毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「自分だけは自分の味方でいたい」自己啓発に自己陶酔!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

この一週間で、約400人ほどの「読者登録数」が減っていますね。

ブログ内容が稚拙というだけなら、おそらくここまで読者は離れないでしょう。

 

放置しておくこともできる「読者登録」を解除するという行為の裏には、その一人ひとりに「解除せずにはいられない動機」がしっかりあるはず。

 

そしてそれらの多くは、麻耶さんの伯母という立場を利用した堀越家への「不気味で長すぎる介入」への不快感と苛立ち、加えて「怒り」が込められていると感じます。

 

近頃の麻耶さんの言動は、もはや「体裁などどうでもいい」という気分満々で、とにかく、一世一代(一生のうち、ただ一度であること)、またとないチャンス到来に目がくらみ、周囲の景色が何も見えなくなっているような状態に思います。

 

 ”とってつけたような”優しい言葉が怖い

昨夜最後の麻耶さんの更新は23:04。

タイトルは「おやすみなさい★」。

 

「今日はどんな一日でしたか」で始まり、「これからお休みの方ももうお休みの方も眠れない方も いい夜を過ごせますように」とコメントし、

夜勤の方、お疲れ様です♪
身体に気をつけてくださいね♫♪

と、続けたかと思うと、濃いピンク色の薔薇のどアップ画像を一枚UPし、「お花のパワーに助けられています 感謝」で締めくくっていました。

 

そして今日は、

「◆3月8日」「3/21 祝 ご当地大作戦 in 奈良!」「answes」という3つのタイトルブログを更新。

 

「◆3月8日」では、

「今日の東京、朝から☂です!!」の言葉で始まり、

足元が悪い地域の皆様
出勤、登校、送り、夜勤帰り
お気をつけてくださいネ♪
 
ハーブティーをゆっくり飲んで
始動です♡

 と、「私とはまるで無縁ですが」という言葉が聞こえてきそうな、とってつけたような言葉が並んだあとに、

ハーブティーの入ったティーカップを上から写した画像が1枚UPされていました。そして例のごとく、3月8日生まれの人にHappy Birthdayをコメントした後に、

生まれながらに
アイディア能力が高いビジネス人
 
豊かさを周りに還元できる力も
あります!!!
 
人生後半は、
現実世界のことだけではなく
精神世界、目に見えない世界に興味を持つと、
さらに充実した人生を歩めま
 
バースデー数秘 コバマヤより

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

と根拠も提示しない、よくわからないアドバイスのような占いのような言葉が続いて終わり。

 

人生後半は、はもう「キャハ」や「るるん」と同じで言わずにはいられないワードになってしまっているのでしょうか。

 

なぜにどんな対象者に対しても一様に「人生後半は、」と〇〇の一つ覚えのように使ってしまうのでしょう。浅薄ですね、何もかもが。

 

しかも「精神世界、目に見えない世界に興味を持つと、さらに充実した人生を歩めます」って、

まさに「今の私がそうですから」という感じじゃないですか。

 

自分の趣味嗜好の押し付けであることが丸わかりです。精神世界など人に勧められずとも自ずと目覚めるものであるし、目覚めなければ目覚めないでそれはそれでありだし、なんだか押し付けがましい決めつけ感が非常に鼻につきます。

何より、自分のこともままならないでいるのに、すでに麻耶さん以上に多くの幸せや豊かさを掴んでいる人々も迎えているかもしれない誕生日に、何を得意げに上から目線でアドバイスめいたことをしているのかと、読んでいるこちらのほうが赤面してしまいます。

自発的なブログというより、ビジネス的なブログということが背景にあるから、こういった「任務完了」的な内容に終始してしまうのでしょうか。

 

自己啓発本にまさに「啓発」されっぱなし!?

 

本日三度目の更新「answers」タイトルの中では日本語の稚拙さと、不可解さが際立ちます。

ご機嫌いかがですかぁー
お昼ご飯、何食べますか!?
わたしは、パンっです。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

パンっ、って……、ま、いいか。

 

このあとは恒例になってきたアレです。お悩み相談です。今回は3人のコメントを掲載し、そのうちの二人がお悩み相談になっていました(3人目の内容は割愛します)。

読者コメントの前に麻耶さんの回答らしきコメントが入るので、突拍子もない印象が拭えず読みにくいですが、順序どおりにいけば、まず麻耶さんが、

non1non1777さん
 
自分に優しく...
今日も一日できなかった 
◎ まる〜♡
 
昔に比べて、
自分にも、他人にも 優しくできない
◎ まる〜♡
 
どんな状態の自分に◎を
 
それは、自分にとてもとてもとても
優しい行為だと思います
 
 
自分を否定、批判しているのは、自分!
自分に✖️をつけないだけで、
随分自分に、優しくなれますよ
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)
とコメントをし、この後に、その回答に至った相談者non1non1777さんのコメントが続きます(というか、晒されます)。
麻耶ちゃん。こんばんは☆
いつも、楽しくブログを、拝見させて頂いています♡
先日、麻耶ちゃんが、ブログにかかれていた、自分に優しく、、、なんですが、また今日も一日できませんでした。(;_;)
(自分が、人生を楽しむ事に、なぜか 罪悪感があるのです)
今の自分は、昔に比べて、自分にも他人にも優しくできません。
悲しく、辛い毎日です。。。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

といういうもの。これに関して、先述した麻耶さんの言葉が返されたというわかりづらい配列となっています。
まあ細かなことはいいとして、どうでしょう。
この読者の方のほうがよほど人間的で血が通っていて、非常に人として魅力があるように思います。
自分だけが人生を楽しむ事に、なぜか罪悪感があるのです、と吐露するこの方、実に心優しく、同時に想像力に富む方なのだとお見受けしました。
 
この方と麻耶さんとの決定的な違いは、想像力の質と量。残念ながら麻耶さんの享楽至上主義の考え方の人には、本当の意味でのこの読者のような繊細な悩みを理解することは難しいのじゃないでしょうか。
 
人生の主人公である自分を楽しむことが大事なことは、この方も十二分にわかっているわけです。でもできない。なぜなら、この方には「人を思いやる気持ち」があるから。
そして、想像という愛情がたゆまなく人生に流れているので、こうしている今も…という思念がよぎり、自分さえ楽しければそれが一番、それが幸せという、身勝手な喜びにとても浸りきれないということでしょう。
 
ある意味「自分の楽しみが全てに優先する、他人に迷惑をかけても気にしないように生きていきたい」というような考えを豪語して憚らない麻耶さんの神経とは、真逆の神経で生きている方といっていいのかもしれません。
 
 
次の方へのコメントが最初にまた入ります。以下。
♡れみさん
 
わたしは、体調悪いときは、
寝る!だらだらする!横になる!
ぼぉーっとする!体調よくなるまで、体を待つ!
 
さんまさんは、、
みかんを食べて太陽を浴びる!と
テレビで言ってました。
 
自分がどうしてほしいのか、
自分の身体の声を聞いてあげましょ
ボディーリスニングというそうですょ♡
 
怠けてる、、と思ってしまう。
今まで相当頑張ってきたのですね。
 
自分自身に疲れた ... まる  ◎  ♡
波がある...  まる ◎
 
自分をわがままな彼女だと思って
付き合ってあげてください♡♡♡
 
今まで我慢させてきたのですから
その仕返しですね笑
 
自分に優しく
たしかに他人に
優しくする方かもしれませんね
 
でも、、
自分は、一生、毎日毎秒、片時も離れず、
自分のそばにいてくれる唯一の人です。
 
自分が寝ている時も、
心臓は動いていてくれて
息をしてくれていて...
 
こんな人、世界中探しても
他には一人もいないです!!!!
 
世界中敵になっても
自分だけは自分の味方でいたいものです♡
 
わたしも、練習中です
『自分に優しく』
コツコツ地道に
練習していきましょーーー
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)
 
言いたいことはわかるのですが、自己啓発本の内容の「つぎはぎ」、パッチワーク状態の言葉、文章となってますね。
 
沢山啓発本を参考にしているのでしょう。それは自由ですが、何度もいうようにどんな美辞麗句を並べても、麻耶さんが麻央さん亡き後にブログで見せてしまっている言動のすべてが、これら言葉を「胡散臭いものにしている」ことをまず知る必要があるでしょう。
 
言っていることはご立派。
けれども現実世界で起こっていることは何をとっても、とても褒められたことじゃないということが世間に露呈してしまっている。
 
だから、歯の浮くようなこれら言葉が色あせ、読んでいる側が恥ずかしくなってしまうのです。
 
この麻耶さんの回答は、次の読者コメントが元になっています、それがこちら。
 
140 れみ
何から始めれば良いのでしょうか
 
麻耶さん、夜中にすみません。
調子が悪くて凹んでます(T_T)
少しでも元気を出したくて、麻耶さんのブログ拝見
しています。ありがたいです☆彡
 
体調悪いときって、何から始めれば良いのでしょうか…
自分が怠けてるみたいで、なんて情け無いのだろう、と自責してしまいます。
感情はコロコロ変わり、頑張ろう!と思える日もあれば、自己嫌悪に陥る日もまだ沢山あります。波がありすぎて自分自身に疲れた。
 
「自分に優しく」
言葉にするのは楽でも、いざ行動にうつすのには難しいものですね。
他人に優しくする方が簡単だなあ。。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

こういうことです。

 

無理やり明るく前向きにすることを強要する弊害というものは、こういう形で自己嫌悪につながっていく可能性があるということ。
 
前向きに明るく、楽しく生きていこうと導くことの何が悪いの?と麻耶さんは反論するかもしれません。
 
けれども、この問いを持っている時点で、何を言っても時間のムダなのかなと思わせる要素が十分なのです。
 
この世は「明るく楽しい」一辺倒の、薄っぺらい世界じゃありません。いいこともあれば悪いこともある。
 
それこそ「あざなえる縄」のごとく、いいことも悪いことも順繰りと巡って人生を紡いている。その人生そのものであるといってもいい本来の形態の、「選んだ一面」「気に入った一面」だけに特化して生きる、それだけが現実世界そのものであるように思い込ませるということは、そもそも人間のあるべき姿とはいえないし、まやかし。
 
暗い面だけを生きて、自分に辛くあたりながら生きなさいということじゃなく、明るい面もあれば暗い面もある。成功があれば失敗がある。おちこむ日もあれば、楽しい日もある。
 
それでいいじゃないですか。

楽しい、happy、キャハ、るるん、チャオ、もたまにはいいでしょう。
でも、何があっても、どんなときにもいい大人が、チャオチャオ、るるんと微笑んでばかりいたら、心が誤作動を起こしてしまいますよ。
 
自分に優しく生きるということは、自分を偽ることじゃない。
 
あるがままの現実を受け入れ、それに素直な反応をする自分を許容する、それが本当の自分への「優しさ」であり、簡単には折れない心の在り方じゃないでしょうか。
 
ではまた。
 
追記:「3/21 祝 ご当地大作戦 in 奈良!」タイトルの内容は、長くなってしまったので後日に。