毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 happyボケ!?自衛隊出動の大雪災害に「憧れます」発言

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻耶さん、昨日はとんでもない発言をしましたね。

炎上を狙いましたか。そうとしか思えない内容でした。

 

昨日7日はAmebaを運営するサイバーエージェント発表の『BLOG of the year 2017』があり、最優秀賞を稲垣吾郎さんと川崎希&アレクサンダー夫妻が受賞。

 

昨年、最優秀賞を受賞した小林麻央さんは今回初の「特別栄誉賞」を受賞(参考:ORICON NEWS)したのですが、これに刺激を受けましたか。

昨年のアメブロで最も高い読者数の伸び率を記録したという稲垣吾郎さん。

不妊治療に取り組み、妊娠、出産、育児という過程を綴ったアレク夫妻。

 

内容も薄く、読者数は激減するばかりの麻耶さんとは真逆の2組の受賞。加えて、海老蔵さんばかりか、アメブロ初となる「特別栄誉賞」まで獲得した妹に負けまいと、いっそ炎上して読者数を増やそうと試みたのでしょうか。

そう考えるしかないほどの、奇妙奇天烈なKYの頂点をいくような昨夜のブログでした。

その内容とは…

 自衛隊まで出動要請された災害におちゃらける神経

昨日は1記事だけブログ更新した麻耶さん。

しかし、その無理やり生み出した感のあるブログで大失態です。

時刻は 20:53。

 

いつもアクセス
ありがとうございます

 で始まり、

2月7日生まれの方
Happy Birthday!!!!
独自の世界がぐぐっと広がりますように

おひとり様の時間、大切にしてくださいね

 これ、いつまでやるんでしょうか。

通常ならツッコミどころ満載の文章でしたが、それを上回る記述が続きます。

 

雪が降っている地域の皆様、
足元お気をつけくださいね。

スコップでの雪すくい(雪かき)の方、
腰にも気をつけてくださいね。

 と、コメント。

その下には、除雪中の大きなブルドーザーが画面いっぱいに映っている画像が貼ってあり、その画像の左上のところに笑顔の雪だるまのスタンプが2つ飾られています。

アプリで付け加えたのでしょう、わざわざ。

 

そして……

 

尊敬する友人から送られてきたお写真

ダイナミックにどどーんっと
救い上げられるなんて憧れます!!!!

 

 

という言葉が続き、これにてこのブログは終わっています。

 

さて、どこから話しましょうか。

 

一回深呼吸させて下さい

 

この方、事の重大さがまるでわかっていない。

 

それどころか、世間で今何が起こっているのか、何がニュースになっているのかも知らずにhappy、happy言いながら生きている。

 

「尊敬する友人」という人物がどんな気持ちでこの除雪するブルドーザーの姿を送ったのかはわからないですが、おそらくこんなおちゃらけた文面と共に画像アップされることを期待して送ったわけではないでしょう。

夢にも思わなかったのじゃないでしょうか。

 

国交省の発表によれば、今日の午前5時の段階でようやく立ち往生している車の台数が350台にまで減ったものの、加賀市から坂井市までの区間では一時1500台もの車が立ち往生し、結果、福井県が自衛隊に災害派遣を要請したほどの災害になりニュースでも大々的に取り上げられていたのに、……

 

ダイナミックにどどーんっと

 

という別世界のことを語るような軽い言い回しもさることながら、

 

救い上げられるなんて憧れます!!!!

 

という、不謹慎極まりない言葉。

死者まで出ている自然災害に対し、「憧れます」という単語を用いる神経。

麻央さん他界後の数々の理解不能な言動のすべてが、この自衛隊派遣の自然災害に際しての今回の発言ですべて氷解しました。

雪がなくてもタクシー生活を送り、姪甥の送迎と遊び担当で温泉、ハワイへと繰り出し、妹が喪中であったことも忘れたような発言で読者に諭されても一瞬の謝罪だけですぐに番宣、改善したほうがいいと注意されたにもかかわらずやめるどころか、さらに不可解な連載につなげようとするやり方。

 

どこまでも浅はかな印象が拭えません。

 

もはや勘違いの「天井人」となった感のある麻耶さんが、生死に関わる豪雪で苦しんでいる人々に対し、私には無縁ですが、と言わんばかりの上から目線で「お気をつけくださいね」と発言しても誰も本気にしないでしょう。

 

尊敬する友人から送られた除雪のブルドーザーの姿の何を見たら、そんな軽佻浮薄な物言いができるのか、アンビリバボーな世界です。

 

除雪車が転倒するほどの豪雪、死者が出るほど、自衛隊が出動するほどの自然災害に立ち向かっている地域、人々を想像させる画像をみて、

 

救い上げられるなんて憧れます!?

 

あなただけは救いようがないです。

でも、炎上目的なら大成功ですね。

 

麻央さんが受賞した初の「特別栄誉賞」を自分も欲しいと思ったのでしょうか。
稲垣吾郎さんやアレク夫妻に取れるなら、アナウンサー1位の自分も最優秀賞をゲットできると躍起になったのでしょうか。

 

でも、そのどれもに共通する大切なものが麻耶さんのブログには欠けてますよ。

中身です。

 

ブログは生命線でしょうが、この生命線をつなぎとめるに必死なあまり、墓穴をほってしまわないようにしないといけないですね。

もう手遅れのような気がしますが。

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら