毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「今日のhappyは何ですか?!」に読者こそ聞きたい!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

何かと日々忙しいですが、落ち着いた時間にふと、あの「奇妙なハウス」の住人たちはどうしているだろうかとブログを訪ねます。

 

海老蔵さんのファンだからでも、麻央さんのファンだからでも、ましてや麻耶さんのファンなどでもありません。

じゃあなぜこれほど気になるのか。

習慣のように見てしまうのか。

 

言えることがあるとすれば、

あまりにも「奇妙な人たち」だから。

そして……

これほどわかりやすく世間の常識を逸脱している、私利私欲のため子供たちのプライバシーなど一切気にかける様子もない大人たちが、まるで透明人間のごとく様々な既成概念から解放されている様子に珍種を観るような珍しさと、気味の悪さを感じているからです。

 

煩雑なニュースに何をどう読み、信じればいいのかわからなくなる読者も多いことでしょう。

答えは簡単。

 

先入観を捨て、言葉に惑わされず、ただひたすら、愚直なまでに、その人物たちの「行動」のみを見ればいい。

 

言葉じゃなく、行動。

 

すると、見えなかったものが浮き彫りになってきます。

自分の言葉じゃない、借り物の言葉ばかり!?

ついさきほど、おそらく今日最後のブログを麻耶さんが更新しました。

 

「幸せになりたい」という人に、ころもは「幸せになる必要はない。幸せであることに気づけばいいだけ」とよく話すのですが、

 

それだけに……

 

21:57に更新された麻耶さんの「HAPPY」というタイトルの内容が非常に不愉快でした。なぜって、とうの昔に気づきわかっている「このことがら」を、麻耶さんの口から我が物顔で言われたことが非常に不愉快だったから。

 

麻耶さんはこの「HAPPY」というタイトルのブログで、

幸せになりたい
昔は私もそう思っていました
 
けれど
どれだけお金を持っていても、稼いでも、
どれだけステキな旦那様、奥様がいても
どれだけ健康でも...
 
心が満たされていなければ
もっともっとと、幸せを求め続けてしまう
 
 
幸せはなるものではなく
気づくもの、感じるものだと...
いま、思います。

(引用元:小林麻耶オフィシャルブログより)

 

と書いています。

 

あなたからその言葉は聞きたくない。

 

本当に不愉快

 

あまり読書をしない方たちには目新しい気付きに満ちた言葉に聞こえるかもしれない。

でもこれは、すでに言い古された言葉、考え方といっていいでしょう。

 

いや、そんなことが言いたいのじゃなく、
言動不一致の極みのような麻耶さんがこういう発言をすることが何より不愉快。

 

続けて、

幸せ感度を
まずは自分が思うより
ずっと下げてみて
 
小さな幸せにも
どれだけ気づけるか、感じられるか、
それが、幸せってことなのではないかと
思います。
 
幸せになりたい
というコメントが多かったので
今日の時点の私の考えのお返事でした。
 
 
today's happy
♡息ができること
♡お水が飲めること
♡歩けること
 
 
あなたの、
今日のhappyは何ですか?!

 ともコメント。

 

小さな幸せに気づける人は、妹の亭主と同じ屋根の下に暮らそうと執念を燃やさない。

ましてや、幼稚園の送迎ごときでハワイはねだらない。

 

小さな幸せに気づいてないからこそ、大きなおねだり、見返りを期待している。

それを誰よりも実践している麻耶さんからの今回のブログコメントには、呆れてものが言えませんね。

 

まず、最愛の妹と豪語していた麻央さんのご主人から離れる努力をしてみて下さい。

なぜそこまで姪っ子甥っ子を理由にそばを離れないのか。

何か契約があるのか。

それとも誓約なのか。

 

いずれにしても、あなたに「幸せ」が何たるやを教えてもらうほど世間の人々は路頭に迷ってはいない。

 

あなたこそが、誰よりも迷い人に映っているのですよ、麻耶さん。

 

人に幸せについてのウンチクを語るより、忖度されまくりのブログコメントじゃなく、世間の一般的な人々の声が掲載されているヤフーニュースのコメント欄を読んでください。

 

井の中の蛙であることがわかるでしょう。

 

どんな美辞麗句を並べても、行動が伴わなければ意味なし。

 

ではまた。

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら