毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「昨日は毎年恒例のお食事会」って一体何の会!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻耶さん更新しましたね、ブログ。

1月24日の15:21更新が最後ですから、約3日ぶりのブログ更新ということですが、これまた意味深でわかりづらい書き方をしています。

楽しいことを嗅ぎつけて、そこに駆けつける。
本当に究極の享楽主義者ここにありって感じ。

 

今回のブログタイトルは「久しぶりの参加」

冒頭では、ここ数日の見透かされている自分の行動を一蹴するかのように、

「ドタバタしていました」

で雲隠れ、

「昨日は毎年恒例のお食事会でした」

と末尾にきらきら星を2つ付けて一言。

で、何の?

誰もがそう思います。

 「この会」って、どの会!?

読者を弄んでアクセスアップをするには、とにかく「謎」を残さなくてはいけない。誰から教わったのか、それはしっかり守っているようですね。

毎年恒例のお食事会でした、の後に続いたのは、これまた「誰」との、「何の会」なのかがさっぱりわからない言葉の羅列。

久しぶりに参加できて、
皆様の笑顔を見られて、
楽しいお話に笑って
何より、お祝いができて
いい夜でした!!!!!!!
 
 
この会に戻ってこられたことに
心から感謝です。

このコメントを読んだ人は思うでしょう。

 

一体何の会?

皆様の笑顔の皆様って誰?
毎年恒例?

そして、人によっては毎年恒例というのだから過去に遡ればわかるかもと、麻耶さんのブログを何度も開いて”その会”に該当するものを探そうとするでしょう。

ブロガーを生業(なりわい)としている麻耶さんにとっては、これがとても美味しいことなのですね。ページが開かれるたびにお金が増える。

麻耶さんのサイトはAmebaブログなので、アクセス数によって増収となるわけですから謎は必須、ということなのでしょう。

なので、探りません。
必要以上にページをめくリたくないので。

 

それにしても、悪い意味でとらえどころのない人ですね。

 

どこで何の検診をしたのかも語らず、みんなも検診に行きましょう!と言った時と同じ。自分だけわかっている。知りたいでしょうが、教えないよ〜だ、という意地の悪い表情が見えるようです。

 

どう見ても、あの♡風船は麻耶さんの仕業ですよね!?

新橋演舞場での公演も昨日が千穐楽。

姿こそ映らねど、ブログにこそ書かねど、さんざん姪っ子、甥っ子と一緒にいることを匂わせていたのだから、美味しいものを今夜は食べたいとブログでコメントしていた海老蔵さんたちとディナーに行っただろうと多くの読者に思わせておいて、翌日に、

 

「昨日は毎年恒例のお食事会でした」

 というのだから、読者が???となるのも当然。

そういう様子を思い描いては、ひとりほくそ笑んでいるのかも。

 

千穐楽が終わって疲れ切ったマンションには、ピンクや赤や白のハート型の風船がテレビの前にちょこんと座る勸玄くんと共に散らばっている。

麻耶さんですよね、こんなことをするためにマンションを好き勝手出入り出来る人は。

 

さすがにこの画像をアップしたであろう海老蔵さんも、この画像に対し「可愛い」も「素敵」も「ありがとう」もなく、

まったりしてます。

が、
お腹減ったー
の大合唱…

は、はい

というコメントのみとなってました。

 

そりゃそうです。

何だかんだ言っても連日連夜の公演は単純に疲れたでしょう。
その上、もっと疲れる日常生活が目の前に広がっているわけですから、「大合唱」という言葉には小さな子ども二人だけではない、大人の参加も暗に匂わせてますね。

 

子供二人なら合唱、麻耶さんが入ったことで「大合唱」という印象を多くの読者が持ったことでしょう。

 

でも……

 

毎年恒例の食事会に行ったというのはどういうことなのかと、また騒然となる。

この後の海老蔵さんのブログでは、前にも画像アップされていた「すっぽん」の画像だけが一枚アップされていて人物の画像はまったくない。

すっぽん食べて元気になります。

疲れてます。
完璧に
すっぽんは勸玄リクエストです。

ちなみに

 というコメントのみ。

珍しいですね、疲れ切っているとはいっても通常なら勸玄くんぐらいは写しそうなもの。食事は短く終わらせたのか、1時間半もしないうちに家で勉強するモードになっている台本の画像をアップしている海老蔵さん。

 

一体この夕食、誰が参加していたのでしょう。

麻耶さんは毎年恒例の食事会に参加したから、こちらは不参加だったのか。

 

そう思うこともできますが、どちらにも参加したという可能性もありますね。
なにせ、スッポンの海老蔵一家の夕食は1時間弱、午後7時半前には終わっていたわけですから。

 

本当に何がしたいのか、言いたいのか、思わせたいのか、読者を翻弄してその当たりハズレに一喜一憂する様を想像して楽しんでいるとしか思えないし、もしそうだとしたら、筋金入りの……人ですね。

 

すっぽんの外食を終わって帰宅した海老蔵さんは、「戻ってからずっと」というブログタイトルで台本のような資料をアップし、

やっとります

ようやく時間がシッカリとれるので、

とコメントし、自撮り画像を追加して、

ホッとしたい…
笑笑

と一言添え、終わり。

 

 

千穐楽を終えて疲れきった海老蔵さん。
千穐楽が終わってようやくかまってもらえると思っている麻耶さん。

 

千穐楽が終わって美味しいものを食べたいと思っている海老蔵さん。
千穐楽が終わってご馳走にありつけると思っている麻耶さん。

 

でも……帰宅するとやっぱり…

 

食事の用意があるでもなく、部屋いっぱいにばらまかれたハートの風船の山が眼前に広がり、普段ならお世辞にでも「ありがとう」や「嬉しい」という言葉をあげる海老蔵さんだろうに、

 

露骨に、疲れた、ホッとしたいと漏らす。

 

察しますよ。

察します。

 

本当に、さすがに疲れたでしょう。

帰宅する家がモンスターハウスのようになってしまっているのだから。

 

癒されることにだけ全力で、癒やすことを知らない妻の姉。

それでも「大切な人の大切な人」だから、それを公言してしまい自分で自分の首を絞めてしまったこともあり、なかなか一刀両断に関係を断つことも世間体が悪くて出来ないと思っているのかも。

何もかも自らまいた種ですが、それにしてもさすがにお疲れのよう。

 

 

楽しむことに貪欲すぎ!?

一方で麻耶さんは「この会に戻ってこられたことに心から感謝です。」

とコメントしたあと、

毎年恒例で、思い出した
大学のお花見会のお店、
予約しなくては
 
 
毎年の楽しみがあるって、
すてきですね!
 
身にしみます

 と、おそらく非常勤講師として赴いた大学生たちとの約束でしょうか。

すでに心は花見へとシフトして、次の楽しみへ全力宣言ともとれる書き込みをして締めています。

 

麻耶ちゃんはテンションが高すぎるから無理と以前メディアで発言していた海老蔵さん、今は日々、そして、心底実感しているのじゃないでしょうか。

 

子供たちの送迎をしてくれる伯母さんとしては助かっている。

 

けれど……

 

ずっと一緒では本当に疲れるし、ホッと出来ないということを今回は随所に散りばめたように感じます。

 

麻耶さんはと言えば「市川海老蔵にござりまする」にも登場させてもらえず、影の存在として葬られようとしていることに不満を感じているのか、海老蔵さんが何とか存在を可能な限りひた隠しにしようと名前も画像も感謝の言葉すら掲載していないのに、「私はここにいま〜す!」と言わんばかりに風船という自分の特徴的な部分を出してアピールし続ける。

 

ただ、そのアピールを隠すこと(風船の画像は載せなければいいだけのこと)もできるのにそれをしないのは、どこかでこの二人の利害が一致していると受け取られても仕方ないという結論になるのですがね。

 

本当に、このまま事実婚に持ち込むつもりなのかもしれないですね。

匂わせブログ、今日も健在です!!

 

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら