毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「日常から離れるのは時に大事」離れっぱなしでは!? 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

昨日は合計で、11回もブログ更新した麻耶さん。

ブロガーとして本格始動という感じ。

アナウンサーとしてはもちろん、雛壇タレントとしてのオファーも無いことに危機感を覚えているのでしょう。

子供たちがすでに興味関心を失っているかもしれないと、「マスク」のCM発表会見で海老蔵さん自身が危惧したキュウレンジャーの最終回出演。

このオファーに飛びついたのは、姪っ子甥っ子のためというよりは、そういうことをする自分を「見て、褒めて」という女心だったことでしょう。

それを海老蔵さんは公の席で一刀両断に「優しい伯母心」と切って捨てました。

 

あくまでも伯母。

くれぐれも伯母でしかないですから。

 

そんな感じでしょうか。
子供たちにとってはもちろん、自分にとっても麻耶さんは「子供たちにとっての優しい伯母様でしかない」ですから、という気持ちを強調しているようにも思えました。

 時間はたっぷりあるでしょうから

今後は海老蔵さんのように、画像に一言、画像に二言、そんな「だるまさんが転んだ」的な細切れブログを延々と展開していくのでしょう。

可能な限り話を細切れにし、ひとつで収まる話を幾つにも分けてブログを更新し、アクセスを増やして収入を肥やす。

妹の家族にいつまでも依存し奇妙な同居暮らしを続けていくよりは、たとえ中身の薄いブログではあっても、自立に必要なお金を稼ぐため怒涛のブログ更新をし続けるのは仕方ないところまできているのかもしれません。

 

麻耶さんも食べていかなくてはいけないし、姪っ子甥っ子がブログに登場するのを自らの意志で拒否する日もいずれやってくることを思えば、今から自力で生きる道を開拓するしかないでしょうから。

 

ただ、笑っちゃうほどの細切れブログは読者へストレスを与えるので、そのへんは改善したほうがいいです。

 

さて…

 

本日もすでに2記事更新済み。

「おはようございます!」と「朝食!」というタイトルです。

 

西伊豆の宿(詳細を知りたい方はこちらの記事をどうぞ → コチラ

 

負けず嫌いな麻耶さん。

温泉に行きたかったから温泉に行ったというよりは、姪っ子甥っ子のことを書かなければ自分の日常に語るべき材料があまりにもなく、どんどん読者離れが進み、Ameba総合ランキングが12位までダウンしたことに相当の危機感を抱いたから、それを挽回するために温泉旅行というコンテンツに飛びついたという感じではないでしょうか。

 

温泉に行くとなれば、日常にはない心境の変化や風景、スイーツ以外の食事も載せられるので沢山の更新をすることができる。

更新数が増えれば、アクセス数もアップする。

アクセス数がアップすれば順位が飛躍的に回復する。

 

案の定、今日時点では麻耶さんはまたも1位に返り咲きました。

温泉作戦、大成功!!という感じで美味しく朝食を頂いたことでしょう。

 

「おはようございます!」の次にアップしたブログは、案の定「朝食!」というタイトルでした。

 

けれども……

 

画像アップされていた朝食のメニューが、ころもの朝食より味気ない、わびしい感じの内容なのでちょっとびっくりしましたね。

 

昨晩の夕食は美味しそうでしたが、朝食がちょっと物足りないな。

 

客室露天風呂はいつでも好きなときに入れるので利用しますが、麻耶さんが宿泊している宿の良さはオーシャンビューであるところ。

あのリッチにしては一人一泊4万弱ぐらいだと思うので、麻央さんが集めてくれた読者によってブログ収入もかなり増えたでしょうから、何泊でも出来るでしょうね。

 

一ヶ月ぐらい泊まってゆっくりされたらいいと思います。

海老蔵さんも子供たちも、伯母さんの送迎に感謝の気持ちはあれど、いっぽうで、家族水入らずの時間にホッとしている様子も隠さなくなったので、そろそろ潮時かもしれませんよ。

 

海老蔵さんはブログの中でウサを晴らすというか、ちらっと本音を織り込むことがあるようなので気になったのですが、

 

昨日の20:52更新のブログ「February3」というタイトルブログの中で(麻央さんのブログのリブログ)、

 

去年は3人で、

今年も3人で行く予定でしたが、

2月珍しく歌舞伎座という事で

新勝寺様に行けないようです。

 

残念ですが、
仕方ないです。

 

子供たちは楽しみにしていたので
来年はいきたいな

 

福は内

 

とコメントを寄せていました。

 

去年は「3人」、これは自分と子供たちの3人ということでしょう。

当たり前ですが麻耶さんが入るはずもありません、本来ならば。

しかし敢えてこういう言い方を丁寧に、しつこくしなくてはいけないなと思い始めているのか、

今年も3人で行く予定でしたが」と、ここでも3人を強調。

 

しまいには、

「福は内」

という言葉で締めてしまってます。

これって、西伊豆に温泉旅行に行っている麻耶さんを「オニ」と見立てて言っているのか…。

 

なぜって、

 

「福は内、鬼は外」と言えばいいものを、あえて、「福は内」で留めておいたというのは、鬼は外、今家にはいない、留守にしているということを読者がよくわかっているから言う必要もないと判断したのじゃないかと。

 

それにしても、平日、それも月曜日というサラリーマンの方々を逆撫でするような曜日に温泉三昧のブログを上げる麻耶さん、

 

小さなことを幸せと思える、

小さな幸せに気づけるようになるといいですね。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら