毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ハワイ同伴後はディズニー!?友人がブログで画像暴露

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

下手な夫婦より沢山のイベントを共に謳歌しているのじゃないかと思えるほど行動を共にしている海老蔵さんと麻耶さん。

 

ブログ収入を増やすための「三種の神器」なのか、

「匂わせ、思わせ、勘ぐらせ」をこれでもかというほど多用して読者を”煙に巻き、翻弄し、欺き”さぞかし楽しいXmasとなっていることでしょう。

中村橋之助さんは同じ「メリークリスマス」でも、しっかりブログの中で、

”男四人でゴルフに来ています”

と正々堂々、画像にも全員映っている画像をUPしています。

これが、誠実なブログというものじゃないでしょうか。

 匂わせは麻耶ブログ、解答はkoyumiブログでwinwin 関係か

海老蔵さんと麻耶さん、そして新たに加わったビジネスパートナーとも受け取れる1人に、麻耶さんと近頃やたら行動をともにするkoyumiさんという女性がいます。

「魔」のトライアングルって感じ。

 

今日の麻耶さんは「メリークリスマス」というタイトルのブログを更新しています。

その内容は、

メリークリスマス
いかがお過ごしですか?!

というもの。その下にアプリで白ひげと赤いサンタの帽子をかぶった、麻耶さんとkoyumiさんのツーショット画像が1枚。

 

背景もそうですが、koyumiさんと麻耶さんは赤いサンタ帽と白い髭のアプリがつけられているので一瞬わかりにくいですが、ミッキーマウスの耳をかたどった毛糸っぽい帽子をkoyumiさんはかぶっているのが見てとれます。

中年女性がこれを堂々とつけて写真を撮れる屋外は、相当の確率でディズニーランドと思って差し支えないでしょう。もちろん、場所など麻耶さんは書きません。

 

思わせ、匂わせてナンボの世界ですからね、このブログは。

画像の下には、

私は、ゆ、ゆ、ゆみおこと
ヨガトレッチ【koyumi】ちゃんとデート♡

 2年連続クリスマス一緒です

 と、誰に対する言い訳なのかわからないようなコメントを添えていました。

このブログは、海老蔵さんが「ようやく」という本日更新のブログタイトルのなかで、

「まさかまさかの週刊誌……」と掲載されてから(8:38掲載)、約2時間半後にUPされています。

 

コソコソしなくてはいけない関係って…

 

週刊誌に撮られたと麻耶さんへ連絡が入ったのでしょうか。女友達と一緒であることを弁解するための画像UP、ブログ更新と受け止められてもおかしくないようなタイミングですね。

 

限りなくディズニーランドで写したツーショットだとわかるのに、決定打の「ディズニーランド」という言葉は絶対にブログに出さない麻耶さん。

 

でもそこは未来の再婚相手が入り込まないようにアピールをしっかりしたい麻耶さんでしょうから、一緒に映っているkoyumiさんのブログでしっかり公表してもらっています。

麻耶さんの了解なしに顔出しツーショットを載せることは考えにくいし、一緒にいるわけなので了解も何も共に相談してそうしていると思うので、こっちなら怒られないよね、ということなのでしょうか、koyumiさんは自分のブログで、

メリークリスマス
麻耶ちゃんサンタと

とメッセージを書き込み、麻耶さんのブログではアプリで上書きされ消された自分の黒いミッキーマウスの帽子姿ではっきり映っている、麻耶さんとのツーショット画像をUPしています。

 

背景は、しっかりディズニーランドですね、サンダーマウンテンかな。

 

謎掛けは麻耶さんブログ。
その解答はkoyumiさんブログという連携が取れている感じです。

 

そして、どちらのブログからも読者を取り込めるように、「麻耶」という文字をクリックすると麻耶さんのブログに飛び、「koyumi」という文字をクリックするとkoyumiさんのブログに飛ぶように相互リンクされています。

 

こうして読者数をあげるためのビジネスパートナーとして親しくしているのでしょうか。koyumiさんも仕事を休んでも、たとえ炎上ばかりしている相手でも、いえ、炎上ばかりする麻耶さんブログとだからこそ関わる意味と美味しさを実感しているのかもしれませんね。

 

麻央さんが亡くなってからのはしゃぎぶりは、もはや目を覆いたくなるほど。

ここまで露骨にして恥ずかしくないのでしょうか。

 

まるで「麻央さんは目の上のたんこぶ」だったと、口で言わなくとも数々の態度がそう人に思わせてしまっている現実は非常に罪深いな。

 

海老蔵さんの優しさの方向が間違っているとしかいいようがない。
優しさというのは「つけこまれる」ものであることを知らなくてはいけないし、つけこむために「恩を着せる」人間もいるということを学ばなければいけない。

 

この2人のブログを読んでから美しい絵や純粋無垢な動物の写真などを見ると、本当に人間は一度地球から全員いなくなったほうがいいのじゃないかと思えてしまう。

 

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら