毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶もはや食べログ「いのちの授業」に便乗商法で連続炎上か

 

 

ころもです。

 

加工しすぎの自撮り、そして敵を作りたがっているとしか思えない言動の連続を冷静に見ながら、もしかして「あのときの海老蔵さんのあの言葉は…」麻耶さんのことだったのかもしれない。

そう推察してしまいます。

昨年の11月27日。

海老蔵さんのブログ、「まったりとしてます」というタイトルの中にあった、あの言葉です。

 名前を言えないのに掲載する意味とは

それは、こんな内容でした。引用します。

 

朝、
友達が突発的に記憶を失った事から今日が始まり
たまたま電話した事により発覚、
これにて朝は予定全てキャンセルから始まりまして笑
 
今まで
アタフタな一日です。
しかし
たまたま電話して
そんな事になっていて
私もなんとか調整がつけられる環境の日で本当に良かった。
 
すごくそう思います。
普段はしっかりしている人なのに
 
探しに行って
見つけた時
 
地面に絵を描いて
ざわついていたので本当に驚きました、
 
世の中なにが起こるか
なにがあるか
わからない
事を改めて知りました。
 
皆が平和である事を強く望んだ朝でした。

(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログ「まったりとしてます」より)

 

この頃は海老蔵さんが麻耶さんのことをブログに書く際、「友達」と呼ぶこともあるとは知らなかったわけですが、後のブログを読んでいくにつれ、かなりの確率でそれは麻耶さんのことですよね、という対象に対しても、呼び名を「友達」と表記することがあることがわかってきたのです。

 

となると……、この「まったりとしてます」ブログの中に記載している「友達」という特定されていない人物の候補に麻耶さんが入っていても何もおかしくないのかと、こうなったわけです。

 

古い話です。今さらでもあります。

でも、「いのちの授業」での巡業なのに食物の話に終止する配慮の無さ、麻央さんへ近づこうとするあまりエスカレートするいっぽうの自撮り画像、便乗商法といわれてもおかしくない羽生結弦選手帰国騒ぎとなる渦中での、フォトスポットでのツーショット画像などなど…、例を上げればキリがないほどのはしゃぎっぷりに、違和感というよりは危機感すら覚えるのです。

 

そして、ふと、ほんとうにふと思い出したのが謎に包まれたままの、あの海老蔵さんの「地面に絵を描いてざわついていた」のくだりなんですね。

 

ず〜っとひっかかっています、これは一体何を言いたかったのだろうかと。
名前も言えない、読者に明かすこともない友達の話をなぜ、興味関心を持たれるのを百も承知で載せたのだろうと。

 

ただひとたび角度を変えてこの一件を振り返ったとき、本当に読者に無関係な人物のことだったら、ブログで告知しようと思うだろうかという疑問がフツフツと湧いてくるわけです。

名前は言わないし言えない。
けれども……
 
それまで自分のブログを読んでいる人達になら、この漠然とした抽象的な内容でも「何かを伝えられるのじゃないか」「名前を出さずともそれが誰なのかを察してもらうことができるのじゃないか」、そんな期待が込められているように思えるのです。
 
名前を言えないぐらいなら、名前を言ってはいけないと思うような内容ならいくら海老蔵さんでも躊躇するはず。
 
でも、名前こそ言えないけれども「こんなことがありました」ということを告げよう、ブログで知らせようと思ったのは、その海老蔵さんが書くところの「友達」という人物が、すでに読者たちにとっては馴染み深い人物だからなのじゃないかという推理をしてしまうわけです。
 
勝手な推理、推量の域を出ませんが、今だにこの「友達」が誰のことだったのかが気になってなりません。
 
随所に、その人物と海老蔵さんの関係性がわかるような、
 
・たまたま電話したことにより発覚
・予定すべてをキャンセル
・調整がつけられる日でよかった
・普段はしっかりしている人なのに
・皆が平和であることを強く望んだ朝
 
といったワードもあって、友達は友達でも、かなり近しい、自分の予定すべてをキャンセルするほどに身近な存在だということが推察できるわけです。
 
通常は天涯孤独でない限り、その友達にとって海老蔵さんが予定すべてをキャンセルしてまでどうにかする立場にはなかなかならないと思うのですが、もしこれが、家族同然の付き合いの「友達」だとしたら、そして、その「友達」のそういう窮地を救う人物が他にいないとわかるほどに家族関係を把握している相手なのだとしたら、予定をすべてキャンセルして、という行為になることも不思議じゃありません。
 
妹が亡くなったあとの麻耶さんの言動は、悲しみへの対応が人の数だけあるとはいえ、あまりにも理解に苦しむものばかり。
 
そこまでして悲しみを払拭するのは異常ではないのか。
 
もはや周囲が危惧するレベルまできていることは、ヤフーニュースに書き込まれているコメントをざっと読むだけでも容易にわかることです。
 
今日も7記事更新しているようですが、一言で言えば、「いのちの授業」で札幌へ行き、現地でまたもや何が美味しい、これが美味しいとグルメ旅行のごとく「はしゃいでいる」という感じ。
 
麻耶さん大丈夫でしょうか。
「いのちの授業」本当に続けられるのでしょうか。
 
いろいろと心配ですね。
 
詳細は明日に、ではまた。