毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ブログ読者に「喪中の身ですから」と指摘され謝罪

 

 

ころもです。

 

色々な芸能ニュースがありますが、これほど奇妙奇天烈な状況が「放置」されているということが何より一番のニュースに思います。

 

妹のご主人と、そのご主人の大ファンで「雲の上の人」と語っていた独身の義姉との度重なる旅行に半同居疑惑。

隠し通すでも公表するでもなく、誰もがそうとしか想像できない状況証拠をいくつも提示してさんざん連想させ、ほとぼりが覚めた頃に婉曲的に、あるいは思いがけない同行者のブログから「実は一緒でした」と暴露するやり方。

 

ほんと、姑息です。

 

軽佻浮薄(軽はずみで浮ついていること、その様)な麻耶さんのブログは、実直に日々を生きている読者からはもはや読むべき「価値がない」と判断されたのか、読者登録数はどんどん目減りしていくばかり。

 衆目にさらされ、傷ついていく子供たち

なんていうのか……

 

麗禾ちゃんと勸玄くんをみるたびに、人生の全てを24時間撮影され、プライベートもなく何もかもを世界220カ国に放送されていた主人公、トゥルーマン(ジム・キャリー扮する)の映画(トゥルーマン・ショー)を思い出してしまいます。

 

実際、トゥルーマンの人生と子供たちの生活にどれほどの違いがあるのだろうかと首をひねってしまうほどですが、映画じゃなく、現実世界でそれを体現している麗禾ちゃんや勸玄くんのほうがよほど深刻で悲劇的だと感じずにはいられません。

 

そう遠くない未来に、子供たちは知るでしょう。

自分たちの生活の全てが余すところなくといっていいほどに、不特定多数の世界へ鮮明な画像とともに発信されていたという事実に。

そして、愕然とすることでしょう。

 

見かねた読者に指摘され謝罪

「節分ですね。」「豆まき」

麻耶さんはこの2つのタイトルブログを本日更新しています。

 

「節分ですね。」というタイトルで、

2月3日
お誕生日の方、
おめでとうございます

と、コメント。

これについては「誰からも祝ってもらったことがない、というコメントを読ませていただいたのでわたしから」という注釈つきです。

 

そして、

節分ですね

福はうち〜
鬼もうち〜

鬼をも抱えられる
そんな余裕を持ちたいものです

 と、またもや意味深にも受け取れる言い方をしています。

「鬼をも抱えられるそんな余裕を」という言葉が麻耶さんの口から語られると、

「批難、批判をも受け止められる そんな余裕を」に聞こえるから不思議ですね。

 

「豆まき」というタイトルではなんと、読者から「ある指摘」をされ謝罪していました。

以下、引用。

 

麻耶ちゃんへ 麻耶ちゃんは、とても優しく思い遣り
があるのは、判っていますが まだ喪中の身ですか
ら、あまり 御祝いの言葉を自分からは発言しない
ほうが 良いかとおもわれます!

 

せっかくの麻耶ちゃんの優しさを、無にするような
コメントですいませんm(_ _)m

フリーアナウンサーの、表現力でなにか違う言葉で

、お祝いしてあげてくださいネ(笑)

このコメントで、あまり考えすぎないでくださいま
せ〜〜〜し過ぎずに お願いします

麻耶ちゃん&周りの皆様が、ハッピーで ありますよ
うに

 これが全文です。

 

麻耶さんは、このコメントを引用する前に、

ご指摘ありがとうございます。
お誕生日のお祝いの言葉も…
大変失礼いたしました。

 

とし、上記ブログ読者のコメントを転載していました。

 

そして最後は明日の「キュウレンジャー」放送時間を告知。

よろしくお願い申し上げます♡

と締めくくっています。

 

ブログ読者からの指摘をどの程度まで深く読み解いたのかわからないですが、これは本当に重く見たほうがいいです。

声をあげて教えてくれる読者はいいですが、たいていの人は、喪中にもかかわらず何言ってるのだろうと呆れ、ただ無言で離脱していくでしょう。

実際、読者登録数は確実に数を減らしています。

 

もしこのブログ読者の言葉の行間を読む力があるのなら、今回の指摘は「お祝いの言葉」だけに向けられたものではなく、これまでの自分の奔放な言動すべてに向けられたものと自戒することも可能なのですが、そこまでは望めないでしょうね。

 

稚拙過ぎる文章力を改善したほうがいいですよと遠巻きに言われていることにも、おそらく気づかないかもしれません。

 

ではまた。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら