毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 数秘の友人と西伊豆「絶景露天風呂」の温泉旅行へ

 

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、いよいよ本格的にブロガーの道へ突き進んでいます。

本日は、21時までの間になんと8回ブログを更新

 

海老蔵さんに追いつけ、追い越せという意気込みでしょうか。

中身など関係なく、更新数さえ増やせば読者は勝手についてくる。そんな読者を甘く見たブログ構成であることは、本日8回のブログが、要は「温泉に来ています」の1回の更新で十分なのにそうしないことでよくわかります。

今回はことに盛りだくさん。

画像1枚にコメントが1行、多くて2行という内容のものもあり、これでサラリーマンの何倍もの月収を得られるのだとしたら、真面目に働いているサラリーマンの方たちが本当に気の毒です。

さて、今回はどこの温泉に行っているのか。

いつもながら肝心なことは敢えて隠して想像させようとしてますが、想像だけじゃなく、答えが出せてしまうような温泉の画像や場所のヒントがあるのでわかりました。

 その部屋、一番いい部屋では!?

本日8回ブログを更新した麻耶さん。

「おはようございます!!」「ドライブ」「目的地へ向かってます。」「順調ですっ!!」「無事に到着!」「楽しい夜になりそうです!」「温泉へ」「お相手は♡」

というタイトルですが、もう実況中継状態のブログで、ころもならこの内容は1記事でアップしますね。

勿体ぶる内容でもないし、要は数秘の女性の友人と車で西伊豆の温泉に来ています!ということに集約すれば1回で終わる内容なので。

でも、

 

それじゃアクセス数が稼げず、収益も1/8になってしまうでしょうから、短く回数を増やすというコツを学んだのでしょう。

 

麻耶さんの大切な生命線でもあるブログなので、やはり必死さが伝わってきます。やむを得ないかもしれません。本業が厳しい状態なので、こちらにシフトせざるを得ないというのが厳しい現実だと思います。

 

・「おはようございます」のタイトルブログでは、

楽しみにしていたある場所へ

と行き先を連想させる書き込みの文があり、

 

・「ドライブ」のタイトルブログでは、

go go

楽しいドライブです
あ、わたしは、助手席ですが

 と誰と一緒なのかを謎とし、写真アプリで加工した自撮り画像をアップし、

 

・「目的地へ向かってます。」のタイトルブログでは、 

うっすら富士山が見えます!

 という場所のヒントと高速画像が1枚掲載され、

 

・「順調ですっ!」のタイトルブログでは、

いい景色〜

と山の画像が2枚掲載され、

 

・「無事に到着!」のタイトルブログは転載転用禁止の言葉のない、限定ブログで

無事に到着しました〜〜
凄くきれいな景色です、

あ、船だ〜

そして〜〜

じゃん、客室露天風呂です。

うふふ

と麻耶さんの音声の入っているパノラマの風景を写した動画をアップ。

これ、だいぶ良いヒントになりました。

 

隠すというより、当てさせたいという意図がわかりすぎるブログ更新のやり方なので、場所はなんなく特定できました。

場所を教えたくない人は、特徴ある宿のウリでもある客室露天風呂のパノラマ動画など撮りません。

 

・「楽しい夜になりそうです!」のタイトルブログでは、

早速!浴衣を選べました♡
どれにしようっ 

と、たたまれた色とりどりの浴衣画像と特徴のある宿の背景が映っている画像が1枚掲載されており、

 

・「温泉へ」のタイトルブログでは、

お夕飯の前に
お部屋の温泉であたたまります

というコメントと共に、これまた大きなヒントとなる露天風呂の夕方の写真と灯りがともされてからの写真の2枚が画像アップされていました。

 

これが一番ヒントとしては大きかったです。
読者は温泉なんて行けないのだろうとタカをくくっているわけではないでしょうが、いろいろ旅行、温泉には行っているので、行った場所、あるいはその近辺などの場所はちょっとのヒントでわかってしまいます。

 

富士山、温泉、駿河湾、客室露天風呂、背後の半島、…

 

これらわずかなヒントではありますが、ある意味画像があるので十分です。

 

これは、

駿河湾を望む絶景の露天風呂付「最上階・特別室」ですね。

場所は西伊豆。

 

「新・海花亭いずみ」

 

オーシャンビューなので、眺めは最高です。

こちらをクリックすると 公式HPへ移ります→ コチラ

 

 

この宿の一番いい部屋のはずですから、料金はおそらく一晩で一人あたり4万円前後といったところじゃないでしょうか。

時期的なもので多少の変動はあるかもしれませんが、海が怖いという方じゃなければ、あの絶景はかなりインパクトがあるでしょう。

 

時間もお金もたっぷり有る麻耶さん。

で、今回は誰と一緒なのかというと、それが次のブログです。

 

これ、限定ブログにしてます。

もうブログ上級者ですね、ブログアクセス集めが上手。

 

海老蔵さんからコツを教わった!?

 

でも、ころもはこんな思わせぶりでじれったいブログは書きたくないです。

今までの内容なら1度のブログに書き切ります。ま、人それぞれということで頑張って下さい。

 

・「お相手は」のタイトルブログはAmeba限定ですが、今回も「転載転用禁ず」の文字は入っていません。

何かと不思議。

でも、限定は読者を増やすには大事なことなので、これから何かと増えることでしょう。なにせ、ブログは麻耶さんの「生命線」ですから。

 

この限定で初めて同行者とのツーショットが掲載されていました。

浴衣姿の麻耶さんと、ピースサインをして少し後ろにいる、やはり浴衣姿の女性。上半身だけ映っていますが、麻耶さんはピンクの浴衣に羽織、もう一人の女性はオフホワイトの浴衣に羽織。

 

峰 ちさき ちゃん♡

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

ということで、なにやらその峰さんという方のブログへ誘導するリンクが添付されていましたね。

 

こういう、互いのアクセスアップ狙いのリンクが本当に増えました。

拝見したところ、数秘をやっている方のようですね。

 

この宿までの運転はこの女性がしたようで、麻耶さんは運転を変わろうと思ったけれどもトラックが多かったのと、山道だったという理由で、

最後まで甘えちゃいました

母は諸々あり 今回は行けずでした

 とコメント。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

ということは、姪っ子甥っ子の世話があったからでしょうか。

わかりませんが、とにかく貪欲に楽しみを味わい尽くしてやろうという執念に近いものを麻耶さんから感じます。

 

なにせ、麻耶さんの愛読書、人生の指南書は、

 

「悪魔のささやき」

 

ですから。

 

 

追記:この後に、信じがたいことにまた2つ、ブログ更新しています。

合計すること、今のところ10記事更新。

 

これは冗談抜きで、海老蔵さん手法を我が物にしようということか。

でも、それだけにいかにこのブログが麻耶さんの生活費の生命線なのかということが切実に迫ってくるようです。

 

「お食事」「いい湯だな」の2記事を追加更新。

 

ついでなのでご紹介しておきましょう。

 

「お食事」タイトルブログでは、

名物 金目鯛鱗揚げ

鮑粥炊き 香りゆず

鱒腹砂摺り伊豆味味噌煮

土肥椎茸

伊勢味噌汁

 と、それぞれに画像をアップ。

どれも美味しそうですが、麻耶さんは生涯作る側ではなく「食べる側」としての幸せしか味わいたくないという感じかな。

 

勿体ない。

でも、再現してあげる相手がまずは必要。そういう相手に巡り会うためにも、海老蔵さんのマンションから飛び出て、より多くの人と接することができる旅に出るというのはいいかもしれません。

麻耶さんが、心から自分を愛してくれる人を見つける。

そして、誰に依存する必要もなく人生を本当の意味で楽しめるようになることが、周囲の方々の一番の望みでもあるでしょう。

 

海老蔵さんと子供たちも、きっとそんな誰か素敵な人と麻耶さんが出会って幸せな家庭を持ってくれることを心から願っていると思います。

 

どれも美味しくて、
お腹もこころも満たされました

食べ過ぎたっ!!!

こころ、ぐらいは「心」と漢字で書いてくれると読みやすいのですが、あまり難しいことを要求しては酷ですね。

 

・「いい湯だな♫」というタイトルでは、

あははん〜♨

夜も最高!!!!

良い時間です

 と夜の露天風呂のみが映っている、夕方と同じポジションからの画像が1枚アップされていました。

 

夜も最高!

 

最愛の麻央さんがいなくなってから驚くほど元気になって、というか、心配なぐらい元気になって、読者が置いてけぼりですよ、麻耶さん。

 

昨日は

today's happy
♡息ができること
♡お水が飲めること
♡歩けること

と、これ以上ないほど無神経な例で「幸せ」について語っていたのに、今日はまるで別人のように、それだけじゃ幸せなんて感じられない、と言わんばかりの贅を味わい尽くしてますね。

 

近頃、「happy」という文字や「幸福」という文字に嫌悪感を抱くようになってしまいました。

 ではまた。

 

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより引用)

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら