毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小泉今日子の不倫告白に「墓場まで持ってけ」批判の声

 

 

ころもです。

 

いい具合に年齢を重ねていたんですけどね、キョンキョン。

何だかとんでもない勘違い発言をして、それを業界人たちは「らしさ」「らしい」で美談にしているフシがまた、多くの人たちを混乱させ不愉快にさせて…

芸能ニュースに関心がある人々でなくとも、ちょっとした場面で週刊誌を立ち読みする機会があったなら、小泉今日子さんと豊原功補さんのツーショット写真やデート現場は目にしたことがあるはず。

ころもも、そうでした。

記事の取り上げ方も普段の不倫の「それ」とはちょっと空気感が違っていて、てっきり豊原さんも独身だとばかり思っていたので、落ち着いた大人同士のいい恋愛関係にあるのだろう、ぐらいにしか思っていなかったのですが……

まさか、相手に妻子があったとは。

これはもう、だいぶ見え方が変わります、それは仕方ない。

 開き直っているように見えるのはどうか

アイドルというデビューの仕方で最も成功した女優じゃないかと思っていたキョンキョンの今回の不倫告白は、驚き以上に「らしいな」という感想をもたらしたのもわかります。

 

明らかな不倫現場を激写されても否定する芸能人よりは、自らその事実を認めたほうが潔いし、これまでのキョンキョンのサバサバとした見え方や役柄にも通じるものがある。

 

でもどんな媒体を使おうと、どんな言葉を並べようと、相手が既婚者であることを知っていて踏み込んだ恋愛に、「潔さ」という言葉を使うのは決定的に違う。

認める勇気より、踏み込まない勇気こそが賛辞されるべきと思う。

 

背負うなんて、簡単に言わないほうがいい

昨日のスポーツ報知の記事で、キョンキョンが

「自分の罪は自分で背負っていきます」

と語ったことも、「潔さ」というレベルのものじゃなく「無責任」という声が大きくなっています。

 

罪を告白するのは一瞬の勇気であって、それですら自分の息苦しさを解放するための方策のひとつに過ぎず、本当に罪を背負うということはそういうことじゃないという声が圧倒的です。

 

罪を背負う。

 

罪とわかっていてその行為を続け、事務所の独立と時を同じくしてそれを告白するという行為は、キョンキョンにとっては大きな意味と覚悟のあることだったかもしれない。

でも、それは徹頭徹尾誰かの犠牲の上に成り立つ「告白」、「解放」であることを肝に銘じなければ。

 

罪を背負うということの究極の形は、自分が「楽にならない」道を選択することでしょう。

 

であれば、墓場まで持って行くという選択もあったはず。

なのに、それをしなかった。

 

物事のケジメとして始めに自分がしたかったことが「気持ちを楽にすること」だったのだとしたら、その大部分を占めていたであろう不倫の事実を公表することで許される「何か」を一ミリも期待していなかったといえるかどうか。

 

実際、よほどのことが無い限り芸能界では時間の長短はあれど復帰は叶ってしまう。場合によっては「箔がつく」「芸にツヤが出る」などということまで言われてしまう始末。

 

でも……

 

妻子はどうか。

一時代を築いたアイドル、今なお女優としてオファーの絶えない女優が「恋愛関係にあります」と世間に堂々宣言するこの事態に、どう気持ちの整理をつければいいのか。

 

「人間としてのけじめ」ということで包み隠さず告白したキョンキョンの女優人生はまだまだ続くでしょうが、置き去りにされた妻子の気持ちを思えば、

 

「自分の罪は自分で背負っていきます」

 

という、勇ましい言葉の軽々しさが虚しく響きます。

 

好きな女優でしたが、だいぶイメージダウンしました。

数年前の「ボクらの時代」で、YOUや飯島直子さんと晩年の過ごし方について語っていたこと、中井貴一さんのような男性がステキといっていた頃を思い出し、ちょっと雰囲気や年代が重なる豊原さんの登場は意外ではなかったのですが、「恋愛関係にあります」という生々しい言葉を、他人の自分ですら聞いていい気持ちにはならないのだから、妻子はいかほどか。

 

罪を償うなんて、簡単なことじゃない。

償える罪ばかりじゃないことを、知らない人の言葉。

 

キョンキョン、しっかりして。