個人的には井上あさひアナも好きです。

 

それにしても、アメブロでアナウンサー部門1位となっている小林麻耶さんは全くもって、かすってもいないですね。

 

もはやアナウンサーとして認知すらされていないのでしょうか。

忘れ去られてしまったのか…。

 

ではまた。