毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「仕事が終わりホッと一息」姪甥との遊びを正当化!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

海老蔵さんは今日から東北ですね。

果たしてマンションで姪甥の留守を預かるのは誰なのか。

 

そろそろ、本当にそろそろその辺を明快に示したらどうでしょう。

今日から出張なので、子供達は伯母さんにとか、祖母にとか、何でもいいからその留守を一体誰が子守をしているのかハッキリさせれば、そこに不満があったとしても不要な憶測を生まずに済むのに、本当にアクセス狙いの「思わせブログ」と言われる所以はまさにこの「あやふやさ」ですね。

 

さて、昨日は4記事のブログを更新した麻耶さん。

今日の『週刊女性』では、麗禾ちゃんのお受験を家族一丸となってサポートしているメンバーとしてようやく「麻耶」という名前が掲載され、少し機嫌がいいのじゃないでしょうか。

 あくまでも「仕事」であることを強調!?

亡くなった妹の大好きな旦那さんとたくさん同じ屋根の下で過ごし、「最愛の妹」という免罪符と共に毎日が幸せ三昧、ハッピー三昧の麻耶さんですが、本当にこれだけが仕事なのじゃないかと思えるほどに仕事をしている様子がありませんね。

今年に入って何回仕事らしい仕事をしたでしょう。

 

でも本人曰く、限定ブログで「絶対愛」で姪甥を包み込むと断言しているわけですから、姪っ子甥っ子と日々過ごすことは当たり前でしょという言い訳をしたいのかも。

 

これ、本当に望む芸能の仕事が入ってきても選択するのでしょうか。仕事があるのに断っているというより、仕事が待てど暮らせど入らないので、このまま「送迎・遊び」の担当を買って出るような言い方をして自己弁護をしているように思えます。

 

昨日は、「◆3月26日」「おはようございます!!」「東京ミッドタウン桜2018」「デザート」の4記事のタイトルを更新した麻耶さん。

 

バースデー数秘の「◆3月26日」はやはりアメーバ限定にしています。

誕生日数秘の通常のメッセージもさることながら、「人生後半は…」の部分は毎回麻耶さんの独壇場と化してますね。

自分の希望、自分へのエール、自分からの宣誓、そんな感じ。

 

3月26日生まれの人についは、

人生後半は
現実のことばかりではなく
精神世界への探求もおすすめ!!
直感を磨いてくださいね♡

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とコメントしていますが、精神世界への探求を人生後半まで待つ必要もなく、必要とあれば今すぐにでも、今日からでもどうぞというものです。

大体にして全体的に失礼だし、何様目線ですね。

不特定多数の、自分よりずっと優れている人が大勢いるかもしれないのに、そんな人たちはとうの昔から精神世界への探求を続けていて、直感力にも麻耶さんの何百倍も優れている可能性だったあるというのに、相手が見えないことをいいことに、常に自分目線、そして完全なる上から目線のアドバイス的な数秘の言い回しというのは、カチンときます。

 

このブログの最後には麻耶さんが数秘を教わった、峰ちさきさんという方の誕生日ということも報告してあり、

現在も資格取得講座やセッションや通し
多くの方々を幸せに導いています♡
全国各地、海外からも
お客様がいらっしゃるそうです

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とコメント。

 

おそらく「セッションを通して」と言いたかったのでしょうが、急いで書いているのか、推敲していないのか、いろいろありますね。

 

そしてこの「峰ちさきさん」という方にお誕生日おめでとうを告げると、この方のブログのURLを貼付してあり、クリックするとその方のブログへ誘導されます。

なんだか広告塔みたいになってきてますね、麻耶さん。
koyumiさんにしてもそう、うまく互いがビジネスパートナーとして成立している感じ。

 

実際、ブログが麻耶さんにとっての「最後の砦」のようになってきているので、さまざまな人々を巻き込んでいったほうが互いの利益になるということもあるのでしょう。

 

その頂点が海老蔵さん一家との絡みによるブログ更新だということは、もはや説明の必要もないかも。

 

 

珍しい早起きも「匂わせ」たっぷり!?

 

麻耶さんは夜型というイメージですよね。

二度寝三度寝ということも自身でよく書いているとおり、朝にはめっぽう弱いという印象が読者ファンの中でも固定しているかと思います。

 

そんな麻耶さんが、昨日26日の朝は最初のブログを07:21に更新。

タイトルも「おはようございます!!」に感嘆符が2つもついて何だかはしゃいでいる感じ。

 

冒頭から、

新しい1週間が始まりました

 

早起きして、お散歩しながら
朝の空気をたっぷり吸いました

清々しい気持ちで一日スタートです♡

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とまさに夜型の人がハイテンション。

 

そんなスッキリ爽やかに感じるようなこと、昨夜何かありましたっけ?

 

ああ! とここで膝を打つわけです。

 

深夜遅くに海老蔵さんが新潟から東京へ帰ってきたのでした。

この日(25日)は新潟公演が昼夜2回あったにもかかわらず、19:20に

約3時間ちょいかけて家に戻ります

とブログにアップ。

その間も海老蔵さんマンションで留守番している勸玄くんの様子は誰かによって撮影され、ブログアップされて読者は二元中継を見せられる感じ。

 

私は東京駅着きました。
 やはり
合計家から合わせて3時間半3時間半
7時間の移動はこたえますねワラ
 
間は二回公演。
笑うしかない蔵です笑笑

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより)

と21:57に海老蔵さんがブログアップしたわけですが、タイトルは「もう寝たらしいですが」ということで、もう眠ってしまった情報を得てから、麗禾ちゃんと勸玄くんのじゃれあっている画像をブログにアップしています。 

 

そのブログアップから約1時間後の22:56にブログはまた更新されているわけですが、「しめに」というタイトルをつけたこの内容としては、疲れを取りにということで酵素風呂へ入ったと思わせる画像が2枚アップされていました。
 
酵素風呂画像に写り込んでいる時計の針は、22:10ちょっと過ぎをさしているので、酵素風呂についてすぐの頃に画像は撮影したのでしょう。
 
酵素風呂の場所がどこにあるのかわかりませんが、このブログの流れからいくと、もう子供達は眠ってしまったという報告を受けた海老蔵さんは東京駅から酵素風呂へ直行し、家には帰宅していないのじゃないかとも思えるわけです。
 
帰宅したことに関する記述も画像も何もなかったですから。
 
そしていきなりの「おはようございます」タイトルのブログが06:01に更新されていたわけですが、深夜遅く帰宅してきたのにやけに早い起床ですね。
 
そして同じく夜型で寝坊の多い麻耶さんが、この朝早起きして07:21という時間にブログ更新し、やけに張り切っている口調で「朝の空気をたっぷり吸いました」とはしゃいでいるような感じでピンク色の花のアップ画像を掲載していたわけです。
 
 
もしかして? 
 
こういう「深夜の死角」のような時間がとても意味ありげな感じですね。
わからないですが、匂わせ、思わせ全開な感じ。
 
海老蔵さんが新潟から東京へ戻ってくるというのに、子供達は早々と眠ってしまっているのも、昼間に麻耶さんとピクニックへ行ったり外で激しく遊んだからでしょうね。そりゃ外で激しく遊べば夜は疲れて早く眠ってしまいます。
 
早く眠って欲しかったのでしょうね、たぶん。
 
「東京ミッドタウン桜2018」タイトルは13:00に更新されてますが、
 
昨年同様 (//∇//)!
姪甥と遊んだ後、一人 夜桜へ
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)
と書いてあるし、夜桜の画像が連続で5枚アップされているので昨夜、つまり前日25日の夜に撮影したものでしょう。
 
上から撮った画像5枚のあとには、
下に降りてみました♡

ということで、今度は通常目線での高さから撮影された夜桜がさらに5枚アップされ、

夜桜に、うっとり

ということで、今度は月も入った画像を最後に1枚アップし、

 

外出出来ない方にも 
 
桜のパワー届け〜   お福分けです

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とコメントがはいり終わり。
 
 
昨日最後、19:45更新となった「デザート」タイトルでは、
夜桜へのハート
メッセージありがとうございます。
 
喜んでいただけて
すごく嬉しいです \(//∇//)\
 
 
仕事が終わり、ホッと一息

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

とコメントし、「仕事が終わり」という表現を使っていました。

 

これって、もしかして…、いや、もしかしてじゃなく、姪っ子甥っ子たちとの花見や遊びのことを指しているんですよね。

 

仕事、ということにしたのですね。

 

愛情ではなく、任務完了と、そういうことでいいのでしょう。

おそらく…。

 

このブログの最後には、こういうことをするのが嫌味だと思うのですが、

皆々様、お疲れ様です
 
これからお仕事の方も
いま、お仕事中の方も
病気療養中の方も
子育て中の方も
介護中の方も
ぼぉーっと中の方も
 学生の皆様もお疲れ様です

 (引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 とコメントして締めています。

 

八方美人でありながら、四面楚歌になるような発言を繰り返す麻耶さん。

ほんとうに不可思議な人です。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら