毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「いのちの授業」より地元名産で大盛り上がりの顰蹙か

 

 

ころもです。

 

もはや献血する気も失せるような、おちゃらけた「いのちの授業」。

それもこれも、自分だけが読む日記のように何でもかんでも言いたいことを言い放ち、取捨選択することもない、垂れ流し状態のブログのせいでしょう。

 

極端な話、もし今夜どこかにお通夜で出かけるとしたとして、何も食べないかといったらそんなことはない。

悲しくてもお腹は空くし、生きていくためには欠くことのできないものだから、それは必要最低限、あるいは最小限のものは口にします。

ただ、だからと言って出かける先の近くに美味しい店があるかないか、土産にするなら何がいいかなど、普通の神経なら公に口にはしないということです。

お通夜で外出した際に頂いた食事が美味しかったからといって、その食事の豪華さや美味しさ、盛り付けの素晴らしさを大げさにブログでアップして騒ぎ立てるのは不謹慎過ぎると多くの人が眉をひそめてしまう。

稚拙な例えでしたが、麻耶さんのブログというのは、そういう「ためらい」も「配慮」もないところからくる不快さなんだということを言いたかったわけです。 

読む人が読めば少し違う、いやだいぶ違うという「例え話」だったかもしれないですが、そんな「場違いな気持ち悪さ」を頻繁に麻耶さんのブログから感じ取ってしまう。

それにしても「いのちの授業」、完全に人選ミスですね。

 悲しみを紛らわすための「明るさ」じゃないと見抜かれてる!?

昨日は、「ZZZ…」「2月26日」「行ってきます!!」「到着!」「車窓から…」「@札幌駅」「いつもありがとうございます。」「おやすみなさい★」

以上、8記事を更新しています。

 

ブログを読まずとも、この8つのタイトルだけで何が書かれているのかは大体想像がつく感じですが、

 

・「ZZZ…」タイトルは、更新時間が11:48です。

昨夜は早めに寝て
結局15時間ほど寝ました!!!!
 
これから出かけなくてはならないので、
目覚ましで起きたのですが、
目覚ましがなかったら、
もっと眠れていました〜
私の身体、どうなってるんだぁ?!
準備始めます

なんと15時間連続で眠ったようです。目覚ましがならなかったらもっと眠れていたとありますが、これって、まさか睡眠導入剤とか飲んでたりしませんよね。

 

・「2月26日」タイトルは、13:56更新。 

この日の誕生日の方にHappy Birthdayをコメントし、その後に、

周囲の人に対して優しく、人情深いあなた。
統率力ももっているので、
ビジネスセンスも抜群です!!
 
人のために動けるあなたですが、
抱え込みすぎには、注意ですょ♡
 
バースデー数秘 コバマヤより

というコメントが続きます。 


バースデー数秘と自身で命名したのでしょうが、これをブログの屋台骨としてやりたかったのだとしたら、「喪中なのだからお祝いの言葉は控えて」と忠告した読者の言葉は、麻耶さんにとっては邪魔な助言でしかなかったことでしょう。

それが証拠に、今現在もお祝いの言葉は続いているばかりか、より盛り上がりを見せているといってもいいですから。助言された方のコメントは、今後こういうコメントは間違ってもしないでくださいという”見せしめ”の刑にさらされたということになりそうです。

このブログの中では「ミィ」さんというハンドルネームの方のコメントが掲載されていたのですが、麻耶さんが眠りすぎた自分に「私の身体どうなってるんだぁ」と言ったことを受けて、

「眠気が取れない時は運命の転換期らしいです(笑)」

とおそらく言ったことに、

運命の転換期!
そう、思うことにします
 
考え方を切り替えただけで、
なんだか、ワクワクです
ありがとうございます

と返していました。

 

・「行ってきます!!!」タイトルは14:39更新。 

ここでは、いわゆる誰でもツーショットが撮れるように空港に設置してある「羽生結弦選手のガッツポーズパネル」と同じポーズをした画像をブログにアップし、 

フォトスポットでパチリ
羽生選手と写真撮れて
テンションアップ
 
イェーイ!
とコメントして終わり。
奇しくも、麻耶さんが全日空のカウンターらしき場所に設置されている、羽生結弦選手のパネルと撮影したこの日は、羽生選手らが日本に帰国した、まさにその日なのですよね。
 
まがりなりにもフリーアナウンサーであるはずの麻耶さんが、一般人と同じレベルのフォトスポットでのツーショット撮影というのは、本当に崖っぷちどころじゃなく、完全にアナウンサーというステージから降りた方の行動じゃないですか。ツーショット画像の麻耶さんがはしゃいでいるだけに、なんとも切ない画像に見えました。
 
しかし俯瞰して見ることがないと思われる麻耶さんはめげません。次の、
「到着!!」タイトルを17:07に更新すると、
 
飛行機降りた瞬間から
寒いですね
と冒頭にコメントしたかと思うと、やけに二重の幅が広くなった別人のような加工の顔で画像アップ。ショッキングピンクのようなダウンに、アニメのような猫をアプリで胸元に登場させ、猫の顔の形をしたメガネもつけています。
その顔は、もう世間が知る、あのヤフーニュースに登場する麻耶さんではなく、まるでちびまるこちゃん。アラフォーになることが怖いのか、女性ではありますが、まるでピーターパン症候群のよう。
 
海老蔵さんを意識してか、「早速温かいお茶を購入」とコメントし、伊藤園の北海道限定「北の番茶」のペットボトルのみを大きく画像アップ。
 
「車窓から…」タイトルでは、
陽が落ちる寸前の雪の風景画像を2枚アップし、「夕陽が美しい」と一言入れて終わり。
 
「@札幌駅」タイトルは18:04に更新、
イルミネーションまたたく札幌駅前の夜景を3枚画像アップし、
雪が降っています
地上は歩けなそうなので
地下道へ
とコメントして、出口までの距離と消費カロリーが表示されている柱の画像をアップし、
消費カロリーが書いてあって、
歩くやる気が出ます!
 とコメント。
 
 

マイブームは「優しい」か…

「いつもありがとうございます」タイトルは21:33に更新されてますが、
 
★aさん
ありがとうございます。
 
このコメント欄で
優しい交流があること
あたたかい気持ちを送ってくださること、
とても感謝しています。
 
すべてのコメントに返信できないので、
皆様の愛に感動しています。
 
ありがとございます。
という冒頭で始まり、「a」さんというハンドルネームの方の投稿が掲載されていました。その内容が意味深です。
 
以下引用。
 
>ジジさんへ
麻耶さんじゃないのに勝手に返信してごめんなさい。どうしても書かずにいられなくて、不快になったらごめんなさい。私は昨年、突然身内を亡くしました。故人と仲の良かった方々に葬儀に来ていただきたくお知らせすると、当然、どうして?と聞かれます。当たり前ですよね。心配してくださる気持ちはとても嬉しいのですが、その時はやはり死因は言いたくなかったのです。言えなかったんです。
でもきっと、いつかはわかる時が来るのだと思います。親しくされていたのならば、必ずなんらかの形で知る日が来ると思います。
だから今はただ、故人との楽しい思い出や故人への感謝の気持ちだけをもってお別れしてあげてください。ジジさんにとって、後悔のないお別れになりますようにお祈りしています。
麻耶さん、コメント欄を使わせていただき失礼いたしました。
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログ「いつもありがとうございます」より)
 
 この後に麻耶さんは、 
ジジさん
 
とても辛い状況ですよね。
 
自分の感情を手放し、
相手に全面的に委ねるのは
すごく困難なことだと思います。
 
ジジさんにとって
そのような悲しい状況を
作ってしまっていること
もし、もし、、可能でしたら
いまは、許してあげてほしいと
家族を亡くした私は思います。
 
きっと、時間が力を与えてくれます。
 
知らなければならないことは
知る日が必ずきます。
その日が早く来て
ジジのお心が少しでも癒ることを
祈っています。
 
心からお悔やみ申し上げます。 
(引用元:小林麻耶オフィシャルブログ「いつもありがとうございます」より)
とコメントしています。
 
一体、この「ジジさん」という方がどんなコメントをしていたのかとまず気になりますが、これを掲載した麻耶さんの意図というものもまた、気になります。
 
「時間が力を与えてくれます」と麻耶さんは言ってますが、時間すら必要なかったのじゃないかと思うほどに元気な様子が、麻央さんが亡くなった直後から麻耶さんにはありました。
 
昨日最後となるブログ、
「おやすみなさい★」タイトルでは(22:35更新)、時間に力を与えてもらう必要などなかったと思われる、「いのちの授業」の話などそっちのけかと思われるほどの内容がアップされています。
 
緑と白の幾何学模様のセーターを着て、左手には敷き詰められたウニを持つ自撮り画像がまずアップされているわけですが、この顔は……いつものまぶしいほどのライトを忘れたのか、ぼかしもうまくいっていないのか、生身にだいぶ近い肌の質感が写り込んでいます。
 
目尻のシワもくっきり、いつもの光の恩恵がない画像になっていて、泣き笑いのような、なんとも言えないような感じの笑顔がそこに。
 
うにをたっーーーーぷり♡
いただきました〜
 
ホテルに到着した途端!
うにが食べたくて食べたくて
ホテルの方に教えていただいた
うにが美味しいお店 → 【むらかみ】さんに
 
お店の方もとても親切で優しくて、
幸せな夜でした〜♡
画像下にそうコメントすると、立派なウニ画像を1枚アップ、そこには「村上商店」と店の名前も入っている。宣伝も抜かりない。さらに、
 
キャー
ホッケも美味しかったぁー♡

 とコメントすると、皿にのったホッケの画像が2枚アップされ、「もう食べたい」とコメントが入り、最後に「むらかみ」とはいった店の暖簾画像をアップ。そして、

 

うに むらかみさん、
ごちそうさまでした♡
 
明日は、ラーメンですね
時間があるといいなぁ
 
そして、皆様から教えていただいた
お土産購入!楽しみです♡ 
ありがとうございます♡ 
 
『いのちの授業』頑張ります!

とコメントしてブログ終了。

 

「いのちの授業」は、最後に思い出したように一言だけ。

 

これが日赤さんが人選した、献血を推進する方のブログです。多くは語りません。これが、昨年6月に最愛の妹を亡くし、イベントと旅行、外食にスイーツ礼賛の日々を送っている麻耶さんのブログです。

 

「いのちの授業」という言葉を使わせるのも腹立たしいような、軽佻浮薄(軽はずみでうわついていること)な内容ですが、これを日赤関係者が読むこともあるだろうなという配慮は麻耶さんには一切ない感じですね。

 

ウニもホッケも北海道に行かなくても、皆さん普通に食べています。北海道のものがさらに美味しいのは何度も北海道に行っているのでわかっていますが、自分なら、私的な旅行ならいざ知らず、日本赤十字社主催の、それも献血推進のための旅行であるなら、日記にとどめておく内容であることは確か。

 

こうしている今も輸血を必要としている人がいるようなニュアンスのことも、「いのちの授業」の中では話していたような…。

 

そういう「こうしている今も」の発想が麻耶さんには不足しているんですよ。ホッケがいけないのでも、ラーメンがいけないのでも、ましてやキレイなウニの画像が悪いのでもない。

 

いったい何をしに北海道くんだりまで出かけているのですかということです。

 

自覚があまりになさすぎる。好きなものを自分のお金で食べるのは勝手。でも、献血をしたこともない人間が献血をお願いしにいく旅の途上で披露するような内容じゃない。

 

まず、自分で自分のご飯を作ってから「生きるとはなんぞや」を語りましょう。
夜中にスタバに行って加工アプリでふざけた写真をアップする時間に、自分ひとりが生きていくのに不自由しないぐらいの料理の勉強でもする、しないまでもその姿勢があることを見せるぐらいしたらいいのです。

 

「いのちの授業」を行うのに、もっともふさわしくない人を選んだ理由を知りたいものですね。

 

土産は「むらかみ」さんから持たされる「ウニ」あるいは「ホッケ」か。
和食とは無縁の生活を送っているようにみえるので、こういう食物に出会うだけで大げさにブログアップしたくなるのでしょう。

 

プライベートな旅のときにそれはすればいい。

 

ウニもホッケも日常として普通に食卓にあがるものですよ、麻耶さん。スイーツ三昧で「いのち」を語っても何の説得力もないです。

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら