毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶は海老蔵との結婚を固く決意している!?アサ芸の意見

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

『アサ芸プラス』が10日付けで興味深い記事をUPしています。

 

この記事を端的に二行でまとめるなら、

麻耶さんは「海老蔵との結婚」を固く決意しているフシがある

海老蔵さんは、嫁取りの必要を感じてるが麻耶さんとの再婚には消極的

ということのようです。

さて、『アサ芸プラス』をさらに読み進めましょうか。

 おかしなことの連続で世間もさすがに…

芸能プロ関係者は今回の記事の中で、

「プレイボーイとして知られる海老蔵が元妻の姉である麻耶にまで手を出そうとしている印象を持たれがちですが、実際は正反対なんですよ」

とコメントしています。

言われなくてもブログ読者の大半は気づいていることですが、まあ、最後まで読み進めていきましょう。

記事でいう「正反対」というのはではどういうことかというと、

実際は、「麻央の死去後、麻耶のほうが海老蔵との結婚を真剣に考えている」というのです。

 

予想を裏切ることのない記事ですが、ブログ読者とは別の世界でもこの話題の関心は高いのだなということを感じます。

噂をスルーしていた海老蔵さんが、さすがに耐えかねたのか麻耶さんはただの「優しい伯母さん」であるということを強調したことはまだ記憶に新しいと思います。

 

 

そして…

そんな海老蔵さんの言葉で安心しきったのか、何を思っているのか、疑惑を持たれたことをまるで勲章のように喜んでいるのか、自分からは一切そのことに触れず、否定する機会も時間も場所も揃っているにもかかわらず、全く触れない麻耶さん。

誤解されたまま、噂を持たれたままの状態のほうが心地いいといわんばかりです。

 

「もともと、麻耶は妹の結婚前から海老蔵の大ファンでした。そして海老蔵が麻央を必死に看病する姿に間近で触れて、人柄にほれ込み、一人の男性として意識するようになったんですよ」

これまたわかりきったことですが、前出の芸能プロ関係者はさらに続けます。

「麻耶としては『妹の遺志を自分が代わりに果たしたい』という思いが強い。姪・麗禾(6)と甥・勸玄(4)は麻耶になつき、今では母親代わりの存在です。その二人を育て上げ、歌舞伎界のため、勸玄については成田屋を継ぐ歌舞伎役者にするという夢がある。麻耶は一度決めたらトコトン突き進む性格で、現在は『海老蔵との結婚』を固く決意しているフシがある」

ベビーシッターがあふれる時代に何が何でも自分が堀越一家に関わり続けるという強い執念は、多くの読者が語っている部分ですね、驚きません。

 

完全に読者を愚弄しているハワイ旅行

 

記事では、ハワイ旅行についても言及しています。隠せるだけ隠して、たくさんの謎掛けを振りまいたあとで、じゃじゃじゃ~んと同じ場所にいることを風景やグッズで示すやりかた、彼女のブログアクセスアップのための常套手段ですが、これについては、

 

「11月27日、海老蔵が二人の子供とハワイを訪れると、同時期に麻耶もハワイ旅行をしていたのです。『親友と会う目的』でハワイに滞在しているとブログで明かしたものの、同じホテルの写真などから海老蔵らと同行していたのは明らかだった。正直に〈海老蔵とハワイで会った〉と書かない彼女に『海老蔵らとどうしても会いたくなり、ハワイで待ち伏せしたのでは』とささやかれているのです」

(前出の芸能プロ関係者 談)

 

この芸能プロ関係者は、麻耶の海老蔵に対するこれら行為に対し、

「愚直なまでの執念すら感じる」とまで表現しています。

 

そのとおり、今頃気づきましたかという感じ。

 

そしてこれら麻耶さんの海老蔵さんに対する想い、執念に対して海老蔵さんはどうなのかという、その胸の内についても次のように明かしています。

 

「團十郎襲名に嫁取りは必要だとわかりつつも、今のところ、麻耶との再婚には消極的な様子です。梨園関係者の間では『海老蔵が好意を持っている女性は複数いる』との意見まで出ていて、『さすがに麻耶とはくっつかないんじゃないか』と見る向きが強いですね」

 

この、さすがに、という言葉が全てを物語っていますね。

さすがに、と言われることのない生き方をしていきたいと思います。

 

 

ではまた。

 

(参考、引用元:『アサ芸プラス』1月10日)

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら