毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 出禁!?姪っ子舞台初日に「祈ることしかできない」

 

 

ころもです。

 

主要な仕事が無くなってしまった麻耶さん。

早くもブロガーとして、昨日も4本のブログを更新。

 

そのうち海老蔵さんを真似て、1日10本、20本アップする日もあるかもしれないですね。子供たちと接触できるうちがブログの最大の賞味期限だと思うので、あちこちから集めた画像をアップしては一言つぶやき、スイーツを写してはまた一言、そんなシンプルな内容もさらに増えていくかもしれません。

 

箱根駅伝は好きだったのですが、麻耶さんの口から箱根駅伝という言葉が出たからではないのでしょうが、今年は全く観る気になれずスルーしました。

観なくても何の問題もないことはわかっていましたが、本当に観ようと観なかろうと、まるで自分の人生には関係のないスポーツ、盛り上がりだということが今更ながらわかっただけでも、麻耶さんには感謝です。

 自分を「生きる」ことの大切さ

麻耶さんの現状を見ていると、

自分の人生を自分自身の力で切り開くことの大切さ、尊さ、

そういったものに気付かされます。

 

妹とはいえ自分が産んだわけでも育てたわけでもない子供を自分の人生の「支柱」にしてしまうことの怖さ、傲慢さといったものをまざまざと見せつけられ、依存する心理の稚拙さ、惨めさといったものについても深く考えさせられました。

 

昨日最後の「1月2日」というタイトルブログの中で、

「つぶやき」とコメントを入れ、

 

明日は姪っ子、舞台初日。
オバは、ドキドキが止まりません。

頑張れーーー!!ー!

祈ることしかできないけど、
祈りは大切、力があります。

精一杯、祈ります

 劇場には行かない?

いやいや、行けないのでしょうね。

 

おそらく、海老蔵さんが遠慮願ったのでしょう。

 

マスコミも沢山来ているでしょうし、妻の姉が後妻気取りで新橋演舞場付近をウロウロするのを喜ぶご贔屓、ファンは、まずいない。

それが本妻ならいざ知らず、妹の喪中に誕生会に温泉にハワイにディズニーと、思いつく限りの享楽を堪能している姉の姿など見たくもないはずです。

 

「オバが、オバが」と、しゃしゃり出てくる女性を好むほど世間は甘くないです。

 

ましてや疑惑に正面切って一度たりとて否定の言葉も態度もない怪しげな存在の麻耶さんが麗禾ちゃんの初舞台に駆けつけては、スタッフ関係者にしても迷惑千万じゃないでしょうか。

 

挨拶の言葉も見つけにくいでしょう。

 

祈るだけで十分ですよ

 

祈ることしかできない、と謙虚さを表現したつもりでしょうが、

祈ることだけで十分な立場であることを自覚することが大事。

 

今回の箱根駅伝にしても、青学が自分の母校であるということを主張したいがために持ってきた話題のようにしか感じないし、もし優勝でもしたら、それこそ自分の

「祈り」が通じてhappy!とでも言いかねません。

 

今回の麗禾ちゃんの初舞台にしても、自分が送迎をしてきたから、遊んであげていたからと、何かと自分の功労、貢献というものを主張したいはず。

 

そうでなければ、いちいちブログにアップする必要もない。

ただの、伯母でしかないわけですからね。

 

母親には間違ってもなれないわけですから。

 

麻耶さんが大好きなスイーツは、麻央さんを苦しめたガンにとっては「栄養」でしかない。そんな初心者でさえわかることも知らないのか、知ってて食べているのか。

 

いずれにしても、誰よりも癌患者の気持ちから遠いところにいてブログ発信しているようにしか取れない内容ばかり。

 

だから人の気持ちを逆撫でするのです。

なぜ、病気のことについて少しは学ばないのでしょう。

 

時間はいくらでもあるでしょうから、1日に最低一冊でも知識を蓄えられるはず。そして、少しでも麻央さんと同じ病で苦しんでいる患者さんやその家族のために、ブログで知識をおすそ分けするぐらいの愛情があれば、これほど叩かれないのだろうなと思います。

 

あまりにも中身がない。

半年前にガンで最愛の妹を亡くした人のブログとは到底思えないほどの軽さ。

 

残念ですね。

思慮深くなっても楽しく生きることは可能なのに、「楽しさ」だけが充満している人生というのは非常にもったいない。

 

楽しいというのは実感していればいいことで、いちいち公言するということは、そこに劣等感があるからということに気づいて欲しいものです。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら